ピクシブ百科事典

レジ系

れじけい

レジ系とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するレジアイス、レジスチル、レジロック、レジギガスの四体の伝説ポケモンを指した通称である。
目次[非表示]

概要

レジ系とは、『ルビー・サファイア』で登場したレジロックレジアイスレジスチルおよび『ダイヤモンド・パール』で登場したレジギガスの総称である。
名前の由来は、4匹の名前の先頭が「レジ(regi)」で統一されているため。
元々英名が「regis(ラテン語で「王」)」から取られていることから「3王」とも呼ばれていたが、後の世代でレジギガスが加わったことでこの呼び名が相応しくなくなり、4王に変更されたが、レジギガスが他の三体の上に位置している設定であるため最終的にレジ系に落ち着いた。
この他見た目のモチーフから伝説のゴーレムとも呼ばれる。

なお、レジギガスを除くレジ3匹については「レジトリオ」の呼称が使われる。

入手方法

レジ系は他のトリオとはかなり異なる入手方法になる。
レジギガスを除くメンバーは入手するヒントを得る為に点字を読む必要がある。
さらに解読後は特定のポケモンを連れていく必要があり、かなりの手間が掛かってしまう。

レジギガスに至っては他のメンバーを全て揃えた状態で所定の場所にいるレジギガスの前に行かなければならず、更に手間が掛かってしまう。
しかも大体の作品で通信を必要とすることから、図鑑コンプリートの際の障壁として名高い。

ちなみにレジトリオは初登場の『ルビー・サファイア』をはじめ、『プラチナ』、『BW2』、『ORAS』、『USUM』の5作品に登場しており、伝説ポケモンの中には過去作のBGMをそのまま流用しているケースがあるがレジトリオのBGMは世代が変わるごとにアレンジされている等妙なところで優遇されている

ポケモンGO』では他の伝説ポケモンと同様、レイドバトル限定のポケモンとして登場。2018年6月に一番手としてレジアイスが実装されており、他の2体も順次実装されていくとのこと。

伝承について

レジトリオはレジギガスが作ったポケモンとされ、氷山(→レジアイス)、岩石(→レジロック)、マグマ(→レジスチル)を材料に自分に似た姿のポケモンを作ったという図鑑説明が存在する。
ホウエン地方においては人々に怖がられたことで遺跡に封印されたという伝承が残っている。
何かしらの強大な力を持っていたことが原因なのか、それともその無機質性ゆえなのかは現時点では不明である。
レジギガスの立ち位置やレジギガスが創造した命であること、更には生態がほぼ不明となっている3匹の図鑑説明を鑑みるに、人知を超えた存在であった可能性は考えられるだろう。

レジギガスは、その巨大さや各種プレートの裏に書かれていた記述を見るに、アルセウスとの関連性が指摘されている。
アルセウスのタイプを変えるアイテム「プレート」は元々「たおしたきょじんたちのちから」を封印したものであり、更にプレートにはノーマルタイプが存在していない。
つまりノーマルからはがね(第4世代当時フェアリーはないが何故かプレートは後から登場している)までの17の巨人のうち16をアルセウスが倒したということになる。
とすればレジギガスは「アルセウスが倒さなかった唯一の巨人」なのでは?というものである。
そして、倒された巨人達を懐かしんで自らに似せた姿を作ったとするならば、何とも切なくなる話である。
とはいえそれだけの力がある(命を創造できる)ということはレジギガスはアルセウスに匹敵する力を持っていることになる。
ゲームの分類上準伝説とされる(使用制限がかけられない)が、実はポケモン神話の根幹を担う物凄いポケモンなのかもしれない。

都市伝説

レジ系はその入手する場所、点字、覚える技等から戦争を意識しているという都市伝説が存在する。
以下に噂の内有名なもの、および、それらに対する否定派からの反論考察を挙げる。

考察
ホウエン地方でレジアイスのいる「こじまのよこあな」は九州地方に照らし合わせると原爆の落ちた長崎市に当たる。実際の地図と見比べると、「こじまのよこあな」は壱岐〜平戸のあたりで全然違う。長崎市はカイナシティあたり。
同じくレジスチルのいる「こだいづか」は空襲のあった宮崎市「こだいづか」は宮崎県小林市あたり。宮崎市はヒワマキシティの右あたり。
同じくレジロックのいる「さばくのいせき」は空襲のあった大分市「さばくのいせき」は熊本県阿蘇山の南あたり。大分市はハジツゲタウンあたり。
もうひとつのホウエン地方の点字の遺跡「おふれのせきしつ」の位置について誰も触れない。長崎市からは南、熊本県天草市からは西の海底。正直ここの方が長崎市に近い。そもそも、戦時中は日本の多くの都市で空襲があった。レジがどこにいようと、「空襲のあった都市」の周辺になるのは必然である。
レジギガスのいる「キッサキしんでん」は稚内市の宗谷岬の宗谷海域海軍戦没者慰霊碑。「キッサキしんでん」は浜頓別町あたり。シンオウ地方最北端なのでその意味で宗谷岬というのはアリかもしれない。が、この慰霊碑は海軍戦没者の慰霊碑であり、空襲とは関係ない。
3体は全員ハートのうろこでだいばくはつを思い出す。そして過去(太平洋戦争)に大きな爆発(空襲原爆)が起きた。「だいばくはつ」は大抵の無機物系ポケモンが覚える。これは3体が全員無機物系であることからくる偶然。
3体は全員レベル89ではかいこうせんを覚える。そして8月9日長崎原爆が落とされ、大規模な破壊が起きた。レベル89なのは第四世代からで、第三世代当時は全員レベル65で覚えた。ちなみに6月5日は神戸大空襲の日。九州とは何の関係もない。
3体は全員レベル17でのろいを覚える。これは呪いと漢字変換でき、当時は17歳で戦争に連れて行かれた。当時の徴兵される年齢基準は19歳以上。
3体は全員レベル33でげんしのちからを覚える。これは原子の力と漢字変換できる。レベルの意味は?
「レジ」とは軍事用語で犠牲者。そのような事実はない。
「レジ」とはresistance(抵抗、反抗)、radioactivity(放射能)、rage(激怒)…他多数。レジ系の英語名は共通して「regi」で始まるので、左の単語が由来とするのは不自然。冒頭のとおり、ラテン語で「王」を意味するregisから取られたとするのが自然。
レジ系の外観は不完全な人間のよう。これは戦争によって障害を負った人々を表す。人間デフォルメした形状なのだから当然。他にも、タマゴグループ「ひとがた」のポケモンは全員不完全な人型。
レジ系は全員かくとうタイプに弱い。格闘=暴力の象徴=戦争。もしくは格闘=爆弾下。この理論で言うなら、どのタイプでも戦争に当てはまってしまう。焼夷弾毒ガス兵器近代兵器爆撃機戦没者瓦礫黒い雨人権無視グラウンド・ゼロ
レジロック・レジアイス・レジスチルの顔の点字はそれぞれHTOである。これは原子爆弾の原料である三重水素水(二重水素水)を表す。事実誤認。二重水素はDeuteriumでD。TはTritium(三重水素)だが、これは核融合反応に用いるものである。核分裂反応を用いる広島・長崎型原爆はウランプルトニウムが原料であり、重水素や三重水素は用いない。原子力発電には重水が使われるが、これは中性子の減速材としての用途であり原爆には不要。そもそも、その用途では重水素二つのD2Oを用い、軽水素が交じるHTOは用いない。
対してイッシュ聖剣士は全員格闘タイプ。その聖剣士が登場するイッシュ地方はアメリカモチーフ実際には聖剣士のモチーフは三銃士であり、戦争とは直接関係が無い。

関連イラスト

レジギガス「そこに3つのモンスターボールがあるじゃろ」
れじれじれじれじ


ねえ
ホウエン出張



関連項目

ポケットモンスター ポケモン RSE DPt HGSS ORAS
三鳥 三犬 三湖 聖剣士 コピペロス カプ神 ウルトラビースト

pixivに投稿された作品 pixivで「レジ系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15754

コメント