ピクシブ百科事典

変態企業

へんたいきぎょう

変態企業とは、企業に贈られる最大級の賛辞であり、称号である。ここではアーマードコアの用語と分けて解説する。
目次[非表示]

変態企業とは(元義)

ACシリーズの中でも他の企業に無い特異なパーツや特殊兵器を製作する企業。
ここではある分野に特定の強み(アイデア、愛、技術、熱意etc)を持つ企業や、個性が非常に強い企業を纏める。
実在・架空を問わない。

実在の変態企業

国内企業


電機・機械

  • アルパイン(カーオーディオメーカーだが車内用ゲーム機OEMを受託してしまった)
  • 富士通(親指シフトなどのワープロ関連や、携帯電話関連)
  • 秋月電子通商(PICを中心としたマイコン技術関連、出処不明の3G通信モジュールシャープ純正のIGZO液晶パネル等のどういうルートで仕入れてきたかすら謎な商品の取り扱い)
  • エイビット(ABiT)携帯電話関連のインフラ機器のほか通信モジュールを開発しているメーカー。乾電池で駆動する据え置き固定電話型の携帯電話などの強烈な個性を放つ通信機器を多数開発、販売している。なんと企業アイデンティティが「変態」
  • ツインバード(防水AV機器に於ける圧倒的なシェア、時々出すビックリドッキリ家電)
  • オリオン電機(一言で言ってしまえば家電版トーセ
  • ソニー(想像を絶する多角的事業の数々。ゲーム部門のSCEIゲーム機も開発しているが、どちらかと言えば専用のゲームも遊べるメディアプレイヤーとしか言えないようなハードばかり出している。特に久夛良木健就任時代はその傾向が強く、現在ではメディアの主流になっているBlu-rayディスクの再生機能をPS3に付けてしまった。他にも踊るスピーカー(Rolly、BSP60)やミニコンポとPCとDVDプレーヤーとHDDレコーダーを融合(BitPlay)したりBluetoothスピーカーとLED電球を融合する斜め上の発想までやってのける)
  • 日立製作所(家電や重電事業で知られるが、実は鉄道車両製造においては右に出る者は居ないメーカー。何と一社だけで車両ほぼ全てのパーツを製造出来てしまう。他にも昔はセガと共にゲーム機も製造していた。(Hiサターン、ドリームキャストなど))
  • パナソニック(規格外の長持ち電池エボルタ3DO、レッツノート)
  • 日立建機(通称「ガンダム建機」と呼ばれる双腕作業機「ASTACO」シリーズを商品展開。大相撲力士遠藤関の化粧回しにもあしらわれている)
  • 株式会社エルプ(アナログレコードレーザーで読み取れる専用プレイヤーを開発。)
  • マイコンソフト(かつてはゲームソフト移植技術。現在はテレビゲーム機RGB出力への異常なこだわり。とうとうHDMI地デジRF出力に変換する試作品まで出展した。)
  • サノヤスホールディングス(巨大観覧車命、本業の造船でのTVCM「造船番長」「造船係長」)
  • 泉陽興業(巨大観覧車命、遊園地機器の技術を転用しAGT開発)
  • 川田工業(橋梁製作の傍らでロボット作り)
  • 三菱重工業(戦闘機、リニア新幹線)
    • というよりも三菱グループ全般(ローソンもそうだし過去の三菱自動車といい。なにより三菱重工業自体が元祖変態企業の有澤重工のモデルでもある)


交通

  • 西武鉄道(そもそも下記セゾングループの親戚筋に当たるここからして「無いなら自分で作ってしまえ」→作るというのが当たり前だった(西武園が代表例)。現在ではアニメコラボに躍起になったり、メイド·執事トレインを走らせる始末)
  • 東京メトロ魔改造で50年間使い倒すのが基本の会社。しかしその魔改造の質が意外にも高い、駅乃みちか
  • 東武鉄道 (魔改造、634mという日本最長の建築物で世界でも最大の自立式鉄塔東京スカイツリー、鉄道擬人化キャラクターの先鞭を切った姫宮なな栗橋みなみ等のキャラクター、けものフレンズの企画を自らの所有する東武動物公園で開催)
  • 近畿日本鉄道ビスタカー、広大な路線網から産み出される初見殺しの車両形式)
  • 京成電鉄(160km/h運転のスカイライナー、「あの」オリエンタルランドの母体、京成パンダ)
    • 新京成電鉄(魔改造、準大手にも関わらずVVVF100%化を早期に達成)
    • 関東鉄道(茨城県内の広大なバスネットワーク、メガライナー、どう考えてもローカル私鉄気動車のそれとは思えない装備の2000系列気動車)
    阪急電鉄小林一三による経営手法。超特急燕を追い抜く、日本の鉄道会社の多角経営の先鞭をつけるなど、その功績は数知れず。創業時から車両の塗装はマルーン一色を(最近は屋根およびクーラーをアイボリーで塗装するようになったとはいえ)守り抜くという、伝統を重視する会社でもある)
  • 阪神電車ジェットカーTOKIOとのレースは必見)
  • 京阪電気鉄道初代3000系付随車のダブルデッカー化魔改造、M車とT車で違う台車を使い分けるなど台車の研究施設となっている
  • 京浜急行電鉄(独特なダイヤ構成。主に逝っとけダイヤ、浦賀サイドターンなど。マスコットキャラクター。地元羽田ゆかりでセガトレインを企画)
  • 小田急電鉄(ロマンスカー、比較的独特なダイヤ構成)
  • JR西日本新快速、魔改造および末期色etc.福知山線脱線事故まではJRグループの中では最も斜め上を行く暴走会社だった)
  • JR九州(主にデザイナー・水戸岡鋭治のせい)
  • JR貨物(国鉄末期〜民営化後の貨物インフラ削減により、旅客鉄道の隙間を縫って過密運行をさばく技術が変態的に発展。前代未聞の貨物電車M250系など)
  • 相模鉄道 (直角カルダン、外側ディスクブレーキ等の独自性の高い車両)
  • 近江鉄道ありえんレベルの魔改造、キメラなど)
  • 名古屋鉄道(『迷鉄』と呼ばれるほどの無茶振り。特に名鉄名古屋駅)
  • 高松琴平電気鉄道(特に前身の琴平電鉄。設立時周囲私鉄が狭軌低電圧の地方軽便であった中で都市圏用の標準軌高電圧施設を田園地帯に設置、讃岐の阪急を自称し目指す、極めつけは琴電11000形。平成になってもJR四国よりも先にIruCaを作るなどドコか斜め上)
  • 沿岸バス
  • ウィラーアライアンス(ツアーバス出身のバス会社。ツアーバスが法規制を食らったらあっさりフルスペックの路線バスに転身する身軽さ、格安から超豪華まであらゆる形態のバスを取り揃える)
  • スターフライヤーPVなくはないです。・機内安全ビデオのナレーションが子安武人だったり、忍者をモチーフにしたものだったりと奇天烈極まりない)


自動車

  • カワサキ(カワサキか…
  • スズキ(特に二輪車部門)→鈴菌
  • ヤマハ発動機 主力の二輪製品は割と堅実だがトヨタ2000GT、OX99-11、レクサスLFAなど四輪製品に変態性が見受けられる。
  • 本田技術研究所・本田技研工業(二輪・四輪・汎用製品・航空機などどの事業分野にも強烈な個性を感じさせる。近年では萌えキャラも登場(MMDモデルも配信していた)し、コミックマーケット参加および初音ミクとのコラボ(Honda史上、最高にミク)など萌え方向へ暴走してしまっている
  • ってか日本の二輪メーカー全般
  • スバル(富士重工)(水平対向エンジン・軽自動車用四気筒エンジン・農道ポルシェなど)
  • トヨタ自動車・トヨタ自動車東日本(「無難」の一語に尽きる、つまらないクルマを山ほど作る傍ら、センチュリー、オリジン、初代エスティマ、セラ、初代プリウスなど「日本らしさ」を強烈に感じさせる、他のメーカーには類を見ないクルマを多く手がけている。公式が病気なコラボを実施していたりもする(アクアのCMなど)。最近はエンジニアがNHKの番組に出演し、犬のオモチャを魔改造して化け物を生み出す(その名も魔獣キングスパニエル)などの変態ぶりを見せている。ちなみに見た目はともかく走行性能は結構ガチで、トヨタグループの持てる技術が色々と詰め込んである。見た目はともかく。
  • マツダロータリーエンジン、ロードスターほか)
  • というか軽自動車メーカー全般
  • メルセデス・ベンツ日本法人(アニメCMやマリオカート8とのコラボなど、いろんな意味でこの国にどk・・・「郷に入っては郷に従え」をしている模様)


流通小売

ってか日本のHC·家具業界全体が軒並み濃いとこばかり。競合が非常に激しいので強みが前面に出やすい


食品


おもちゃ・ゲーム


その他

  • TOTO(便器バイク)
  • テレビ東京(災害や深刻な事件、国会中継などの緊急事態が国内で起こっている時でもブレずにバラエティ番組アニメなどを流し続けている。一部のユーザーからは「安定のテレ東」「俺たちのテレ東」などと呼ばれる事も。テレ東伝説も参照)
  • サンリオ(一見すると日本有数の万人向けコンテンツホルダー…かとおもいきやあからさまに大きなお友達を狙った商品やシリーズを出したりそもそも何故思いついたのかとしか言えないキテレツなキャラクターを生み出したりと暴走例多数)
  • 竹書房(掲載漫画をネタにした悪ふざけ多数。最も知られているものではポプテピピックで竹書房本社を破壊する場面をポスターにしたこと。メディア展開も独特なものが少なくない)
  • バーグハンバーグバーグ・サイトに行けばわかる日本一ふざけた会社こう見えて

ホンダとコラボしたことがある

  • 面白法人カヤック・給料はサイコロで決めてます
  • LIG社長を砂浜に埋めた

営利法人以外の変態企業

政府、地方自治体及びその外郭団体は→役所が病気へ。

  • NHK(時々国営放送ではないことを間違った方向でアピールしたがる。いわゆるNHKの本気

アメリカ合衆国の変態企業


その他の国の変態企業

  • スホーイSu-27とその発展系の変態挙動)
  • BBC(日本のNHKに輪をかけて変態な英国の公共放送。当該記事およびTopGearなどの記事を参照)
  • レア社(常識無用の超展開、メタ発言の宝庫、効果音を組み込んだ質の高いBGM。放屁・排便音声さえ容赦なくBGM素材にする)
  • 幻萌网络yostarなどいわゆる「中国製日系ゲーム」開発企業(詳細は当該記事を参照)
  • 上海ライオンロア(グレートウォールホビー
  • エミレーツ航空(新型機を突如として大量発注したりする、航空業界認定の「何をしでかすかわからん奴」。ちなみになぜかB747だけは旅客用として使っていない
  • ブリストル自動車クルマ界の近江鉄道で大体説明できる)
  • クルップティッセンクルップ80cm列車砲ラーテの主犯格。そして大砲への異様なこだわり。リアル有澤重工
  • ニュージーランド航空(上記スターフライヤーがまだまともに見える奇天烈極まりない機内安全ビデオ)
  • DUCATI(市販車にもレース向け機構を組み込む)
  • ASUSスマホタブレットノートパソコンの三段合体変形スマホ、デスクトップ向けCPUを搭載したノートパソコン、Atom搭載スマホ「Zenfone」などの変態コンピュータ製品。マニアの間では『ASUSのマシンは2つに1つは変態製品になる』との評)
  • メタルストーム(ロマンあふれる仕様の銃火器)
  • CCP Gamesアイスランドが生み出した、稼働から16年以上経過するMMORPGEVEONLINEを運営し続ける老舗。しかし他のヒット作に恵まれない。


昔は変態企業「だった」企業

昔は変態企業の名にふさわしかったが、今では時代の変化やリストラで遊び心を失ってしまっている会社。※ただし、今もなお隠し持っている可能性も否定出来ない。

  • 西友良品計画、パルコなどセゾングループ系企業(堤清二率いる「セゾン文化」は80年代に一世を風靡し、その後の日本の文化に絶大な影響を与えた。但し西友に限っては、近年もTVCMや店内のPOPで大暴走しているような…
  • シャープX68000・百鬼夜行の合体家電等々。経営再建途上だが、最近は公式Twitterアカウントが荒ぶっている気がするが気のせい)
  • 東芝(ひところはHDDの小型化に異常に情熱を燃やしていた。フラッシュメモリや永久磁石同期電動機、CELLなどといった独特の技術も所持していた)
  • ナムコ3DCG。現在はNBGIに引き継がれている)
  • ハドソン(当時のゲーム機では移植不可能と見られた『R-TYPE』のPCエンジンへの移植・一部ゲームに下ネタ、さくまあきらのゲーム群など。倒産後、現在はコナミに売却され事実上消滅した。)
  • コナミ(横STG、恋愛アドベンチャーにおいて革新的な作品を制作。演出を最大限に活かした作品も多数制作。ときめきメモリアルのヒロインをバーチャルアイドル化した功績もあり、桃井はるこがデビューする発端となった。音ゲーではbeatmaniaがジャンル成立に寄与。今でも音ゲーののクリエイター陣は男の娘キャラクターのRchecubeliaの設定と漫画、DAISUKE、永谷園とのコラボとやりたい放題。パワプロクンシリーズの下ネタ(弾道が上がった)、エロ描写、トラウマイベントに定評がある)
  • トレジャー(コナミのSTG及びアクションゲームの技術をベースに、さらに発展させた爆発演出や回転機能やポリゴンを用いたゲームを制作。コナミ同様、CPUの性能や演出を最大限に活かしており、ゲーム性に至っても本家コナミに勝るとも劣らない歯ごたえのあるゲームになっている。現在は移植や他社のゲーム開発が中心。)
  • アイレムソフトウェアエンジニアリング(下ネタ、消化しきれない設定、突拍子も無い選択肢、無駄な自由度、そしてエイプリルフール。2011年にはゲーム事業を大幅に縮小し、それに伴い一部の社員は他の企業へと離散。かつてファンを賑わせた公式サイトもお堅い内容となり、これらのネタの数々も過去のものとなったが、その独特のノリはアイレムの元社員が起業したグランゼーラに受け継がれている)
  • (旧)データイースト(奇怪でふざけすぎた設定でインパクトはありながらも、ゲームは大味すぎるテイストとギャップが激しい、所謂デコゲーと呼ばれるバカゲーで一世を風靡した。残念ながら現在はゲーム会社としては倒産。)
  • コンパイル(社長の暴走、時代を行きすぎた経営手法、ぷよぷよ、魔道作品に至っては強烈なネタの多いキャラの数々シェゾ・ウィグィィサタン様など。現在は版権やスタッフが事実上の後継企業のコンパイルハート、アイディアファクトリー、セガのぷよぷよ部門(ソニックチーム)、ノーツの武内崇といった形で受け継がれた)
  • 日産GT-R、一昔前はレースに勝つためなら文字通り手段を選ばなかった 日立製作所の兄弟会社でもある。)
  • 三菱自動車
  • JR北海道(かつての苗穂工場・柿沼博彦。現在は経営危機で一切の新規技術開発を凍結)
  • アップルジョブズが戻ってくる前まで)
  • IBM・日本IBM(ThinkPadなど。日本IBMは外資系だが、かつては独自色が強かった)
  • SAAB(ドラケンビゲン
  • シトロエン(ハイドロニューマチックなど。プジョーとの合併後は平凡な会社に 過去にゲームコラボで制作した車を販売しようとした。 その後販売中止になったが、可動状態の実車が存在する。)
  • ブローム・ウント・フォス(左右非対称のBv141を筆頭に奇怪な航空機をこれでもかというほど作る。大体リヒャルト・フォークト博士のせい)

過去に存在した変態企業


アニメ・ゲームなどの作内における架空の変態企業

アーマード・コア だいたいこいつらのせい。


ガンダム


SCP_Foundation


その他

  • TEAM R-TYPE(R-TYPE)(厳密には企業ではないが、斜め上の発想で設計された兵器群は正しく変態企業の所業である)
  • アンブレラ(バイオハザード)(バリエーションが多いB.O.W.生体兵器群)
  • ブラド・コングロマリット(メタルマックス)(ゆりかごから墓場まで、殺人兵器から病院までをモットーにありとあらゆる産業に節操無く手を伸ばしていた。風力発電のような無難なものから、戦争ではなく反体制派弾圧のために戦車を開発して販売していた事などが挙がる)
  • 東亜重工(弐瓶勉作品)(作品によって役割は違うが、総じてミステリアスかつ規格外)
  • 北崎重工(佐藤大輔作品)(作品によって社史は違うが、総じて航空宇宙分野でNASA以上に活躍。どういう伝手かノースロップから試作爆撃機を自社開発製品の試験機として入手していたりする)
  • ファクトリーアドバンス(フレームアームズ・ガール)(人工自我(AS)や人肌を再現できるプラスチック製ナノマシンなどの革新的技術を、100%娯楽分野目的で保有している。スピンオフ「カナガタ・デイズ」では金型に高度なAIや飛行機能を積むという謎過ぎる行動に出た)


関連タグ

企業 変態 枯れた技術の水平思考
英国面:上記変態企業の心の中にあるらしい何か。
日本面:上に同じ
公式が病気:上記変態企業による成果の一端。
ネプテューヌシリーズ ゲーム会社の擬人化という特異なジャンルのゲームであるが、上記の変態企業ゲームメーカーの擬人化がされている。(流石にフロムソフトウェアははぶられてしまってはいるが)

もうやだこの国

そして、ズバリ変態企業カメレオンという会社が存在する。もうやだこの国。
変態企業カメレオン » 変態企業カメレオンへようこそ!-

関連記事

親記事

企業 きぎょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「変態企業」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74150

コメント