ピクシブ百科事典

キャプテン・オリマー

きゃぷてんおりまー

キャプテン・オリマーとは、『ピクミン』シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

pixiv内では略称である「オリマー」のタグの方が多く使われている。

人物

ピクミン」及び「ピクミン2」における主人公。「ピクミン3」でも重要人物として登場。名前の由来は、「マリオ」をそのままひっくり返したもの。

ホコタテ星のホコタテ運送の社員。星から星へ行き来するという忙しい毎日を送っており、自宅に帰れない日々が続いたという。下記を見れば分かるように苦労の絶えない人物ではあるが、並々ならぬ適応力と統率力でいくつものピンチを切り抜けている。

また、ピクミンや原生生物等を観察し絶えず記録をつけたりと研究熱心な一面もあり、サバイバル生活をどこか楽しんでいるようにも感じられる。3ではルーイの失態に対しても「彼を許してやってくれないか」と庇ったりと、人柄の良さも見せた。実は音痴であり、ある日を境に誰にもカラオケに誘われなくなったらしい。しかし本人に自覚はない。

いわゆる無口系主人公に近い性質を持っており、シリーズ中で明確に喋る場面はほとんど存在せず、レポートや日誌から彼の口調を大方察する事ができる。しかし、3の終盤におけるムービーと「秘密のメモ」を集めることで見られる隠しムービーでは普通に喋っており、上記のセリフなどを発言している。

経歴やホコタテ星での生活についても作中では直接描かれることがないため不詳な部分が多い。航海日誌などの記述、『2』『Hey!』における原生生物やお宝に関するコメント等でときおり断片的に自身のことに触れている。妻と娘と息子、それとペット(ホコタテ星の動物)と暮らしている。
原生生物や宇宙船のパーツ、お宝に関してのコメントは非常に細かく専門的な考察をしており、教養の広さをうかがわせる。一方で宇宙船パーツのガイガーカウンターが何なのかわかっていない、『Hey!』で拾った絵の具を珍しいおやつだと思って食べる、など時々ヌケている部分もある。

容姿

オリマーさん&赤ピクミン


身長はたったの3cm。黄色い宇宙服。背中には赤い生命維持装置。頭にアンテナ付きのヘルメットを付けている。
一目見て、誰もが思うのがかわいいであろう。しかし、彼が妻子持ちの40代ということは忘れてはいけない。そういえば他の任天堂ゲームにもこんな感じのキャラがいたような・・・

シリーズにおける活躍

初代

有給休暇を使った気ままな宇宙旅行の途中、隕石と衝突してしまい、未知の星に墜落してしまう。
宇宙船の多くのパーツが行方不明となり、さらにこの星の大気ではホコタテ星人は呼吸できないのに宇宙服の生命維持装置は30日ぶんしか使用できない。
絶望感が漂う中、偶然にも引っこ抜いた人物に従う不思議な生物「ピクミン」と出会う。
機転を利かせたオリマーは、ピクミンの力を借りて現住生物を倒したり道を作りながらパーツを回収し、宇宙船ドルフィン号を修復して無事帰還することができた。(ただしバッドエンドでは…)

ピクミン2

新人社員のルーイが仕事中、宇宙ウサギに積荷のゴールデンピクピクニンジンを食べられたことから、ホコタテ運送は多額の借金を抱えてしまい、オリマーのドルフィン号は借金のかたとして売り飛ばされてしまった。
そして、子供の土産に未知の星から持って帰ってきたものがドルフィン初号機の鑑定で100ポコの価値(オリマー曰く高級料理がいくらでも食べられる)があるとわかり、社長はオリマーとルーイを未知の星に宝探しに行かせる。
宇宙船を借金のかたに売り飛ばされ、さらには帰還したと思ったらまた逆戻りと、不幸体質である。
借金を返済した後も、星に置き忘れてきたルーイを連れ戻すという建前で荒稼ぎしたい社長に連れ回されるはめに。

ピクミン3

チャーリー達がやって来るより前に、ルーイと共に未知の惑星へ三度目の探索へと訪れていた。
原生生物にドルフィン初号機を破壊されたり、アメニュウドウに軟禁されて助けが来るまで延々と愛でられ続けたりと、彼の受難は続く。

Hey!ピクミン

新型のドルフィン号「ドルフィン2号機」に乗って運送の仕事に復帰している。
一仕事終えてホコタテ星に帰ろうとワープ航法を作動させたが、何らかの理由でワープが誤作動し、ピクミンのいる星付近の小惑星帯に転移してしまう。
突然見知らぬ小惑星帯に放り出されたために無数の小惑星を回避しきれず、ドルフィン2号機を破損させてピクミンのいる星に不時着する。
事故の際に宇宙船のエネルギーと宇宙船の一部のパーツを失っており、またもやピクミンの力を借りてそれらを探す冒険に出た。

スマブラにおけるオリマー

スマブラXより、ピクミン&オリマー名義で新規参戦。
参戦キャラの中で最も低身長である(これでも原作(3cm)よりかなり大きくなっているが)。
攻撃手段となるピクミンをひっこ抜いて戦う。最大6匹まで連れ歩くことが可能。
当然ながら、数が多いほどワザの威力やリーチも強力となる。
一方でピクミンを連れていないと殆どの攻撃技を全く出せないというスマブラの中でもクセの強い性能を持つ。

最後の切りふだは「一日の終わり」。
オリマーがドルフィン初号機に乗り地表を離れると、原生生物が現れ地上にいるキャラにダメージを与える。最後はドルフィン初号機が墜落し、相手を吹っ飛ばすという技。

亜空の使者ではキャプテン・ファルコンと行動を共にしたことから、彼と描かれることも多い。→ふたりはキャプテン

キャプテンきゃぷてん



そして最新作であるスマブラ3DS/WiiUでも、ピクミン3の主人公チームを差し置いて続投が決まった(後に色替えとしてアルフの参戦も決定している)。

参戦おめでとう!
参戦!!


今作ではピクミンの引っこ抜く順番が固定となった(赤→黄→青→白→紫→赤…)。
また一度に連れて行けるピクミンが3匹までとなり、スマッシュ攻撃発生の鈍化や硬直が増えるなど、前作より弱体化している。
その代わり復帰技は羽ピクミンに運んでもらうという技に変わり、復帰力は向上した。(羽ピクミンに運んでもらうシーンは後に『Hey!』にも採用されている。)

ピクミンごとの特徴として、

  • :火属性に強く自身も火属性を持つ、攻撃力が高い、空中攻撃が一番強い、投げの威力がやや低い
  • :電撃属性に強く自身も電撃を帯びる、ピクミン投げで山なりに飛ぶ、攻撃範囲がやや広い、判定が非常に強い
  • :水で溺れない、投げが一番強い、耐久力がやや高い、水属性に強い
  • :足が遅い、攻撃力が高い、ピクミン投げで貼り付かずにぶつかる、スマッシュが一番強い、ピクミン投げやスマッシュやつかみのリーチが短い
  • :闇属性、足が速い、ピクミン投げやつかみ攻撃が一番強いがそれ以外は弱い、耐久力が一番低い
となっている。羽ピクミンは『for』での上必殺ワザでの登場で、岩ピクミンは登場しない。

関連イラスト

ピクミン生活。
横たわる


オリマーさんとピクミン
ピクオリ!


に沿ってを歩く
reaching up



関連タグ

ピクミンシリーズ ルーイ 社長(ピクミン)
スマブラ スマブラX

オリマー←表記揺れ

pixivに投稿された作品 pixivで「キャプテン・オリマー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66465

コメント