ピクシブ百科事典

目次[非表示]

もしかして

ブルース(ロックマンエグゼ)の比喩表現的な意味での通称

概要

どの作品でも主人公が一番最初に出会う色のピクミン。の色は。序盤の冒険で欠かせない相棒であり、シリーズの顔役でもある。ピクミンと言えば真っ先に赤ピクミンを思い浮かべるプレイヤーも多いだろう。色以外の特徴として、顔にピンと尖ったのようなものが付いている。

特徴

に強い

植物でありながら「炎熱に耐性があり、決して燃えない身体を持つ」という、何気に凄い特性を備えている。一部の原生生物やトラップが放出する炎を浴びても平気であり、体中が燃えている原生生物やトラップの火元に攻撃して鎮火させる事も可能。

欠点は「1」はともかく「2」「3」では燃えているピクミンの救助が容易であり、赤ピクミンでしか進めない場面が少ないため、活躍の機会が局地的になりがちな所か。全身が燃えているヤキチャッピーカジオコシも、それぞれ紫ピクミン岩ピクミンの方が、対処が容易だったりする。

「Hey!」ではピクミンが死にやすい上、赤ピクミン以外では全く手を出すことのできないヤキコチャッピーの登場や燃え盛る道を鎮火させるギミックの登場で、相対的に個性が強くなった。

攻撃力が高い

他のピクミンよりも太い筋繊維を持っているため一撃の攻撃力が他のピクミンの約1.5倍と高く、主に原生生物との戦いで真価を発揮できる。この特徴もあってか、公式グッズのカードに「最も闘争心の強いピクミン」として解説されており、「3」においても隊員同士の会話内にて「可愛い顔して好戦的」と評されている。

しかし、「1」では攻撃範囲や命中精度の高い「バクダン岩」を扱える黄ピクミンに、「2」ではより高い攻撃力を持ちホーミング攻撃によるスタンが便利な紫ピクミンに、「3」では赤ピクミンより高い攻撃力を持ちつつ衝撃によるスタンと頑丈さが優秀な岩ピクミンにお株を奪われがちであり、その事から何かと不遇と言われる事が多い。

だが、黄ピクミンは攻撃力が並でバクダン岩も有限、紫ピクミンは足が遅く回避に向かない上に数を揃えるのが難しい、岩ピクミンは数こそ揃えられるが敵に張り付けないという欠点があるため、総合的な「扱いやすさ」と「小回りの良さ」を重視して、赤ピクミンを愛用するプレイヤーも存在する。

また「3」においては出番がストーリー最終盤のごく僅かな期間しか無い上に、ストーリー進行に必須な作業は全て羽ピクミンで代用できてしまう関係で青ピクミンの方が不遇視されることの方が多い。

関連イラスト

赤ピクミン大好きです
赤ピクミン と さくらんぼ
生きる糧2
赤ピクミンの生態



関連タグ

ピクミン
青ピクミン 黄ピクミン 紫ピクミン
白ピクミン 岩ピクミン 羽ピクミン

関連記事

親記事

ピクミン ぴくみん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「赤ピクミン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213820

コメント