ピクシブ百科事典

哨戒機

しょうかいき

哨戒機とは、軍用機のカテゴリーの一つである。
目次[非表示]

概要

元々は「対潜哨戒機」…つまる所が「敵の艦船、特に潜水艦を探し出し撃退するための航空機」として誕生したものだが、最近では潜水艦の捜索・撃退に限らず様々な任務を行うようになったため「対潜」が外れて単純に「哨戒機」と呼ばれることが多くなった。
その特性上から主に海軍が使用する軍用機である。
対潜水艦能力をオミットされたものもあり、これらは「洋上監視機」と呼ばれる。主に発展途上国で使われる事が多い。

ちなみに、ぶっちゃけるといまどきの哨戒機は言わば「海のパトカー」みたいなもんである。(敵艦船の捜索・撃退はもちろんのこと、不法入国者の阻止・不審船の捜索及び阻止・麻薬などの違法な薬物の密輸阻止・海賊の取り締まり・テロ組織の取り締まりなども行っている)

(対潜)哨戒機の主な特徴

「潜水艦を始めとした敵艦船を捜索・撃退する」のが第一任務であり、このためにレーダー・センサー系は非常に充実している。

  • 電子機器が飛んでいるような飛行機
各種のレーダー・センサーで得られた膨大な情報を処理するため、コンピュータなどの電子機器も高性能なものを多数搭載している。コンピュータが飛んでいるとはよく言ったものである。ぶっちゃけ、「哨戒機の性能は飛行性能よりも電子機器(の拡張性)がモノを言う」ってくらい。さらに自律航法装置や通信機も充実しており、自己完結性が高い航空機でもある。

「敵艦船を捜索する」という任務が主なので、高速で飛行するよりも「低速で長時間滞空可能」という性能が求められる。
日本軍の対潜哨戒機「東海」は、ある意味これの行き着く先と言っていい(巡航速度は130km/h程度に抑え、その代わり滞空時間をむちゃくちゃ長くした)。
但し敵戦闘機の妨害を考えると、最高速は決して無駄とはいえない(P-1の開発理由にも、「現行のP-3Cでは敵戦闘機を振り切ることが難しい(そのため4発ターボファンエンジンを採用した)」という側面がある)。
これらの特性から、旅客機をベースとした哨戒機が開発されることも少なくない。(旅客機は『人や荷物をいっぱい積めるスペースがあって、ゆっくりでも長く飛べる』という特性なので哨戒機に転用するには丁度いい)

主な哨戒機


関連イラスト

The first actual S-3 squadron


「世界でもっとも醜い航空機」
這いよれ!哨戒機さん



関連タグ

航空機 飛行機 飛行艇 ヘリコプター
軍用機 偵察機
潜水艦
レーダー コンピュータ

pixivに投稿された作品 pixivで「哨戒機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16967

コメント