ピクシブ百科事典

ジュゴン(ポケモン)

じゅごん

ジュゴンとは、『ポケットモンスター』に登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国ずかんNo.087
イッシュずかん(BW2)No.266
英語名Dewgong
ぶんるいあしかポケモン
タイプみず/こおり
たかさ1.7m
おもさ120.0kg
とくせいあついしぼう/うるおいボディ/アイスボディ(隠れ特性)


進化

パウワウジュゴン(Lv.34)

白い子



概要

第一世代から登場している古参のポケモン。パウワウの進化形。
実在のジュゴンと違い体はスマートで、寒冷地に暮らしているようだ。どちらかと言えば、イルカなどに近い体型である。
あしかポケモンなのにジュゴンである、あしかなのに。

進化することでこおりタイプがつくようになった。
同期のポケモンと比べ控え目な能力値で、100を超える能力が一切ない。加えて第2世代でただでさえ微妙だった「とくこう」が削られる羽目に。
その為パワー不足の感が否めず、みず・こおりタイプの中ではマイナー扱いだが、特性が存外優秀で、天候「あめ」「あられ」に対応する他「あついしぼう」なら耐性が増える。
また、「アクアジェット」、「こおりのつぶて」、「ねこだまし」など妙に先制技が多く、複合タイプ両方の先制技を揃えられるのは珍しい。
この他「ほろびのうた」「アンコール」「かなしばり」「なかまづくり」などでのサポートが充実しており、「ぜったいれいど」も覚えられる。
戦術次第でかなり柔軟に動けることだろう。

なお、みずタイプだがレベルアップで覚えるみずタイプの特殊攻撃技が「しおみず」のみであり、当然この技がない初期などの作品では一切覚えなかった。

四天王カンナの先鋒としても有名で、初見でレベル56をいきなり繰り出してトレーナーの恐怖を誘う。
カンナ自身の実力も相俟って印象に残りやすい。

色違い全ポケモン中トップクラスと言っていいほど分かりづらい。

ポケモンGO

サービス開始時から実装されているポケモンの1匹。
進化元のパウワウの出現率が巣を除けば低めなので、入手率はそこそこ高め。

みず・こおりの複合は現状ライバルが多く、ラプラストドゼルガが鎬を削り合う状態になっており、残念ながらジュゴンが使用される機会はあまりない。技の構成が2者と被ってしまい、独自性を発揮しづらいのもネックである。

2018年2月11日以降はレイドボスにも選ばれていた(ランクは★★)が、こうした事情もあり人気があるとは言い難い。

余談

山下たかひろ版の4コマ漫画ではダジャレ大好きジュゴンとしてレギュラー入りをしている。ジュゴンはじゅごーーい!(すごーい)

使用トレーナー

カントー地方四天王:カンナ
おじいちゃん



関連イラスト

ヤナギさんをジュゴンの中に埋もれさせてみた
うるおいボディ



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン アシカ
同タイプの仲間……ラプラス パルシェン トドゼルガ

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュゴン(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24683

コメント