ピクシブ百科事典

レジ系

れじけい

レジ系とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するレジアイス、レジスチル、レジロック、レジギガスの四体の伝説ポケモンを指した通称である。
目次[非表示]

概要

レジ系とは、『ルビー・サファイア』で登場したレジロックレジアイスレジスチルおよび『ダイヤモンド・パール』で登場したレジギガスの総称である。
名前の由来は、4匹の名前の先頭が「レジ(regi)」で統一されているため。
元々英名が「regis(ラテン語で「王」)」から取られていることから「3王」とも呼ばれていたが、後の世代でレジギガスが加わったことでこの呼び名が相応しくなくなり、4王に変更されたが、レジギガスが他の三体の上に位置している設定であるため最終的にレジ系に落ち着いた。
この他見た目のモチーフから伝説のゴーレムとも呼ばれる。

なお、レジギガスを除くレジ3匹については「レジトリオ」の呼称が使われる。

入手方法

レジ系は他のトリオとはかなり異なる入手方法になる。
レジギガスを除くメンバーは入手するヒントを得る為に点字を読む必要がある。
さらに解読後は特定のポケモンを連れていく必要があり、かなりの手間が掛かってしまう。

レジギガスに至っては他のメンバーを全て揃えた状態で所定の場所にいるレジギガスの前に行かなければならず、更に手間が掛かってしまう。
しかも大体の作品で通信を必要とすることから、図鑑コンプリートの際の障壁として名高い。

ちなみにレジトリオは初登場の『ルビー・サファイア』をはじめ、『プラチナ』、『BW2』、『ORAS』、『USUM』の5作品に登場しており、伝説ポケモンの中には過去作のBGMをそのまま流用しているケースがあるがレジトリオのBGMは世代が変わるごとにアレンジされている等妙なところで優遇されている

ポケモンGO』では他の伝説ポケモンと同様、レイドバトル限定のポケモンとして登場。2018年6月に一番手としてレジアイスが実装されており、その後7月8月にレジスチル、レジロックの順で実装された。
ただし、原典同様伝説ポケモンの中では攻撃力が低めであることから、攻撃力の高さが重視されやすい(本作にすばやさやとくせい等のシステムはない)本作のゲームシステムと噛み合っておらず、プレイヤーからの人気はイマイチ。特にレジスチルは都市部のジムに襲来しても全くと言っていいほど人が集まらずにレイドが成立しないことも珍しくなく、伝説ポケモンのレイドの中ではぶっちぎりの不人気となってしまった。
今後、レジギガスがそうしたプレイヤーの不満を払しょくできるだけの性能を引っ提げて実装されることに期待したい。

伝承について

レジトリオはレジギガスが作ったポケモンとされ、氷山(→レジアイス)、岩石(→レジロック)、マグマ(→レジスチル)を材料に自分に似た姿のポケモンを作ったという図鑑説明が存在する。
ホウエン地方においては人々に怖がられたことで遺跡に封印されたという伝承が残っている。
何かしらの強大な力を持っていたことが原因なのか、それともその無機質性ゆえなのかは現時点では不明である。
レジギガスの立ち位置やレジギガスが創造した命であること、更には生態がほぼ不明となっている3匹の図鑑説明を鑑みるに、人知を超えた存在であった可能性は考えられるだろう。

レジギガスは、その巨大さや各種プレートの裏に書かれていた記述を見るに、アルセウスとの関連性が指摘されている。
アルセウスのタイプを変えるアイテム「プレート」は元々「たおしたきょじんたちのちから」を封印したものであり、更にプレートにはノーマルタイプが存在していない。
つまりノーマルからはがね(第4世代当時フェアリーはないが何故かプレートは後から登場している)までの17の巨人のうち16をアルセウスが倒したということになる。
とすればレジギガスは「アルセウスが倒さなかった唯一の巨人」なのでは?というものである。
そして、倒された巨人達を懐かしんで自らに似せた姿を作ったとするならば、何とも切なくなる話である。
とはいえそれだけの力がある(命を創造できる)ということはレジギガスはアルセウスに匹敵する力を持っていることになる。
ゲームの分類上準伝説とされる(使用制限がかけられない)が、実はポケモン神話の根幹を担う物凄いポケモンなのかもしれない。

関連イラスト

レジギガス「そこに3つのモンスターボールがあるじゃろ」
れじれじれじれじ


ねえ
ホウエン出張



関連項目

ポケットモンスター ポケモン RSE DPt HGSS ORAS
三鳥 三犬 三湖 聖剣士 コピペロス カプ神 ウルトラビースト

pixivに投稿された作品 pixivで「レジ系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22354

コメント