ピクシブ百科事典

マサト(アニポケ)

あにぽけのまさと

アニメ「ポケットモンスターアドバンスジェネレーション」の登場人物。
目次[非表示]

CV:山田ふしぎ

概要

アニメ『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』(以下AG編)第3話で初登場。サトシの旅に同行する姉のハルカに便乗し、7歳でホウエン地方の旅に出ることになる。
旅が終わった後は姉に置いていかれたが、オダマキ博士と一緒にマサラタウンまで連れて行ってもらい、バトルフロンティア(カントー地方)も旅した。

続編であるDP編ではOPと第77話で声無しで出演。実家でタケシのやり方を参考に、父のポケモンの世話をしているという。

モデルとなったゲームのキャラクターはいない(強いて挙げるとすれば「じゅくがえり」か)が、エメラルド版ではサポーターとなったキャラクターに弟がいる。逆輸入だろうか?
ルビー・サファイアの主人公の家の近くに、眼鏡をかけた子供のNPCがおり、その見た目がマサトに似ているため、強いて言うなら彼がモデルの可能性もある。

人物

ませた性格で、普段は生意気な言動が目立つ。
だが劇場版ジラーチのパートナーに選ばれたり(pixiv内でもジラーチとともに描かれているイラストが多い)、デオキシスが心を開いたりと、心が素直な一面もある。

将来は父・センリのようなジムリーダーになるのが夢。センリを尊敬しており、サトシとのジム戦でセンリが敗北した時はサトシの勝利を認められずバッジを渡そうとしなかったが、センリに諭され、きちんとサトシにバッジを渡した。
10歳未満の7歳のため旅先でモンスターボールに入れてポケモンを所持することができず、手持ちポケモンはいない。しかしAG編第109話でラルトスを手持ちにする約束をしている。上述のジラーチやデオキシスといいエスパータイプとの絡みがわりと多い。

タケシが女性にナンパしようとしたときに制裁役として止めていた(無印編ではカスミ、DP編ではタケシのグレッグルが該当)。

ショタスク21、欠席いたします


またポケナビを親から貰っていたため、タウンマップ係も務めていた。

尚サトシとは、自身が10歳になってポケモントレーナーになったらポケモンバトルの最初の相手になってもらう約束をしている。
12年ぶりのORASリメイクで再登場のきっかけをつくるかどうかは不明だが、サトシが13歳に成長しないと叶わない約束である。

余談

  • 彼のモデルとなったのは当時任天堂の社長だった故岩田聡の息子であり、マサトのメガネは放送当時岩田社長がかけていたものが元となっている。


  • メインキャラで『年上のきょうだいがいる枠』の中では現時点では黒一点である(カスミ、ユリーカ、リーリエマオは女の子であり、デントは兄弟順不明であるため)。

  • たまにゲストで明らかに10歳未満の子供なのにポケモンを所持していることがありますが気のせいです(モンスターボールに入れてポケモンを旅に連れ出すのは禁止だけど、ペットのように家で育てるのは許可されている模様)。
    • そもそも原作ゲームでは園児がポケモンを所持しているけど気のせいです。
    • 決して姉に便乗してついてきただけで、本人にポケモンを持って旅をする目的が無いとかそういうんじゃないです。

  • 子供枠がポケモン所持できないのは宣伝的にも致命的だったので、XY編ではミアレ兄妹をサトシの仲間に入れるため、兄・シトロンのキープポケモンという枠で子供でもポケモン所持が可能に改良された結果、妹・ユリーカを自然に旅に同行させることに成功している。ポケモンを持てなかったマサトはその為の犠牲になったのだ……

関連イラスト

アドバイスジェネレーション109話
マサト


七夜のキセキ
七夜の願い星



関連タグ

アニポケ アドバンスジェネレーション
歴代男性同行者
ハルカ(アニポケ) センリ トウカ姉弟
ジラーチ ラルトス
タイプワイルド スーパーマサト

関連記事

親記事

歴代男性同行者 れきだいだんせいどうこうしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マサト(アニポケ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 393366

コメント