ピクシブ百科事典

タマザラシ

たまざらし

タマザラシとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.363
英語名Spheal
ぶんるいてたたきポケモン
タイプこおり/みず
たかさ0.8m
おもさ39.5kg
とくせいあついしぼう/アイスボディ/どんかん(隠れ特性)


進化

タマザラシトドグラー(Lv.32) → トドゼルガ(Lv.44)

タマ☆トド☆ゼルガ



概要

その名の通り玉状のアザラシのような容姿をしている。
単なる丸っこいアザラシではなくきっちり玉もモチーフに含まれており、進化形のトドグラーの鼻先でボールのように回されている、『ポケダン』等で見られる歩行モーションが横を向いて転がるという辺り徹底している。

初登場はルビー・サファイア(第3世代)』(2002年11月21日)だが、同年8月にたまたま多摩川でアザラシ(タマちゃんと名付けられた)が発見されるというニュースがあった影響で、タマザラシのモデルはタマちゃんでは?と誤解される羽目になった。
そのため、当時このポケモンのNNは圧倒的に「タマちゃん」が多かった。
しかし、タマザラシはあくまで玉状のアザラシなのであって、多摩川のアザラシではない。

ゲームでの特徴

進化の初期形態ということもあり、能力は高くない。弱点も4つと多いが、早い段階で「アンコール」を覚えられ、この他攻撃技、補助技とそつなく覚えられる。
まるくなる」と「アイスボール」のコンボが可能な数少ないポケモンでもある。
ただしみずタイプの技は自力では「みずでっぽう」と「しおみず」(『ORAS』以降)しか覚えられない。

進化がレベル32と遅いが、シナリオの後半で手に入ることが多いので特に問題はないだろう。

ポケモンGOでは

2017年12月22日、他の第3世代みずタイプや進化形2体と共に実装された。起動画面ではマイナンプラスルミズゴロウと一緒にの中から出てきた宝物(クリスマスプレゼント風)を見つけて喜んでいる姿が描かれている。

かつてはこおりタイプのポケモンの中では最も出現率が高く、天候が雨や雪以外の日でも、街中を歩いていると結構な頻度で遭遇できた。
しかし2018年10月頃に出現パターンが変えられて以降は水辺や雨の時にたまに遭遇する程度となっている。

タマザラシのアメ25個でトドグラーに進化可能。
最終進化形のトドゼルガが本作のこおりポケモンの中でもトップクラスの性能を誇る逸材(雨天時はみず、雪の日はこおりがブーストされるので活躍の場も多い)であるため、普段からできるだけたくさん捕まえてアメを確保しておきたいところだ。

関連イラスト

タマザラシ
タマザラシタマザラシタマザラシタマザラシタマザラシタマザラシタマ



関連タグ

ポケモン一覧
パウワウ:類友。ただしこちらにこおりタイプはつかない。

関連記事

親記事

こおりタイプ こおりたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タマザラシ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 654419

コメント