ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

2023年7月21日にニンテンドースイッチで発売した、『ピクミン』シリーズの最新作。

シリーズ本編としては、『3』以来10年ぶりの作品となる。


2023年2月9日に公開された映像では、新ピクミンや新主人公、宇宙犬などの存在が明らかとなった。

同年6月6日、公式サイト開設・プロローグトレーラー公開。


あらすじ

とある惑星で遭難したキャプテン・オリマー

ピクミンに加えて、この星で出会った宇宙犬モスにもパーツ集めを助けてもらった末、発見した宇宙ムセンを使い、宇宙中に探索データを添えたSOSを発信した。


1ヶ月後、そんな彼の救難信号をキャッチし救助に向かったレスキュー隊だったが、皆もトラブルに見舞われ消息を絶つ二重遭難が発生してしまう。

加えて、オリマーの無線を傍受した一般人もお宝欲しさ、珍しい植物や生物の調査などのさまざまな理由でその惑星に向かった結果、それらの人々も遭難してしまう。


唯一の希望は、ただ一人本部に残っていた新米隊員。

その新米隊員は、オリマーとレスキュー隊と一般人の救助という緊急任務を受け、未開の惑星に向かうのだった。


登場人物

一部を除き、レスキュー隊や遭難者の名前はの種類から取られている。

その他遭難者についてはピクミンシリーズの登場キャラクター一覧も参照。

レスキュー隊

キャラクリエイト時、選んだ宇宙服の色がそのままレスキュー隊全員の宇宙服&オッチンの首輪の色に反映される。

物語開始時点では主人公以外遭難状態にあり、彼らを見つけ出すことで拠点の機能が充実していく。


  • 主人公

レスキュー隊の新人であるカルタ星人。

オリマーや先輩隊員を救出するため、未知の惑星に一人で降り立つことになる。

プレイヤーが見た目をクリエイトできる(ストーリーが進行すると後から調整できる)。


新たに加わる主人公の相棒で、レスキュー隊の新米救助犬。

障害物を突進で壊したり、主人公やピクミン達を乗せて移動できるなどとても力持ち。

惑星での救助活動を通じてすくすくと成長していく。


金髪で色黒のカギヤ星人。

代々レスキュー隊を営む家系の末裔であり、強い責任感を持ったレスキュー隊の隊長。

一流の救助犬トレーナーでもあり、オッチンの能力を強化することが可能。


体格が大きく、ひょうきんな顔つきのカギヤ星人。レスキュー隊のオペレーター。

器用であり、通信機器の整備をはじめ様々な雑務も担当している。

彼に話しかけることで日中の探索に向かうことができる。


スキンヘッドにメガネをかけたカギヤ星人。

偏屈で小難しい物言いをするが、腕は確かな科学者。

レスキュー隊の開発担当であり、シザイを渡すことで探索に役立つアイテムをカイハツしてくれる。


黒いへアバンドが特徴のオーイ星人。レスキュー隊のレンジャー。

宇宙犬を使わない単独でのレスキューを得意とするが、ぶっきらぼうで力を発揮するかは気分次第。

主人公が突破できないチャレンジを代わりに踏破してくれる救済措置要員を務める。


緑のマッシュヘアが特徴のオーイ星人。

知識に貪欲なレスキュー隊のドクターであり、精力的に新薬の開発を行っている。

彼に話しかけることで夜の探索に向かうことができる。

葉っぱ人をもとに戻すカギを握っているようだ。


サングラスと黒い肌、独特な口調が特徴のニジョウ星人。

シェパード号の運航を預かる腕利きのベテランパイロット。

遭難中はディンゴと共に行動していたが、とある理由で行方不明となっている。

その他

初代』及び『2』の主人公。

物語開始時点ですでに遭難しており、彼を救出することがレスキュー隊の最終目的である。


『ピクミン2』で初登場したホコタテ運送の新入社員。

社長に命じられて、行方不明となったオリマーを探しにやってくるが…。


頭にピクミンのような葉っぱが生えた謎の存在たちで、顔が見えないほどの毛むくじゃら。

主人公のダンドリ力を試そうと各地の洞窟で試練を仕掛けてくる。

赤い毛を生やしたどこかで見たような個体は、とある理由から遭難者を連れ去ろうとしており、その身柄を賭けて「ダンドリバトル」を繰り広げることになる。


オリマーが墜落した先で遭遇した大柄な宇宙犬。

全身が緑がかっていて、尻尾にピクミンのような葉っぱが生えている。

なぜかどこかで見たような葉っぱ人とも行動しており、彼の指示で遭難者を連れ去っている。


  • 遭難者たち

オリマーの探索データを受信し、この惑星に興味をひかれてやってきた人々。

関心の対象はお宝に原生生物、水質・気候などの地学的な調査、資源・土地の開拓や純粋な観光目的などその理由はさまざま。

各地の洞窟に宇宙服がスリープした状態で身を潜めており、救助することで拠点に保護され話を聞くことができる。

一部の遭難者から頼みごとをされることもあり、それに応えれば資源などの報酬を受け取れる。

余談だが、主人公の見た目が遭難者とそっくりの顔をしていると専用の台詞が聞ける。


  • ドン・ベルマン/ヨーク/スパニエル

食糧危機に陥った母星を救うために派遣されたコッパイ星人の調査隊(トレジャー・ハンター)。

夜に取れるヒカリミツを飲んでサバイバルしていたが……。


この三人はそれぞれ『3』の主人公たちであるアルフブリトニーキャプテン・チャーリーの関係者であることがほのめかされている。

・ヨークは祖父の名前がドレイクで、15人兄弟の弟のなかにエンジニアがいると明言している。

・スパニエルは親戚に植物学者がいる。またコッパイ星人でも特に食い意地の張った家系だと語っている。

・ドン・ベルマンにはレンジャー時代、アヒル野郎と呼ばれる相棒がいた。

性格までどこか似通っているが、こちらは3人ともピクミンに遭遇しなかったため、3の主人公達のifの姿とも言える。


新しく登場したピクミン

本作から登場する、氷の身体を持ったピクミン。

体内に熱を奪う低温の核を持ち、接触した原生生物を凍らせたり、フィールド上の水面やゼリー状の障害物「水こんにゃく」を凍らせることができる。


本作から登場する、光るオバケのようなピクミン。

夜の時間帯の探索で登場。豊富なエキスを蓄えた「ヒカリヅカ」に居を構えており、エキスを狙う原生生物を共に退治することになる。


システム

『2』に存在していた「地下探検」が復活しており、お宝の他に要救助者が見つかることも。

また今までは原生生物達が凶暴化(目が赤く光っている状態)しピクミンも休眠に入るため出来なかった「夜の探索」が可能となった。


本作では上記の氷やヒカリに加え、の歴代全ピクミンを本編で使うことができる。


一方オニヨンの仕様には変更点が大きく、出せるピクミンは初期20匹(ガーリップなる栄養源を与えると徐々に増える)かつ三色までという制限が加えられた。

対応オニヨンを回収していないピクミンは、ポンガシグサを使うか野生個体を拾ってくることでしか増やせないが、稼働中のオニヨンに全色を保管可能にもなっている。

体験版の時点で赤・青・黄のオニヨンを回収することが可能だが、製品版ではヒカリ以外のオニヨンも登場する。


用語

ビーグル号

主人公が乗ってきた小型宇宙船で、シェパード号の子機。プレイヤーが選んだ宇宙服の色と同じ色が着色される。

ドルフィン初号機のように地上・地下問わず物資や遭難者を回収するポッドの役割を果たす。

回収時に物体を小さくする光線が備わっている為、どんなに大きなオタカラでも回収可能。

ラッセル救助後は集めたシザイをネンドに変換できるプリンター機能が追加され、ピクミンにケンチクを指示する事が可能となった。


シェパード号

レスキュー隊の拠点でもある大型宇宙船。ビーグル号と同様、宇宙服と同じ色が着く。

最初はエンジンがオーバーヒートしかけて故障の危機に陥ったが、キラキラエネルギーを代替燃料にする事で回避した。

ストーリー進行や集めたキラキラエネルギーの量によって探索範囲が広がり、次のエリアへ行けるようになる。


体験版

発売に先駆け、6月29日から製品版に引き継ぎが可能な体験版が配信されている。

拠点と最初のマップの探索が可能で、赤・青・黄・氷のピクミンを仲間にできる。


キラキラエネルギーを1500回収で体験版クリアとなり、アプリゲームの「ピクミンブルーム」の特典が貰える。

1500以上になるとポケモン不思議のダンジョン救助隊DXの体験版同様に探索ができなくなる(キャンプから出られなくなる)が、逆に言えば1500を超えない限り探索可能であり、各種のピクミンやゲキカラスプレーをほぼ永久的に増やすことが可能。

これを利用して製品版に備え、戦力を強化するのも良いだろう。

また最初のマップで、そこで出会ったピクミンたちだけでそのマップの探索率100%を狙う事も可能である。


余談

  • 初代の没データに月のアイコンがあり、当初では夜の探索も可能だったようで、本作で22年越しに探索可能になった。

  • 過去作では青ピクミンはすべてのピクミンの最後に仲間になるのがお決まりだったが、今作では序盤で仲間になれる。だがオニヨンを運んでいる最中に水の中に落ちてしまい、回収が(体験版では登場しない羽ピクミンしか)出来ない事故が起こる場合もあるので注意。

  • 今作で入手できるお宝には『ピクミン2』や『ピクミン3』で登場したお宝も存在するが、体験版では地上に出せるピクミンの数が最大40匹までに制限されている都合上、重さや価値に変更が加えられているものも存在する(例えばピクミン2にも登場した「壊れたタイムマシン」というお宝は『ピクミン2』の時には価値110ポコ、重さが30だったのだが『ピクミン4』では価値50キラ、重さ7に変更されている)。

  • 動けなくなるだけだった電気ダメージの仕様が『ピクミン3』からふたたび変更され、ほかの属性と同様に時間経過で死んでしまうようになった(さすがに『2』の即死とまではいかないが)。

  • 過去作に登場した原生生物の超大型個体(『ピクミン1』のダイオウデメマダラや『Hey!』のブタドックリなど)の詳細がオリマーメモに記載された。

  • 本作の冒頭は、オリマーの惑星での遭難という『1』と同じ始まりである。その後の宇宙犬モスの登場、SOS信号の発信、救助に向かったレスキュー隊、二重遭難の発生…など、話の内容からして本作は『1』とは別の世界線(パラレルワールド)という位置づけと思われる。ただし作中では『2』や『3』との繋がりを示すような記述ややり取りもあり、開発者インタビューでも「物語の時系列に関しては、ご想像にお任せします(笑)。」と明確には語られていないため、正確な時系列に関しては不明。もっともこのインタビューは販売前に公開されたものなので、ネタバレを避けるために明言を避けたのかもしれない。

  • 本作では任天堂関連を除いてあまり使われていなかった他作品のパロディが多く存在する。

  • 過去作では原生生物の死骸は翌日には消えているが、本作では残るようになった。ただし地上だと日数経過で復活しなくなったため、ピクミンを増やす際は要注意。

  • 今作は原生生物に近づくと生物ごとに異なった独自のBGMが流れるようになっている。また、ピクミンと出会った際のBGMも各ピクミンで音が異なる。

  • ピクミンのCMは今まで歌が流れていたことに対し、本作はCMソングがない。

関連動画


関連タグ

任天堂

ピクミンシリーズ ピクミン ピクミン1 ピクミン2 ピクミン3


外部リンク

関連記事

親記事

ピクミンナンバリング作品 ぴくみんなんばりんぐさくひん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2216582

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました