ピクシブ百科事典

マスターズエイト

ますたーずえいと

マスターズエイトとはアニポケに於いて、ポケモンバトルコミッションが認定する世界最強のトレーナー8名の総称。
目次[非表示]

概要

アニポケ新無印に於いて世界最強と謳われるとされる8人のポケモントレーナーを指す。

元々アニポケの世界観には各地方別にポケモンリーグが開催され、最強のチャンピオンがひとり存在してきたが、これに加えてポケモントレーナーの世界ランキングも明言された。即ち、順位という形でポケモントレーナーの強さが表された。

ポケモンバトルコミッション(名前から恐らく公式戦の運営委員会であると推測される)に加盟するトレーナー(エントリー自体はWEB上の手続きで済む)は、そのバトルの勝敗や試合内容によって認定される世界ランキングに応じて以下の4つのクラスに分けられている。

  • マスタークラス:1~8位
  • ハイパークラス:9~99位
  • スーパークラス:100~999位
  • ノーマルクラス:1000位以下(ランキングに参加したばかりのジムリーダー、一般トレーナーは年齢や戦歴を問わず全員このノーマルクラスからのスタート。ポケモンバトルは基本的に公式上のルールではハイランカーとは出来ない)

マスターズエイトとは、バトルコミッションから認定された『マスタークラス』に在籍する上位8人に贈られる称号の意味であり、云わば世界規模で最強と公式に認められたトレーナー達である。
劇中、彼らの格付けを目的にクラスマッチ終了時点によるトーナメント「ワールド・チャンピオンシップス」がガラル地方・シュートスタジアムで開催され、最強がダンデ、次点がワタルとなった。


公式によるクラスマッチでのルールではエントリー参加者のスマホロトムからポケモンバトル開始の有無を問われ、双方のトレーナーが了承した上で始められる。
バトル形式は毎回ランダム(2VS2、シングルバトルなど)で、ポケモンの交換は自由に入れ替え可能。相手のポケモンを全て戦闘不能にしたトレーナーが勝者となる。

バトルが正式にコミッションから承認された後は高速飛行が可能なドローンロトムがバトルフィールドに現れ、ルール形式を読み上げ、審判と判定を公正に執り行い、バトル終了時は即時に撤収し、瞬く間にランキングが変動される(試合内容によっては大きく順位が移動せず現状維持されるケースもある)。例え地方のイベントバトルでも武者修行や『ワールド・チャンピオンシップス』の順位上げを兼ね参加するパターンもOK。
手っ取り早くランキングを上げるには最も上位に近い強者とのバトルしか無いが、尤もその人物も相当な手練だと認識する必要がある。
1度敗れても、クラスマッチ開催期間中であれば何度でもランキング戦には挑戦可能。

また、『ポケモンワールド・チャンピオンシップス バトルフェス』なるイベントも各地方で開催されており、ルールに則り誰とでも自由にバトルが可能で、ランキングの急上昇や、クラスアップを目的とするノーマル、スーパークラスのWCS参加者にとって極めて重要な1日でもあるが、賞与は存在しない。

ランキング1位のダンデに勝つ事がサトシの目標であるポケモンマスターへの一歩だという。
サトシ初参加後時点の総数は10000人を超えており、つまり参加者の9割以上がノーマルクラスである。参考として、カントーのジムリーダー代理が2000位台のノーマルクラスで、上位ランカーとして賞賛される順位となっている。それでも少年や壮年男性がスーパークラスにランクインされてもいる。


マスタークラスメンバー

現時点で判明しているのは以下の3人のみ。残り5人はまだ明らかになっていない。

役職異名名前功績
カントー地方四天王無敵のドラゴン使いワタル四天王杯優勝/PWT優勝
ガラル地方チャンピオン無敵のダンデダンデ挑戦者100人斬り/マスターズエイト最強
ガラル地方ジムリーダーキバナランキング7位

世界中から最強を決めるという名目でマスターズエイトが招集されている為に、各地方のチャンピオンや四天王といった強豪が名を連ねていると推測されるが、飛び級で一気に駆け上がった者も。
存在も知らずエントリーすらしていないサトシは当然ランキング外であったが、18話で参加登録を行なってスタートし、24話でのコルニとのバトルでスーパークラスに上昇する。

関連タグ

ポケモンリーグチャンピオン

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マスターズエイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5565

コメント