ピクシブ百科事典

メガルカリオ

めがるかりお

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場するメガシンカポケモンの一種。ルカリオが「メガシンカ」を遂げた姿。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.448
ぶんるいはどうポケモン
タイプかくとう/はがね
たかさ1.3m
おもさ57.5kg
とくせいてきおうりょく


概要

はどうポケモン・ルカリオがメガシンカした姿。
世界で初めて確認された(メガストーンによる)メガシンカポケモンと伝えられている。

メガとルカ!!


メガシンカしたことにより体は一回り大きくなり(たかさ1.2m→1.3m、おもさ54.0kg→57.5kg)
、外から流入したメガシンカエネルギーと体内の波動パワーが混じり合った影響で、ルカリオ時にもあった金属質の黒い部分が流れる模様となって身体の随所を走るようになった。

特に力の集中する、長くなった頭部の黒い帯状の器官や、トゲが追加された両手両足の先端はより強固となって赤く変色。胴体部分の黄色い体毛も増量された逆立つものとなり、尻尾も腰回りの毛に覆われて見えなくなっている(中にメガシンカ前と同じ尻尾が埋もれているだけで尻尾から毛が生えている訳ではない)。

冷静沈着なメガシンカ前から一転、爆発的に高まった闘争本能によって体中の全神経が外敵への戦いにのみ向かうようになり、その衝動を制御出来ない未熟者は非情な戦いをする狂暴な存在へと変わるという。

メガ


ストーリーの流れの関係上、XYでは主人公が最初に戦わせる事となるメガシンカポケモンでもある。
この件に関しては使い手のジムリーダー『コルニ』を参照。

対戦におけるメガルカリオ

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
ルカリオ70110701157090525
メガルカリオ701458814070112625
通常からの上昇値0+35+18+250+22+100


主に攻撃を中心に、特攻・素早さがこれに付随する形で強化される。
これによりメガシンカ前と違い物理寄りの能力に変化したものの、メガシンカ前同様微々たる差である為引き続き物理・特殊・両刀どの型でも十分戦える。
超激戦区である素早さ90族から素でラティオスを抜ける112族になったのも大きい。
防御もある程度上昇しているが、特防に関してはそのままなのが気がかりなところ。

攻撃の数値は他のメガシンカ格闘勢と比べると控えめだが、代わりに特性が「てきおうりょく」に変化する。
ルカリオはかくとう/はがねの複合である為、対応技は結構広い。
物理技はインファイト」・「とびひざげり」・「アイアンテール、特殊技ははどうだん」・「きあいだま」・「ラスターカノンと高威力技が揃っているのも大きい。
先制技だけでもバレットパンチ」・「しんくうはが対象になるので物理と特殊のどちらでも先制技にも困らない。メガシンカ直後の素早さ補助にも役に立つ。
また、つるぎのまい」・「わるだくみのおかげでさらに火力を跳ね上げられる。
要するに受けに回ると非常に厄介な火力を備えているのである。

欠点はやはりメガシンカ前と全く変わらない特殊耐久。
弱点の特殊攻撃を受けるとコロッと落ちてしまう為、この点は用心したいところ。
なお、物理耐久は前述通り上がるので、不一致弱点位なら結構耐えたりする。

大乱闘スマッシュブラザーズでのメガルカリオ

最新作スマブラ3DS/WiiUに登場。
ルカリオがスマッシュボールを取得し、最後の切りふだを発動させるとこの姿になる。
発動時に「波導最大!!」ということからもわかるように、この状態では蓄積ダメージに関わらず波導の影響が常に最大になる。何気に攻撃力、吹き飛ばし力の補正は蓄積ダメージMAX(999%)時よりも大きいので、ガンガン攻めて相手を吹っ飛ばすべし。
ただし、スーパーアーマー状態となるだけで無敵にはならないので注意。

関連イラスト

メガルカリオ2
メガルカリオ


メガリオ
MegaHadou



関連タグ

ポケモン ポケモンXY
メガシンカポケモン メガシンカ
ルカリオ リオル
はがねタイプ かくとうタイプ

pixivに投稿された作品 pixivで「メガルカリオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1552332

コメント