ピクシブ百科事典

紫ピクミン

むらさきぴくみん

ピクミンシリーズに登場するピクミンの一種。
目次[非表示]

概要

「2」の序盤でオリマーが発見する事となった色のピクミン。花の色はピンク。
ずんぐりとしたふとましい体系をしており、頭には毛の様なものが数本まばらに生えている。
その外見どおり大らかでマイペースな性格をしている。

オニヨンは発見されておらず、地中奥深くに咲く紫色のポンガシグサにピクミンを投げ入れることでのみ増やす事ができ、出し入れする待機場所もドルフィン初号機のコンテナとなっている。

他のピクミンに比べ電気のどれに対しても耐性を持たない事や絶対数が少ないため、そういったフィールドでの扱いには注意が必要なピクミンだが、意外なところでその力を発揮する。
ピクミン3ではストーリーモードには登場せず、チャレンジモードとビンゴバトルで出会うことができる。

特徴

力持ち

他のピクミン10匹分のものを持ち上げて運ぶ力があり、チャッピーのような大きな獲物も一匹の紫ピクミンで運ぶことが可能。「2」に存在する重さが100を超えるお宝は事実上紫がいなければ持ち帰る事が出来ない他、運ぶピクミンが足りない時の数合わせにする使い道もある。

また、ほんのわずかだが赤ピクミンより攻撃力も高く(公式で明かされたのはスマブラXのフィギュア解説が初)、下記の特性もあって戦いでも活躍できる。

重たい

他のピクミン10匹分の重量を持ち、投げつけて落ちる際に強烈なダメージと震動判定がある。紫ピクミンは、その重さが最大の武器と言える。

  • チャッピー系の敵は、連打しているだけで倒すことができる。身体が燃えていて赤以外は直接攻撃できないヤキチャッピーにもダメージは与えられる。
  • ダイオウデメマダラケメクジなどの弱点部位以外にも激突でダメージを与えることができ、攻略難易度が一気に下がる。
  • 空中に浮いている敵は、こいつをくっつけると重みで地面に落とせる。そこから連打すると、再び飛ばせることなく倒せる。
  • 落下ダメージを与えるとたまに敵が震動で気絶して動かなくなるので、連打していれば大体倒せる。連打で倒せないのはボスくらい。
  • 地味にホーミング機能があり、たまごや敵に対して投げるとある程度誘導され出来る限り真上に落ちるようになる。

上記のスタン性能や攻撃力に加え、この特性もあるため実は対原生生物には最強だったりする。以上のことからは一部から「2のバランスブレイカー」とも言われている。

また、重いということで連想出来る人は即思いつくだろうが、実は風に耐性があり、フーセンドックリ等の息を受けても全く怯む事がない。その他、乗せたピクミンの重さによって稼働するシーソー式の仕掛け等を攻略する時にも効果を発揮する。

ただしその重さ故に、軽い黄ピクミンとは対照的に投げた時の飛距離に乏しく、ほぼ真横にしか飛ばない為、上述の圧し掛かり攻撃も大きな相手には効き辛い事が多い。また、バクダン岩にこいつを投げると衝撃で即爆発する。要注意。

足が遅い

紫ピクミン最大の弱点。太った身体故か、移動スピードが他のピクミンと比べてもかなり遅く、紫の花ピクミンより白の葉ピクミンのほうがはるかに速い。
その為、重さ10の獲物を持ち運ぶ場合でも、1~10匹の紫より他のピクミン10匹を導入した方がはるかに効率的なケースも多い。バトルの際も敵の攻撃から逃げきれない事がしばしばで、上述の凶悪な攻撃性能を持つ反面、回避や防御には全く向いていないと言える。

特殊な敵への対抗力

他のピクミンがパニックに陥ってしまう、タマゴムシという原生生物が放つ匂いに動じない特性があり、逆に圧し掛かり攻撃で一掃する事が出来る(また、キノコの胞子にも強そうである)。
また、紫ピクミンがいないと倒せないボスが存在する。

関連イラスト

紫ピクミンの生態
紫ピクミン
ピクミン



関連タグ

ピクミン ピクミンシリーズ ボケナメコ:元祖紫色ピクミンの親

pixivに投稿された作品 pixivで「紫ピクミン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49332

コメント