ピクシブ百科事典

れいじゅうフォルム

れいじゅうふぉるむ

もうコピペとは言わせない!
目次[非表示]

準伝説ポケモントルネロスボルトロスランドロスフォルムチェンジした姿である。
コピペロス」の記事も参照の事。

ゲーム中の扱い

初登場は『BW2』だが、通常プレイでは登場せず、ニンテンドー3DS専用の外部拡張ソフト『ポケモンARサーチャー』で捕獲したものを送り込む必要があるという特殊な形態を取っていた。

また、フォルムチェンジは「うつしかがみ」というアイテムを使って行うのだが、その「うつしかがみ」自体「『ARサーチャー』産のランドロスを連れた状態で『BW』時代の棲息地であった「ほうじょうのやしろ」を訪れる」という手順を踏まないと入手できない。
「うつしかがみ」は「大切なもの」扱いとなるためトレーナー間の授受も不可能である(紛失すると取り返しが付かないため安全ではあるのだが)。霊獣フォルムでのポケモン交換もできない。

さらに、『ARサーチャー』産の「コピペロス」を元の人型の姿(けしん(化身)フォルム)に戻すと『BW』のものとは異なる特性(実質的な隠れ特性)になるという特典まで付いてくる。
逆に『BW』産の個体を霊獣フォルムにチェンジさせても特性に変化は無く、一本化されてしまう。要はナックラーの進化みたいな感覚である。

つまり、単なる強化に留まらず、『ARサーチャー』を使えるトレーナーだけが一方的に優位に立てる、強力な販促部隊でもあったのである。同期の「聖剣士」にすらそのような優遇は無く、事実上「コピペロス」の三体が同作の「顔」のようなものであった。
それが人面鳥人面犬(?)という文字通りの面子なのはなかなかにシュールな話であるが、それだけ廃人層からの支持が厚かったポケモンという事なのだろう。

なお、霊獣コピペロスは『BW2』本編開始直後から送り込む事ができ、その場合のレベルはわずか5に調整された。色々異例ずくめだが、これには一回のプレイで一体ずつしか捕獲できない関係上、いわゆる「厳選」行為をやりやすくするという目的もあったようだ。
とは言え、そのような状態では成否の判定に一苦労するという問題があり、失敗していた場合にはデータを消去する以外にやり直す方法が無い事から「厳選」は困難を極めた。
廃人層はそのようなポケモンでも当たり前のように理想的な状態で揃えていたわけで、どのような手を使ったのかは・・・お察しください

6世代からは通常プレイでも「うつしかがみ」を入手する事ができるようになり、『ARサーチャー』を持っている必要は無くなった。『ORAS』では「コピペロス」自身が再登場しており、旧世代ソフトの必要性も無くなっている。

余談だが、現状6世代で捕獲できる「コピペロス」は通常特性のみであるため、『ARサーチャー』産の化身フォルムのみは「カロスマーク」付きでの再現ができていなかったりする。
しかし、そのような目撃例が後を絶たず、公式発表の統計にすら「カロスマーク」付きポケモン限定のバトルに隠れ特性個体が出入りしている形跡が残されている。そうした状況証拠から導き出される結論は・・・

なお、pixivにおける最初の「れいじゅうフォルム」タグの登録は以下の作品である。

アンノーンさんが新フォルムを手に入れたようだ


別の意味で闇が深い。

関連イラスト

トルネロス れいじゅうフォルム
雷鸣之龙!
ランドロス れいじゅうフォルム
農業の守護神(アグリカルチャー・ガーディアン)



関連タグ

ポケモン フォルムチェンジ
トルネロス ボルトロス ランドロスコピペロス

参考リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「れいじゅうフォルム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27666

コメント