ピクシブ百科事典

ノーズアート

のーずあーと

航空機の機首近くにペイントされるイラストのこと
目次[非表示]

概要

戦闘機爆撃機といった軍用機の機首(またはそれに近い場所)に施すペイントの総称。愛機への愛着心、げん担ぎ、戦意高揚、威嚇行為などさまざまな理由でイラストが描かれた。

半裸だったり下着姿だったりするセクシーな女性が描かれることが多く、過激になりすぎたために絵を消したり服の絵を上書きして裸を隠すように命令が出たこともあった。
酷い例ではベトナム戦争時には空中給油口に股間がくるように描かれた全裸の女性が描かれて物議を呼んだこともあった。(空中給油では燃料を補給することが授乳に例えられたり、フライングブームを給油口に差し込む給油方法では性行為に例えられる事があるため。ちなみに今でもある

威嚇行為として描かれるペイントに鮫の口を描いた『シャークマウス』が有名。特に低空侵入が多い攻撃機に好んで描かれた。

ちなみに日本では・・・

第2次大戦中の日本でもノーズアートが描かれたことはあったが、そのほとんどが戦意高揚目的であるため、欧米のようなセクシー路線ではなかったが、当時人気だった漫画のキャラ(フクちゃんのらくろ)が描かれていたりしていた。(ちなみにドイツではミッキーマウスが描かれたりもしていた)

そして時は流れて航空自衛隊となり・・・

各部隊の飛行技術を競う戦技競技会いわゆる戦競では、各部隊ごと戦闘機に個性的なマーキングを施すことがひとつの名物であるが、その中に、ミスティックイーグルと呼ばれるノーズアートシリーズが有名。これは、空自出身のデザイナーがデザインした戦乙女が描かれた当時百里基地所属のF-15(現在は那覇基地所属)であり、1994年から11年間描かれ続けた。
また、有名漫画家によってデザインされたノーズアートも話題を呼んだ。

ちなみに1996年の戦競において、なにを血迷ったのかRF-4Eああっ女神さまっの主役女神3柱が描かれた。まさにコレの元祖である。

陸上自衛隊でも

陸上自衛隊木更津駐屯地の東部方面航空隊・第4対戦車ヘリコプター隊はAH-1OH-1等に木更津茜らオリジナルキャラクターがラッピングされた。
戦競のような競技用に描かれたのではなく、航空祭の展示用であった。

関連タグ

戦闘機 爆撃機 攻撃機
痛戦闘機 痛機 アイドルコンバット

pixivに投稿された作品 pixivで「ノーズアート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 300025

コメント