ピクシブ百科事典

酸素

さんそ

地球上の生物達の呼吸で必要な、元素の1つである。
目次[非表示]

概要

酸素は、化学物質の一種で元素名でもある。英名は、「Oxygen」と言う。原子番号は8。大気岩石に多く含まれ、地球表面の元素の4分の1を占めている。
様々な元素と結びついて新しい化合物を生成しやすい(反応性が高い)。後述する燃焼も酸素の反応性の高さによるものである。

主な存在形態は、気体としての酸素(O2)、(H2O)、二酸化ケイ素(SiO2)である。大気中には窒素を除いた大部分が酸素で、体積の21パーセント、質量で23パーセントを占める。
このほかオゾン(O3)や二酸化炭素 (CO2)も酸素の存在形態として知られる。
リン酸といった化合物にも酸素が含まれ、生物が生命を維持していくうえで不可欠の物質となっている。

ヒト動物植物呼吸するのは酸素を補給するためである。酸素は主にミトコンドリアの中でエネルギーを産生するのに用いられる。

危険性

は酸素が存在することで燃焼する。火を消す方法の一つが酸素を遮断することである。高濃度の酸素環境下では可燃物が極めて発火しやすくなり、爆発的に燃え広がるので危険である。

人間が1気圧で酸素100%の気体を吸入しても一時的であれば問題はないが、高分圧、すなわち高圧かつ高濃度の酸素を吸入すると酸素中毒を発症する。

関連タグ

窒素 アルゴン 水蒸気 二酸化炭素 ヘリウム
光合成 活性酸素
オキシジェンデストロイヤー - 『ゴジラ』に登場した架空の薬品兵器。酸素を破壊する効果がある。

外部リンク

関連記事

親記事

元素 げんそ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「酸素」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 187998

コメント