ピクシブ百科事典

ピクミンシリーズ

ぴくみんしりーず

ピクミンとは、2001年に任天堂が発売したゲームソフト、及びシリーズ作品、及び本作に登場する生物の名称である。
目次[非表示]

本項ではシリーズ作品全般について記述する。
生物としてのピクミンについては⇒ピクミン
惑星に登場する原生生物については⇒ピクミンシリーズの原生生物一覧
シリーズ全般に登場するステージについては⇒ピクミンステージ一覧

概要(シリーズ全般)

謎の生物「ピクミン」と協力して、未知の惑星に散らばる船のパーツやお宝を集めるのが大筋。
しかし、基本的にこの惑星でピクミンは捕食対象。つまり喰われる側なのである。
原生生物に食べられたり、潰されたり、焼かれたり、溺れたり、感電したり・・・

・・・これまでこんなに敵との力の差が圧倒的なゲームがあっただろうか?

そのため、プレイヤーはなるべくピクミンの数を減らさないように戦わせる必要がある。
それがこのゲームの難しい所であり、奥深い所である。

また、どう見ても人工物的な柵や罠等が有ったりするが、やってるうちにそういう星なのだと思うようになる、やりこんでいないうちは下手につっこまないであげて下さい。

シリーズ一覧

ピクミン(初代作)

メモリーカード使用ブロック数19で2001年10月26日発売。
Wii版は2008年12月25日発売。
主人公「キャプテン・オリマー」を操作し、30日以内に30個のパーツを集めていく。

ピクミン2

メモリーカード使用ブロック数27で2004年4月29日発売。
Wii版は2009年3月12日発売。ジャンルはAIアクションゲーム。
前作の続編。前作にあった時間制限は無くなっている。
借金10000ポコを返済するのが目的。返済後は201個有るお宝を収集していく。
また、今作から新キャラクターの「ルーイ」が登場し、2人で協力プレイや対戦が出来るようになった。
新ピクミンとして「紫ピクミン」「白ピクミン」が追加。

ピクミン3

2012年のE3Wii Uの発表と同時に発表された。
2013年7月13日発売。価格は5985円(税込)。
前作までのキャラクターはほとんど登場せず、新たに「アルフ」「チャーリー」「ブリトニー」の3人が主人公として登場する。
新ピクミンとして「岩ピクミン」「羽ピクミン」が追加。

PIKMIN Short Movies

2014年10月25日、第27回東京国際映画祭で初公開された、ピクミンのショートムービー。約20分。
同年11月6日のニンテンドーダイレクト終了後、WiiUと3DSにてダウンロード販売が開始された。価格はそれぞれ500円で、WiiU版ならHDで、3DS版なら立体視で見ることができる。

Hey!ピクミン

2017年7月13日発売。価格は5985円(税込)。
シリーズ定番の「持ち帰り」要素を廃した、外伝的立ち位置の横スクロールアクション。
新キャラや新ピクミンの追加は無く、「3」で使用できる5種類を使っていく。

ピクミンの歴史

2001年NINTENDOスペースワールドに出典
「ピクミン」発売
「愛のうた」発売。CM効果によりロングセールスを記録
2004年「ピクミン2」発売
ピクミンパズル発売
エンターブレイン、ファミ通+キューブでコラム「LOVELOVEピクミン」を初掲載(32回まで)
2008年Wiiであそぶピクミンを発売
2009年リメイク作品、Wiiであそぶピクミン2を発売
2012年WiiUでピクミンの新作が発表される
2013年「ピクミン3」発売
いっしょにフォトシリーズに「いっしょにフォト ピクミン」が登場
2014年第27回東京国際映画祭で特別上映作品として「PIKMIN Short Movies」を公開
「Short Movies」が3DSでも有料配信される
2016年3DSでピクミンの新作が発表される
2017年「Hey!ピクミン」発売予定


ちなみに、ニンテンドー3DSでデータの引っ越しをすると、ピクミンがわらわらと登場してきてデータを別の3DSへと運んでいく様子を拝むことができる。

関連イラスト

アニメ風
オリマーさんとピクミン


野原は森の中
ピクミン


Hurry up!
ピクミン3発売!



関連タグ

任天堂 GC Wii WiiU
Wiiであそぶ ピクミン10周年 イヌムシ科

pixivに投稿された作品 pixivで「ピクミンシリーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1155

コメント