ピクシブ百科事典

パンドラの塔

ぱんどらのとう

Wiiで発売されたアクションRPG。正式タイトルは『パンドラの塔 君のもとへ帰るまで』。
目次[非表示]

概要

主人公エンデが「獣の呪い」に侵された少女セレスの呪いを解くため、「獣」と呼ばれる怪物のひしめく巨大建造物「十三訃塔(じゅうさんふとう)」へ挑むというストーリー。
近年の他のWiiのRPGタイトル(斬撃のレギンレイヴゼノブレイドラストストーリー等)に比べCMなどの宣伝があまりないようで、悲しいことに認知度はそれほど高くない様子。決して派手な作風ではないながらも、ヒロインの変貌をはじめとした、黒い任天堂の一角を担うに相応しい黒さを湛えている。

登場人物

エンデ
CV:千葉進歩
アテナイ出身の無口な青年。22歳。
アテナイの傭兵としてエリュシオンへの進軍に随行するも前線から逃亡、ある集落のはずれで気を失い、セレスに介抱される。数年後、巫女に選ばれたセレスの晴れ舞台を見に行った先で彼女の獣化に遭遇、グライアイに連れられセレスと共に十三訃塔まで逃げ延びる。
セレスの呪いを解くため、「オレイカルコスの鎖」を手に十三訃塔に挑み、長剣、双小剣、大鎌を振るって下僕を薙ぎ倒していく。武人としての能力は高く、各種近接武器に加えて手渡されたばかりの「鎖」も使いこなして見せる。
セレスに何かあると戸惑う、焦るなど頼りない部分もあるが、セレスのために危険に身を投じたり抱きとめたりするなど、男前なところも見せる。

セレス
CV:能登麻美子
エリュシオン王国の静かな村に暮らす少女。18歳。親密度に関わらず、さながらエンデののよう。
深手を負っていたエンデを見つけ、両親を説得して匿った、エンデにとっての大恩人。歌が好きで歌唱力も折紙つきであり、収穫祭の巫女という大役に抜擢されるも、晴れの舞台で突然、獣の呪いにかかってしまう。獣化によって他者を傷つけることを恐れると同時に、十三訃塔へ行ってばかりのエンデを心配する、心穏やかならぬ日々を送る。家事に加えて古文書の解読もこなすが、料理は元々不得意だった様子。しかしエンデのために頑張って腕をあげていた。
朗らかで優しく、慈悲深い性格だが、料理の隠し味の蜂蜜の量を増やしていきエンデの反応を窺うなど、お茶目な一面も覗かせる。
物語の冒頭で獣化の何たるかをインパクトたっぷりに示してくれる。

グライアイ
CV:谷育子
収穫祭での騒ぎの際にエンデとセレスの前に現れ、二人を十三訃塔へと導いたドヴェルグ族の老婆。呪いを解くための手助けをしてくれるが、目的は不明。年齢もまったくもって不明。一族に伝わる「オレイカルコスの鎖」をエンデに託し、雑貨の売買や武器の強化も請け負ってくれる。
背中の壷に入った、フガフガ喋る骨張った(というか骨。ちょっとかわいい。癒しだと言うプレイヤーも多い模様)人物は彼女の夫らしい。何をどうしたらそうなるの……。本当に彼の夫なのかは不明。彼の存在についてはいろいろ考察されている。

作品の特徴

獣の呪い

体が獣と化してしまう呪い。時間と共に体が呪いに侵されていき、最後には身も心も完全に獣に成り果て、人間に戻ることは叶わない。「獣」といっても毛皮や鱗ではなく、体液を滴らせた粘液系へと変貌するため、ひたすらに醜悪。
十三訃塔に潜む多様な獣=〈下僕〉の肉を食べることで侵食を一時的に戻すことができる。さらに、十三体いるという塔の〈〉の肉を食べることで呪いは完全に解けるらしい。エリュシオンではお国柄から食肉は禁忌であるため、エンデが獲ってきた生肉を塊で食べることになるセレスのショックは察するに余りある。ちなみにセレスが肉に齧りつくシーンは、スタッフにこだわりでもあったのか妙に官能的。獣化していた場合、元の姿に戻るシーンもなかなか官能的。

エンデが十三訃塔に行っている間、セレスの体も時間と共に呪いに侵食されていき、彼女が完全に獣と化してしまうとゲームオーバーになってしまう……のだが、侵食の程度によらず、セレスの体には見るに耐えないほど痛々しい変化が現れる。その様は人呼んで「能登ハザード」(セレス役の声優・能登麻美子+バイオハザード)。ちなみに、ゲームオーバーもエンディングのひとつとして扱われ、獣・セレスのその後も言葉少なに語られる。

開発中の獣化セレスのデザインはドラゴンを髣髴とさせるそこそこ格好良いものだったが、「そういう趣味のプレイヤーに気に入られて、獣化したまま放置されると困るので」とアレやソレ(公式動画で体験プレイをした笑い飯曰く「でっかい紅ショウガ(はじかみ)」)がピチピチと躍り出る更にグロテスクな姿に変更された。
早く帰れなかったことに対する罪悪感まで感じるほどなので、出来るだけ呪いを進行させないように、セレスのことは常に気にかけておこう。

オレイカルコスの鎖

十三訃塔に赴くエンデがグライアイから借りる不思議な鎖。ドヴェルグ族に古くから伝わるものらしく、繋がれていく命を表すものだという。
武器としても、仕掛けを解くための道具としても使うことができ、

  • 敵を拘束して動きを止める
  • 拘束したまま敵を引きちぎる、倒した敵から肉を入手する
  • 小型の敵や鉱石などを捕らえて投げつける
  • ポイントに鎖を引っ掛けて遠くへ移動する
  • 遠くにあるものを引き寄せる、もしくは引っ張って仕掛けを作動させるetc…
と、豊富なアクションが可能。これをいかに使っていくかが塔と〈主〉の攻略にかかわってくる。

2人の絆

セレスと会話をしたり、彼女が喜ぶような贈り物をすることで、セレスとの絆が強まっていく。絆の強さによってイベントが発生したり、2人の未来が変化したりする。とはいえ、常に金欠気味の序盤では贈り物ばかりもしていられないのだが。
なお、セレスの獣化をあんまり放置してしまうと、絆は少しずつ弱まっていくので注意。せっかくの贈り物が獣化でダメになってしまうこともあり、セレスもすごく申し訳なさそうにするため、それがイヤなら「まだまだ時間はある」と思うくらいで帰っておくのが無難だろう。

要するに、セレスのことを大切にするのが何より大事なのである。

はいそこの「これなんてギャルゲー?」とか思った人。正直に手を挙げなさい。
だいたいあってるから。

製品情報

タイトル パンドラの塔 君のもとへ帰るまで
機種 Wii
ジャンル アクションRPG
発売日 2011年5月26日(木)
価格 税込6,800円
開発 ガンバリオン
販売元 任天堂
CERO C(15歳以上対象)

この作品も黒パッケージ

外部リンク

公式サイト

関連タグ

ゲーム 任天堂 ガンバリオン アクションRPG
最終兵器彼女……モチーフは異なるが、意外と類似点のある作品。
パンドラの箱……箱詰めの厄災をぶちまけてしまったというギリシア神話のエピソード。
ダークファンタジー 黒い任天堂 パンドラの塔100users入り

エンド集


重大なネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください




























本作品には複数のエンドがあり、前述したようにエンデとセレスの親密度によって二人の迎える結末は変わる。親密度の深さ順にこれらはD~A,Sエンドと命名されており、ある一部のエンドでしか判明しない真実も存在する。これに加え、セレスの獣化が完全に進行してしまうエンドも存在する。


ゲームオーバー
セレスの獣化が完全に進行してしまった際に迎えるエンド。
エンデが塔にいる間にセレスの獣化が完了してしまい、監視塔に戻ったエンデがセレスに食われてしまう。獣となったセレスは塔の頂点に立つ存在となり、配下の下僕や主を引き連れて世界を侵略する。そして最後には、世界は完全に獣のものとなってしまう。


Dエンド:断絶
二人の親密度が最も低い状態に迎えるエンド。鬱エンド。
最後のダンジョンに行きつかないうちにたどり着くエンド。セレスの獣化の進行が更に深刻になり、遂にはエンデに手を出してしまう。最早人間に戻ることが叶わないことを悟ったセレスに、エンデが自ら止めを刺すというエンド。セレスがエンデに自分を殺すことを懇願する際に浮かべる哀愁漂う微笑みは作中屈指の鬱ポイント。
なお、止めを刺すときにはプレイヤーが強制イベントとして自らリモコンを操作しなければならない。今まで必死にセレスの為に主肉を集めてきただけあって、この選択をするのはかなりの苦痛を伴う。


Cエンド:それでも一緒に
親密度が初期状態の際に迎えるエンド。戦争エンド。
獣と化したセレスと戦った直後にグライアイの呼んだエリュシオン国の軍に差し押さえられ、エンデとセレスの二人はエリュシオン国の配下として戦争に赴くこととなる。結果として世界はエリュシオンの統治のもと平和を迎えるが、エンデは自分の心を殺し、セレスは獣となってしまう。グライアイに対するプレイヤーの好感度が暴落するエンドとも。


Bエンド:あなたの為
親密度がそこそこの際に迎えるエンド。別離エンド。
獣と化したセレスを倒したはいいが、獣の呪いはいまだ消えず、セレスが世界を救うために自分を犠牲にして爪痕を閉じる。一人残されたエンデはセレスのいない世界で一人生きていくこととなる。


Aエンド:共に永遠を
親密度が上々の際に迎えるエンド。心中エンド、または告白エンド。
途中までの内容はBエンドと同じだが、身投げしようとするセレスをエンデが引き留め、セレスに対する愛の告白をした後に、二人で爪痕に墜ちて爪痕を閉じる。しかし、セレスとエンデの想いは届かず、爪痕が閉じた後も世界は戦争を続けることなる。






Sエンド:紡がれた鎖
親密度が最高潮の際に迎えるエンド。大勝利エンド。
ラスボスを倒した後、獣の呪いの消えたセレスとエンデ、そしてグライアイは第二形態となったラスボスから逃げる。ラスボスの猛攻を無事に逃れると、二人は事の顛末をグライアイから聞かされ、グライアイの決意を聞き入れる。塔に残ったグライアイは爪痕を閉じるべく身を挺して爪痕の封印をし、セレスとエンデは無事に故郷に帰る。その後、世界は太平の世を迎え、セレスとエンデは穏やかで幸せな余生を過ごすこととなる。
Cエンドで落ちたグライアイの評価が爆上がりするエンド。スタッフロールの後には幸せなエンデとセレスの一枚絵を見ることができ、このエンド後にはタイトル画面にてエンデとセレスの幸せな姿が映し出される。

pixivに投稿された作品 pixivで「パンドラの塔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 212004

コメント