ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ゲーム中の扱い

準伝説ポケモントルネロスボルトロスランドロスフォルムチェンジした姿である。
コピペロス」の記事も参照の事。

初登場は『BW2』だが、通常プレイでは登場せず、ニンテンドー3DS専用の外部拡張ソフト『ポケモンARサーチャー』で捕獲したものを送り込む必要があるという特殊な形態を取っていた。

また、フォルムチェンジは「うつしかがみ」というアイテムを使って行うのだが、その「うつしかがみ」自体「『ARサーチャー』産のランドロスを連れた状態で『BW』時代の棲息地であった「ほうじょうのやしろ」を訪れる」という手順を踏まないと入手できない。
「うつしかがみ」は「大切なもの」扱いとなるためトレーナー間の授受も不可能である(紛失すると取り返しが付かないため安全ではあるのだが)。霊獣フォルムでのポケモン交換もできない。

さらに、『ARサーチャー』産の「コピペロス」を元の人型の姿(けしん(化身)フォルム)に戻すと『BW』のものとは異なる特性(実質的な隠れ特性)になるという特典まで付いてくる。
逆に『BW』産の個体を霊獣フォルムにチェンジさせても特性に変化は無く、一本化されてしまう。要はナックラーの進化みたいな感覚である。

つまり、単なる強化に留まらず、『ARサーチャー』を使えるトレーナーだけが一方的に優位に立てる、強力な販促部隊でもあったのである。同期の「聖剣士」にすらそのような優遇は無く、事実上「コピペロス」の3匹が同作の「顔」のようなものであった。
それが人面鳥人面犬(?)という文字通りの面子なのはなかなかにシュールな話であるが、それだけ廃人層からの支持が厚かったポケモンという事なのだろう。

なお、霊獣コピペロスは『BW2』本編開始直後から送り込む事ができ、その場合のレベルはわずか5に調整された。色々異例ずくめだが、これには一回のプレイで1匹ずつしか捕獲できない関係上、いわゆる「厳選」行為をやりやすくするという目的もあったようだ。
とは言え、そのような状態では成否の判定に一苦労するという問題があり、失敗していた場合にはデータを消去する以外にやり直す方法が無い事から「厳選」は困難を極めた。
廃人層はそのようなポケモンでも当たり前のように理想的な状態で揃えていたわけで、どのような手を使ったのかは・・・お察しください

6世代からは通常プレイでも「うつしかがみ」を入手する事ができるようになり、『ARサーチャー』を持っている必要は無くなった。『ORAS』では「コピペロス」自身が再登場しており、旧世代ソフトの必要性も無くなっている。

ポケモンGOでも2021年3月4月にかけて実装された。
同作ではアイテムを使用してフォルムチェンジさせるシステムが存在しないため、けしんフォルムとは別枠のポケモンという形で登場している。
けしんフォルムと比べると種族値が変化しているだけでなく、覚える技も大きく異なっており、こちらはフルゲージの大技を主力とするパワーファイターとなっている。どちらかというとPvPよりもジム戦やレイドバトル向けの性能と言えるか。

第8世代のLegendsアルセウスではイッシュ地方から離れたヒスイ地方にコピペロスが登場し、過去作のようにうつしかがみでこの姿になる…のみならず、なんと新たな4体目であるラブトロスが登場し、この姿を獲得した。
またうつしかがみの説明やラベン博士の図鑑によれば、けしんフォルムはあくまで仮の姿であり、れいじゅうフォルムこそが彼らの本来の姿であるらしい。

モチーフ考察

獣、龍、鳥という三要素や『霊獣』という東洋的なネーミングから長らく四神がモデルではないかと噂されてきたが、長らく玄武担当がおらず、確証の域を出ていなかった。
しかしLegendsアルセウスで登場したラブトロスのれいじゅうフォルムがモロに玄武であった為、これにて四神がモデルだということはほぼ確実となった。
とはいえ共通するのは生物のモチーフのみであり、色、属性、季節といった要素が厳密に元ネタに沿っている訳ではない。四神と比較してみよう。

トルネロス

対応する四神は朱雀…なのだが、鳥要素以外に繋がりはない。
なにせ朱雀の体は赤く、火属性を司るからである。彼自身はほのおタイプではないが、幸いにも第8世代以前ではやきつくす、第8世代ではねっぷうを覚える事が出来る。
また朱雀は季節の夏を司るが、トルネロスはLEGENDSアルセウスでの描写からどちらかといえば冬に相当すると思われる。

ボルトロス

対応する四神は青龍なのだが、ドラゴンタイプを持っていないし、それに類する技を覚えない。
しかし、青龍の司る木属性は系統も包括する属性であり、体色も青なので一番モデルに近いと言えよう。
ただし青龍が司る季節は春だが、ボルトロスは雷雨を操ることから季節的には夏にあたると思われ、またコピペロスには明確に春の担当であるラブトロスが存在している。

ランドロス

れいじゅうフォルムがトラ型なので、モデルは白虎。おそらくランドだから陸上哺乳類が充てがわれたのだろう。尤も化身ランドロスは常に空中に浮いているのだが…。
ところどころ体は白いが、やはり、メインカラーはオレンジなのでそこまで白虎感はない。
しかしながら、コピペロスの長であったり、豊穣を司ったりと白虎を連想させる要素は実はそれなりにある(四神の最上位は玄武であるが白虎が四神の中で最高齢という説があり、また白虎が司る季節はとされている)。一方で属性面に関してだが、白虎の属性は「金属性」。金属も地面に由来するものと考えれば繋がりはなくもないのだが、ポケモン世界では既にはがねタイプが存在しているし、五行思想でも金と土は別物とされる(この土を司るのが黄龍なわけだが、果たして彼に相当する存在は出るのであろうか?)。

ラブトロス

けしんフォルムの時点で蛇のような尻尾を持つが、れいじゅうフォルムでは蛇を巻いた亀というまさしく玄武そのままの姿となる。
しかし、色はピンクで春の女神、タイプもフェアリーであり、一方の玄武は色が黒、司る季節と属性は冬と水であり、武神であると見た目以外は元ネタから一番かけ離れている存在である

余談

現状6世代で捕獲できる「コピペロス」は通常特性のみであるため、『ARサーチャー』産の化身フォルムのみは「カロスマーク」付きでの再現ができていなかったりする。
しかし、そのような目撃例が後を絶たず、公式発表の統計にすら「カロスマーク」付きポケモン限定のバトルに隠れ特性個体が出入りしている形跡が残されている。

関連イラスト

トルネロス れいじゅうフォルム
雷鸣之龙!


ランドロス れいじゅうフォルム
移動は専ら



関連タグ

ポケモン フォルムチェンジ
トルネロス ボルトロス ランドロス ラブトロスコピペロス

四神

参考リンク

関連記事

親記事

コピペロス こぴぺろす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「れいじゅうフォルム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90451

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました