ピクシブ百科事典

黄ピクミン

きぴくみん

ピクミンの種類のひとつ。
目次[非表示]

概要

どの作品でも主人公が序盤に出会う黄色のピクミン。花の色は白。
色以外の差異として、のような部分が頭についている。

特徴

電気が大好き

植物でありながら決して感電しない身体を持ち、むしろ電気が体に流れる事に快感とエネルギーの充実を感じるある種のハイブリッドな存在。ドルフィン初号機の分析から、空気中の静電気を蓄積しやすい体質である事も伺える。
「2」では即死、「3」では痺れてしまう電撃を受けても何の影響も受けず、電気を発する原生生物やトラップにも平気で飛びついて攻撃できる他、自身を導線代わりにして電気系のギミックを動かすこともできる。

「1」では電気系の原生生物やトラップが登場しない為、オリマーがこの特徴に気づいたのは「2」で再開を果たした後であった。欠点は自然界において電気の存在する割合が少ないため、活躍の機会も少々局地的になりがちな所か。

高く投げられる

より体の小さな白や羽よりも身体が軽く、他のピクミンよりも高い高度で投げ飛ばす事ができる。従来では届かない高さにある物を取ったり、背の高い原生生物への攻撃も比較的容易に行う事が出来、ある意味電気耐性よりも有名な特徴となっている。
「3」では一切の高さを無視できる羽ピクミンが登場したが、高所へ飛びつくスピードはこちらの方が上である。

「1」では唯一バクダン岩を扱える

「1」では唯一、爆発寸前の凄まじいエネルギーを秘めた石「バクダン岩」を持ち運ぶ事が出来るピクミンであり、上手く扱えば岩石の壁を破壊したり、原生生物に喰わせて大ダメージを与える事が出来る。ただし黄ピクミン自体に爆発耐性があるわけではないので、当初は操作の要領を誤り爆死させてしまったユーザーも多い事だろう。

「2」では出てくるバクダン岩が彼らでも扱えない大型の物ばかりとなり、「3」では他のピクミン達も扱えるように進化したため、この個性は消失した。
また他と比べると地味だが、バクダン岩やメモデータが隠された縦穴を掘る際のスピードがやや早いという特徴も持っている。

関連イラスト

黄ピクミンの生態
ピクミンと敵
お昼寝
なんかもふもふしたいの



関連タグ

ピクミン ピクミンシリーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「黄ピクミン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34595

コメント