ピクシブ百科事典

ドルフィン初号機

どるふぃんしょごうき

『ピクミン』シリーズに登場する宇宙船。人工知能を有しておりナビゲーターとしても活躍する。
目次[非表示]

概要

CV:戸高一生

ピクミン2で初登場した二人乗りの宇宙船。前作「ピクミン」に登場したドルフィン号の旧型機にあたる。
人工知能を有しており、感情を持ち合わせている。基本的には真面目な性格だが、同時にやかましいぐらいのおしゃべりでもあり、オリマーからも「いつも騒がしい奴」と評されている。興奮したり拗ねたりすると台詞がカタカナになる。
ホコタテ運送の創業時からある宇宙船であり、若かりし頃の社長と共に宇宙を飛び回っていた。

性能

外見は古ぼけており、ドルフィン号と比べると着陸が若干大雑把。ピクミンの惑星に初めて到着した時には木にぶつかってルーイを落とすというドジもやらかしている。
一方で、オニヨンの無い白ピクミン紫ピクミンを船内に収容したり、回収したお宝を鑑定したり、一部のお宝から宇宙服のサポートパーツを作成することもできるなど、総じてドルフィン号よりも多機能である。
回収したお宝に名前を付けているのもドルフィン初号機である。フィーリングで売れる商品名を考えているとのことだが、ソーセージに『欲棒』と名付けたり、錆びた歯車に『社員の手本』と名付けるなど、名付け方が所々黒い

先端部は分離して『探査ポッド』として独立飛行させることが可能であり、地下洞窟に潜る際にはこれでオリマー達に同行する。探査ポッドだけでもお宝の回収は可能であり、いざというときにはお宝を手放す代わりにオリマー達とピクミンを連れて地上に脱出することもできる。
地下洞窟で倒した原生生物の死骸を回収して換金することも可能だが、機械らしく虫(バグ)を嫌っており、回収すると文句を言ってくる。バグズ・キングダム(リンゴ)や虫よせクッキー(クッキー)等の虫が集まりやすいお宝を回収するのも本当は嫌らしい。(それでも一応回収はしてくれるがセールストークで「早く持ってって!」などと言っている)

オリマーがお宝のレポートに探検の記録ばかり書くことを見越していた社長からお宝のセールストークを考えるよう命じられており、1ジャンルのお宝をコンプリートするとドルフィン初号機によるセールストークが見れるようになる。
また、借金の返済を完了させるとボディが黄金になる。

……のだが、三度目の探索では以前のボロいデザインに逆戻りし、さらに惑星に到着した後に原生生物に破壊されるという憂き目に遭う。
ストーリー終盤にてオリマーを救出した後も回収された様子はなく、続編の『HEY!ピクミン』でオリマーがドルフィン2号機に乗っていたことから恐らく惑星に放置されたものと思われる。

関連タグ

ピクミンシリーズ ピクミン2 ドルフィン号(ピクミン)
キャプテン・オリマー ルーイ(ピクミン) 社長(ピクミン)

関連記事

親記事

ドルフィン号(ピクミン) どるふぃんごう

pixivに投稿された作品 pixivで「ドルフィン初号機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4402

コメント