ピクシブ百科事典

岩田聡

いわたさとる

任天堂の第4代目の前社長。その人柄の良さから、任天堂ファンからは“いわっち”の愛称で親しまれた。故人。
目次[非表示]

「名刺の上では、私は代表取締役社長です。
 頭の中では、ゲーム開発者です。
 でも、心の中では、ゲーマーです。」

経歴

北海道札幌市出身。父親は室蘭市の市長を務めたこともある岩田弘志。

高校生時代から天才プログラマとしての頭角を表しており、独学でプログラミングを学びゲームを完成させてヒューレット・パッカード社に送ると、同社が驚いて様々な品物を岩田へ送ってきたというエピソードがある。
東京工業大学に入学した後もプログラミングに打ち込む。在学中にまだ設立して間もないHAL研究所にアルバイトとして参加し、そのまま卒業とともに正式に入社。
プログラマーとして数々のゲームソフトの開発を手掛けた。

この頃から任天堂に顔を出すようになり、バルーンファイトなどを開発。
岩田の技術は当時の任天堂社員よりも優れていたと言われている。

HAL研究所が和議(民事再生法)を申請した際は、立て直しのため岩田が代表取締役を務めることに(山内溥の指名であったとされるが、両者とも生前に何も言っておらず、はっきりとはしていない。両者ともすでに亡き今、確認のすべは失われている)。
その後、HAL研究所は桜井政博の活躍もあり、星のカービィスマッシュブラザーズなどのヒットで経営再建を成し遂げた。

2000年、山内に経営手腕を買われ任天堂に入社。取締役経営企画室長に就任。
そして、2002年に山内の指名で同社の社長に就任。それまで同社の社長は創業家である山内一族が務めていたこともあってか、創業家出身ではない岩田の社長就任は社内外でサプライズ人事だった様子。

任天堂の社長となってもゲーム開発の現場には参加している。(交友のある糸井重里氏の影響か)
HAL研究所時代から自ら積極的に前に出てプレゼンする傾向があり、社長就任後もE3用のプレゼンテーションムービー(ファンからはその内容から『ミニコント』とも称される)や、サードパーティー含めて新作ソフトを紹介していく『ニンテンドーダイレクト』、社内外を問わぬ社長によるインタビュー記事『社長が訊く』などその傾向が強く見られる。

また、大企業の社長と思えないほどにやたらとフットワークが軽く、DSの発売日に東北大学を訪れて川島教授と会って『脳トレ』の製作への協力をお願いしてみたり、社長業の合間を縫ってゲームセンターCXに出演(下記『関連動画』に動画有り。)してみたり、ラストストーリーの制作発表会に飛び入りで参加(ちなみに、坂口氏は「リハーサルでも聞いてなかった」らしい)してみたりとそのフットワークの軽さを象徴する逸話には事欠かない。

コワモテかつ歯に衣着せなかった山内と違い、柔和な風貌やあくまで『任天堂からの提案』という形で新たなハードを提案するその姿は対照的であるといわれる事もある。
『ゲーム人口の拡大』を就任当初から自身の課題として掲げており、その成果がニンテンドーDSWiiである。

突然の訃報

2014年に胆管腫瘍に罹患している事が発覚、6月に手術を受け一旦は仕事に復帰。翌年も数々のビッグプロジェクトの発表の場に顔を出す等精力的に活動していた。
しかし2015年7月、突如体調を崩して入院し、同月11日早朝に容態が急変、そのまま帰らぬ人となってしまった。55歳の若さであった。

当日が土曜日であったため、任天堂より公式に発表されたのは翌週月曜同月13日であった。
これにより、任天堂の代表取締役社長は空席となり、代表取締役専務の竹田玄洋及び宮本茂が暫定的に職務を引き継ぐことが発表された。

そして2015年9月14日に財務方面を主に担当していた常務取締役の君島達己が正式に社長就任することが発表された。なお、君島氏は歴代社長でも娯楽分野とは異なる畑の出身者であるが竹田氏と宮本氏のサポートも引き続き加わる模様。ただし元々は10年ほど北米部門を率いていた経歴の持ち主でもある。

先代社長であった山内溥の逝去から約二年後とまだ記憶に新しかった事、歴代任天堂社長の中ではメディアへの積極的な広報活動で広く知られる顔であった事が衝撃を与えたのも少なからずあったものと思われる。

国内のみならず海外でも彼の訃報は大きな衝撃と悲しみを与え、各国のニュースで報じられた。
多くの業者関係者や著名人が彼の死を悼むと共に、twitterでは「#ThankYouIwata」のハッシュタグで世界中のファンがその死を悼み、Miiverseでは彼が過去に手掛けた「バルーンファイト」・「MOTHER2」等のコミュニティにおいても同様の追悼メッセージの投稿が多数寄せられた。
また、直近のヒット作であるSplatoonにおいてもプレイヤーのコメントにて岩田氏への追悼や感謝のメッセージ・イラストが多く見受けられた。
巨大企業の社長という立場に留まらず、数々の名作を手掛けてきた技術者として、同じゲーマーとして、そしてマリオらと並ぶ任天堂のキャラクターとして世界中の人々から愛されてきたことが表れている。

バルーンファイトの作曲担当、田中宏和氏は
『Dedicated to Satoru iwata.』というタイトルでバルーンファイトのBGMリミックスバージョンを『SOUNDCLOUD』にアップしている

逸話

  • プログラマー時代から宮本茂に尊敬の念を抱いており、その言動を観察している。
  • 開発中止直前のMOTHER2を前にして「これを直すなら2年かかります。イチからつくらせてもらえば1年以内にやります」と言い、それを実現した。ちなみに、正確には「プログラムなどの素材を組み上げゲームとして遊べる状態にするまでに半年、バランス調整に半年」だったそう(注1)。
  • 経営が赤字を記録していた時期も決してリストラを敢行せず、自身の給料を削るという処置をとった。株主から「リストラを敢行しないのか」と詰め寄られた際にも、「社員が怯えながら作ったソフトは人の心を動かせない」と返答したという。
  • 『バルーンファイト』に収録されている『バルーントリップ』は横井軍平のひらめきから生まれたアイデアを彼がわずか3日間で形にしたという。しかも横井氏がテストプレイをした際に出したオーダーにもその場で瞬時に修正して皆を驚かせたという。(当時のプログラムの修正方法はプログラムをしたものを紙に打ち出して電話帳くらいの厚い紙の束を調べてから修正しており、少なくとも1時間くらいはかかる作業だったのだが、彼はプログラムをすべて記憶していたためその場で作業を終わらせられたとのこと。横井氏も時間がかかることはわかっていたので修正をオーダーしたあと席を立とうとしたのだが、彼の修正作業の速さには「もうできたん!?」と声をあげるくらいビックリしていたという)
  • メトロイドプライム3では彼の隠しメッセージが聞ける。疲れが溜まると太りやすい体質であるとのこと。
  • しかし、大病を患った後にふくよかな彼の姿とは別人のような痩せた姿を公の場で見せた際は多くの人を心配させた。その心配は後に彼との悲しい別れにまで繋がってしまったのである。ちなみに病名を告知された際、なんと医学書を始めとしてあらゆる情報を吟味して自分に一番最適な治療法を模索して医師と議論をしていたという(注2)。


※注1 これは半ば一人歩きしていった話であるらしく、納期によってはできない事をきちんと言っていた事もあるとのこと。納期半減ができた理由として、今で言うところのバージョン管理システムの導入、当時主流だった低級言語での開発をやめさせてC言語で書かせたこと(たまたまコンパイラがあったからできた芸当)、開発の高速化を図るツール群の作成を行ったことが挙げられている。要は開発工程の最適化をおこなった結果といえる。
※注2 いわゆるセカンドオピニオンと思われる。ただし、岩田氏は最適化に情熱を注ぐタイプであるがゆえの行動であったといえる。

詳しくはこちらを参考。

ネタとして

すごい人なのだが故に時折見せる謎の行動(言動)がネタにされがちである。
ニンテンドーダイレクトが始まってからそれらが頻繁に見られるようになっていった。
twitterでは私を弄る快感に目覚めたスタッフなどと発言しており、本人も割とノリノリのご様子であった。

戦闘能力

任天堂社長としての責務を果たすため、その肉体には類まれなる戦闘力を秘めていた。

E3 2010においては、燃え盛るクッパ城を攻略し・・・


E3 2014では、Nintendo of America社長レジナルト・フィサメィとの拳願仕合を演じた。

実はこのPV公開当時、体調不良の為E3を欠席していたのだが、後に最初の胆管腫瘍手術で入院していた事が明らかになった。
そしてこれが彼の生涯最後のネタとなってしまった。

その他

死去後に発売された「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」においても、エグゼクティブプロデューサーとしてクレジットされている。彼の遺作ともとらえれるかもしれない。
おそらく岩田聡という名前が載る最後のゲームであろう。

関連動画

ゲスト出演した、ゲームセンターCX特別編


関連イラスト

岩田社長、本当にありがとうございました
あるいて あたためて つたえる


無題
平和岩田聡で残り...


Thank you, Mr. Iwata
さようなら,社長


ポップル





関連タグ

任天堂 山内溥 宮本茂 カービィ Wii 3DS
トゥイッター 直接

pixivに投稿された作品 pixivで「岩田聡」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 954600

コメント