ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ジュゴン(ポケモン)

じゅごん

ジュゴン(Dewgong)とは、『ポケットモンスター』に登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次 [非表示]

現実の動物の方はこちら→ジュゴン


基礎データ

全国図鑑No.0087
カントー図鑑No.087
ジョウト図鑑No.177
イッシュ図鑑No.266
アローラ図鑑No.116
ブルーベリー図鑑No.144
ローマ字表記Jugon
ぶんるいあしかポケモン
タイプみず/こおり
たかさ1.7m
おもさ120.0kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性あついしぼう/うるおいボディ(第4世代から)/アイスボディ(隠れ特性)
おとしものパウワウのけ
タマゴグループすいちゅう1/りくじょう

各言語版での名称と由来

言語名称由来
日本語ジュゴンジュゴン
英語・スペイン語・イタリア語Dewgongdew(露、しずく)+dugong(ジュゴン)
ドイツ語JugongJurob(パウワウ)+Dugong(ジュゴン)
フランス語Lamantinelamantin(マナティー)+comptine(童歌)
韓国語쥬레곤日本語名の音写
中国語(簡体字)白海狮白(bái、白い)+海狮(hǎishī、アシカ、トド)
中国語(繁体字)白海獅白(bái、白い)+海獅(hǎishī、アシカ、トド)
ヒンズー語सीगायगर英語名の音写
ロシア語Дьюгонг英語名の音写
タイ語จูกอน日本語名の音写

進化

パウワウジュゴン(Lv.34)

白い子


概要

第1世代『赤・緑』から登場している古参のポケモンで、パウワウの進化形。ラフレシアなどと同様に元ネタそのまんまな名前を持つポケモンの一匹。


しかし実在のジュゴンと違い体はスマートで、寒冷地に暮らしているようだ。どちらかと言えば、イルカシロイルカなどに近い体型である。尻尾は方向転換に役立つように、体は水の抵抗を受けない流線形に進化した。あしかポケモンなのにジュゴンである、あしかなのに。


冷たい海を好み、海底でも地上でもよく眠る。寒さに強く、むしろ寒いほど元気になる。

とはいえ寒さに打ち勝つ為には最低限の熱が必要らしく、体の中に熱エネルギーを溜め込む。

寒冷地に住むがヨワシを食べに温暖な地方にもやってくる。夜行性のポケモンで狩りは基本的に夜に行うらしいが、アローラ図鑑曰く食後には海岸で日光浴もするらしい。


昼に狩ってるのか夜に狩ってるのか謎。真っ白な体は冬の海での保護色になっているのだが、如何せん、暖かい地方に来た場合は天敵に襲われやすくなっているような気もしなくはない。

泳ぐスピードは8ノット。


角に対して記述されることはないが、アニメや漫画、ポケモンスタジアム等で見る限り、れいとうビームは角から出る。また、氷山に佇んでいる姿を昔の人は人魚だと誤認したらしい。なお、実在のジュゴンも人魚と誤認されていたという通説がある。


球遊びが好きらしく、『NEWポケモンスナップ』ではタマザラシをボールの代わりにして遊んでいた。


なお、実在のジュゴン(Dugong)と区別する為に英名は「Dewgong」、フランス語名は「Jugong」となっている。

フランス語名は「lamantin」(マナティー)+「comptine」(わらべ歌)に由来する。確かにジュゴンはマナティーと同じカイギュウの仲間なのだが…。


ゲームでの特徴


初代FRLGピカブイ

  • カントー地方ではふたご島に生息。『FRLG』では4のしまいてだきのどうくつにも出現する。ふたご島で野生個体をツモっておくと割と即戦力として役立つ。自身の強化版と言えるラプラスと異なりレベルがそこそこなので育成の手間を考えればこちらに分がある。

  • 『青』では、ガーディを捕獲して手持ちにいれば、グレンタウンにいるNPCからジュゴン(セザンヌ)を交換で貰う事が可能。

  • ストーリーにおいては、四天王カンナの先鋒としても有名で、初見でレベル56をいきなり繰り出してトレーナーの恐怖を誘う。カンナ自身の実力も相俟って印象に残りやすい。ただAIの都合上、タイプ1がかくとうのポケモンを出すと確定で「ねむる」を使うので、「ねむる」を使わせてから本命の攻略要員に引いてそちらに戦闘用アイテムを使って強化して無双すると良い。

金銀クリスタルHGSS


RSEORAS


DPtBDSP


BWBW2


XY


SMUSUM


ソード・シールド / LEGENDSアルセウス

  • 未登場。

スカーレット・バイオレット

  • DLC『藍の円盤に内定。進化前のパウワウと同様にポーラエリアの水中を中心に生息。本作ではレッツゴーの仕様により色違いの判別を行いやすいため、パウワウ共々ブルレクの稼ぎついでに色違いを入手できることもある。

性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
第1世代9070809570405
第2世代から907080709570475

※第2世代以前の「とくこう」・「とくぼう」は「とくしゅ」に纏められていた。


初代同複合タイプ比較

パルシェン5095180854570525
ラプラス1308580859560535

  • 同期のポケモンと比べ控え目な能力値で、100を超える能力が一切ない。加えて第2世代でただでさえ微妙だった「とくこう」が削られる羽目に。その為パワー不足の感が否めず、みず・こおりタイプの中ではマイナー扱いだが、特性が存外優秀で、天候「あめ」「あられ」に対応する他「あついしぼう」なら耐性が増える。



  • ダブルバトルではその豊富かつ独自性のある補助技があり滅びの歌などを使うパーティではしばしば採用されたりもする。

  • なお、みずタイプだがレベルアップで覚えるみずタイプの特殊攻撃技が「しおみず」のみであり、当然この技がない初期などの作品では一切覚えなかった。

  • 第1世代ではわずかな素早さの優位点を除いてラプラスとの差別化点が事実上存在せず、通常環境では当然のこと、99カップでも実績は皆無。

  • 第2世代では差別化点として「アンコール」を獲得するが、第3世代で「あついしぼう」「アンコール」耐久型としての強化版と言えるトドゼルガがが登場。以降もトドゼルガの後塵を拝し、第5世代では同複合タイプであるパルシェンへの対策のの巻き添えを受けたりと、踏んだり蹴ったりであった。メガシンカが登場した第6世代、Zワザが登場した第7世代では強豪との差別化以前に、強化版のラプラスやトドゼルガですら食いつけないスペックインフレに飲まれた。一応第6世代以降は「なかまづくり」で相手の「がんじょう」を消して一撃必殺技を有効にする型も組めるようになった。

  • 第9世代にて復帰。テラスタルで水単独になる事で耐久力を補う事が出来る様になった。地味にXD技であった「てだすけ」をマシン技として習得している。第8世代で既にライバルのラプラスも習得しているが、こちらにはあちらにない「ねこだまし」もあるため、ある程度の実用性と差別化には困らない。

使用トレーナー

ゲーム版

※1:ポケモンスタジアム2

カントー地方四天王:カンナおじいちゃん


アニメ版

  • スイート(ミュウツーの逆襲)
  • サクラ
  • カンナ(無印99話)
  • ヤナギ(無印236話~)
  • ゴウ

漫画版


番外作品

ポケモンGO

  • サービス開始時から実装されているポケモンの1匹。進化元のパウワウの出現率が巣を除けば低めなので、入手率はそこそこ高め。
  • みず・こおりの複合は現状ライバルが多く、ラプラストドゼルガが鎬を削り合う状態になっており、残念ながらジュゴンが使用される機会はあまりない。技の構成が2者と被ってしまい、独自性を発揮しづらいのもネックである。
  • 2018年2月11日以降は不定期でレイドボスにも選ばれている(ランクは★★)が、こうした事情もあり人気があるとは言い難い。
  • シーズン15から「ドリルライナー」を使えるようになったことで採用率が一気に上がった。優秀なデバフ技である「こごえるかぜ」も使える優秀なポケモンである。

ポケモンマスターズ

  • ヤナギ&ジュゴン
    • メインストーリーWPM編8章をクリアすると仲間になる。当初はパウワウで、特定のレベルと進化石でバディーズエピソードのバトルをクリアするとジュゴンに進化する。

  • カンナ&ジュゴン
    • チャンピオンバトル時のカンナのバディで登場。

  • 主人公&ジュゴン
    • 報酬で貰えるタマゴから孵化する事があり、主人公のバディにする事が可能。進化させる事もできる。

Newポケモンスナップ

  • 雪原ステージにて、ルート分岐した先の氷河地帯に登場する。同じエリアに生息するタマザラシ頭でボールのようにリフティングする事も。それアシカ

アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

〈レギュラーの手持ち〉

  • ゴウのジュゴン
    • CV.うえだゆうじ
    • 新無印10話でカイリューの島へ渡るためにゲットされたゴウ初のこおりタイプ(なお1度ではゲットできておらず、ゲットできるまでボールを投げ続けていたためカイリュー用に用意していたボールまで使い切ってしまった)。
    • カイリューの島へ向かう途中で嵐に巻き込まれ一度はゴウとはぐれてしまったが、偶然にもカイリューの島に流れ着いてゴウの元に戻った。
    • ♀の別個体やサクラビスに惚れるなど、惚れっぽいところがあるが必ず失恋する(後者はハンテールとサクラビスが恋人同士だった為)。
    • 水中移動要員として使われる事が多く、第15話ではマンキーが池の中に落としたカラカラの骨を拾ったり、第46話ではギャラドスによって川に流されたサトシとゴウを助けようとしたり、ポケモンマリンアスレチックではゴウのパートナーとして選ばれたり、第85話ではタマンタと共にキングドラを探そうとしたりしている。
    • ホシガリスが原因によるポケモンフーズが無くなった事件ではポケモンたちの喧嘩にメノクラゲたち共々巻き込まれるも、マユルドを助ける為にメノクラゲと共に「れいとうビーム」で池を凍らせた。
    • 第84話ではパッチルドン、レジーナのグレイシアミーチェ)、サトシのウオノラゴンと共に氷の遊園地を作っている。

〈ゲストなど〉

  • スイートのジュゴン
    • 劇場版『ミュウツーの逆襲にスイートの手持ちとして登場。水中にいた為にミュウツーに捕まってしまうが、サトシにより助けられる。

  • サクラのジュゴン
    • ハナダ美人4姉妹の長女でカスミの長姉・サクラのポケモンで登場。当初はパウワウであったが、無印61話でムサシのアーボックとのバトル中にジュゴンに進化した。

  • カンナのジュゴン
    • 無印99話で試合で使用している場面が描写されている。

  • ヤナギのジュゴン
    • 無印236話から登場。サトシ達を襲った赤いギャラドスを「れいとうビーム」で退け、その後サトシのゴマゾウとバトルした時はあっけなく氷付けにした。
    • 無印238話のジム戦で使用し、サトシのヒノアラシと対決。屋内プールであるフィールドを使い、水に潜って攻撃をかわしながら攻撃するが、サトシは何とヒノアラシを水の中に潜らせてジュゴンを攻撃するという奇抜な戦法を取り、ジュゴンは敗北する。

  • DP89話
    • ポケモンサマーズクールの3日目に湖の水ポケモン達を観察するプログラムでサトシが観察して絵を描いた。

その他

無印65話・151話(イメージ)
DP171話
SM42話・127話(ゾロアークが化けていた)
新無印2話・8話・10話・136話
劇場版水の都の護神裂空の訪問者蒼海の王子キミにきめた!

『アニポケ・リコとロイの旅シリーズ

  • 1話:冒頭で登場

薄明の翼

  • 第8世代(剣盾)では残念ながら登場しないが、同作を原作としたショートアニメ『薄明の翼』の第4話に登場。後日公式から「誤解を招く表現をしてしまった」という旨の謝罪がなされた。

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • 第2章でカンナの主力で登場。こおり技をひとたび放てば辺り一面を凍らせる事ができ、凍らせた地面を滑走することで、水中並みの速度で移動する。更に「れいとうビーム」とパルシェンの「とげキャノン」を合わせると強力な「氷のミサイル」という合体技ができる。

山下たかひろ版の4コマ漫画』


余談

  • (実在の)ジュゴンの飼育で知られる鳥羽水族館のある鳥羽市のポケふたにはミジュマルと共にジュゴンのデザインが入ったポケふたが設置された。


関連イラスト

ヤナギさんをジュゴンの中に埋もれさせてみたうるおいボディ

ジュゴン♪タイプ別推し 氷 ジュゴン


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン RGBP FRLG LPLE

ポケモン一覧 みずタイプ こおりタイプ


0086.パウワウ0087.ジュゴン→0088.ベトベター(アローラベトベター)


同複合タイプ


関連ポケモン等



その他

アシカ

関連記事

親記事

パウワウ ぱうわう

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 146375

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました