ピクシブ百科事典

聖剣士

せいけんし

ポケモンシリーズに登場するコバルオン、テラキオン、ビリジオン、ケルディオをまとめた総称。
目次[非表示]

概要

ポケモンシリーズの第5世代から登場している4足歩行のかくとうタイプの準伝説ポケモンのコバルオンテラキオンビリジオン及び幻のポケモンケルディオをひっくるめた総称。ポケモンの総称(特に準伝説)では数少ない公式名称である。
準伝説にしては珍しく「結束して邪悪と戦う」ヒーローのような設定を持ち、コバルオンがこの4匹のリーダーとされる。

ケルディオの公式発表以前は総称として三闘が多く使われていたが、2012年にケルディオ初登場作品の映画「キュレムvs聖剣士ケルディオ」が公開されて以降この総称が使われるようになった。
いずれもかくとうタイプではルチャブルに次ぐ高い素早さを持ち(ゴウカザルと同等)、性能面では「せいなるつるぎ」や特性「せいぎのこころ」を持つという共通点がある。なお、4匹ともかくとう単タイプではなく、複合タイプである。

ただしコバルオン・テラキオン・ビリジオンが伝説のポケモンであるのに対しケルディオのみ幻のポケモンであり、特に対戦でこのポケモン達を語る場合ケルディオが外されることが多い。
だがこの呼称は(厳密に言えば)ケルディオを除いた3匹だけを指す呼称ではないのが難点として挙げられる。
3匹だけを言いたい場合は三闘の方が相応しいかもしれない。
この辺はレジ系と呼ぶ時にレジギガスまで含めてしまう(他のレジ達とは似て非なる存在である)問題と類似している。

これら4匹のモチーフとなっているのは『三銃士』であり、コバルオンはアトス、テラキオンはポルトス、ビリジオンはアラミス、ケルディオはダルタニアンをそれぞれモチーフにしている。
「トリオとトリオマスター」という準伝説のジンクスに相応しいモチーフと言えるが、それまでとは違い、後から出た1匹がリーダーではないという違いがある(先述の通り、リーダー格はコバルオンであってケルディオではない)。
また、意図したものか偶然か、聖剣士とコピペロスを最後に3匹1セットの準伝説は登場しなくなり、「トリオとトリオマスター」という概念そのものが廃れていった(この辺りについては伝説ポケモンの記事も参照)。

一方、外見上のモチーフはヤギヒツジシカウシアンテロープ類などの偶蹄目動物をモチーフにしていると思われる。

第5世代期間中に登場した外伝作品にて、ケルディオを除いた3匹は作品によって誰が活躍しているかが違う。
コバルオンスーパーポケモンスクランブルのストーリーに関わってくる
テラキオンポケモン+ノブナガの野望に聖剣士で唯一登場
ビリジオンポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮のストーリーに関わってくる(なお同ゲームではケルディオもストーリーに関わる)

スマートフォン向けゲームアプリである『ポケモンGO』では2019年11月5日より登場。
第1弾としてコバルオンが登場し、ケルディオを除いた残りの2種もコバルオンの実装後に順次実装されている。
なお、彼らを象徴する技である「せいなるつるぎ」であるが、3匹ともデータ上は習得できることになってはいるようだが、2020年上半期現在、解禁されているのはなぜかコバルオンのみであり、ユーザーからは残り2種についても早く解禁してほしいという声が上がっている。

第八世代『ポケモン剣盾』のDLC『冠の雪原』では特殊イベントで登場。フィールド上にある足跡を集めそれぞれの取得率を100%にしてソニアに話しかけると固定シンボルで出現する。ただしBGMは通常の野生ポケモンと同じ。
さらに3匹を捕まえた後、手持ちに入れた状態でダイ木の丘近くの小島にあるカレー鍋付近でカレーを作るとケルディオが出現する。


関連用語

三鳥 三犬 レジ系 三湖 コピペロス カプ神 ウルトラビースト ポス馬
似て非なるもの:三猿

関連項目

伝説ポケモン 三銃士
コバルオン テラキオン ビリジオン ケルディオ
ポケモンBW ポケモンBW2
三闘

関連記事

親記事

伝説ポケモン でんせつぽけもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「聖剣士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21224

コメント