ピクシブ百科事典

変態企業

へんたいきぎょう

変態企業とは、企業に贈られる最大級の賛辞であり、称号である。ここではアーマードコアの用語と分けて解説する。
目次[非表示]

変態企業とは(元義)

ACシリーズの中でも他の企業に無い特異なパーツや特殊兵器を製作する企業。
ここではある分野に特定の強み(アイデア、愛、技術、熱意etc)を持つ企業や、個性が非常に強い企業を纏める。
実在・架空を問わない。

実在の変態企業

国内企業

電機・機械

  • アルパイン(カーオーディオメーカーだが車内用ゲーム機OEMを受託してしまった)
  • 富士通(親指シフトなどのワープロ関連や、携帯電話関連)
  • 秋月電子通商(PICを中心としたマイコン技術関連、出処不明の3G通信モジュールシャープ純正のIGZO液晶パネル等のどういうルートで仕入れてきたかすら謎な商品の取り扱い)
  • エイビット(ABiT)携帯電話関連のインフラ機器のほか通信モジュールを開発しているメーカー。乾電池で駆動する据え置き固定電話型の携帯電話などの強烈な個性を放つ通信機器を多数開発、販売している。なんと企業アイデンティティが「変態」
  • ツインバード(防水AV機器に於ける圧倒的なシェア、時々出すビックリドッキリ家電)
  • オリオン電機(一言で言ってしまえば家電版トーセ
  • ソニー(想像を絶する多角的事業の数々。ゲーム部門のSCEIゲーム機も開発しているが、どちらかと言えば専用のゲームも遊べるメディアプレイヤーとしか言えないようなハードばかり出している。特に久夛良木健就任時代はその傾向が強く、現在ではメディアの主流になっているBlu-rayディスクの再生機能をPS3に付けてしまった)
  • 日立製作所(家電や重電事業で知られるが、実は鉄道車両製造においては右に出る者は居ないメーカー。何と一社だけで車両ほぼ全てのパーツを製造出来てしまう。他にも昔はセガと共にゲーム機も製造していた。(Hiサターン、ドリームキャストなど))
  • パナソニック(規格外の長持ち電池エボルタ3DO、レッツノート)
  • 日立建機(通称「ガンダム建機」と呼ばれる双腕作業機「ASTACO」シリーズを商品展開。大相撲力士遠藤関の化粧回しにもあしらわれている)
  • 株式会社エルプ(アナログレコードレーザーで読み取れる専用プレイヤーを開発。)
  • マイコンソフト(かつてはゲームソフト移植技術。現在はテレビゲーム機RGB出力への異常なこだわり。とうとうHDMI地デジRF出力に変換する試作品まで出展した。)
  • サノヤスホールディングス(巨大観覧車命、本業の造船でのTVCM「造船番長」「造船係長」)
  • 泉陽興業(巨大観覧車命、遊園地機器の技術を転用しAGT開発)
  • 川田工業(橋梁製作の傍らでロボット作り)
  • 三菱重工業(戦闘機、リニア新幹線)
    • というよりも三菱グループ全般(ローソンもそうだし過去の三菱自動車といい。なにより三菱重工業自体が元祖変態企業の有澤重工のモデルでもある)
交通

  • 阪急電鉄小林一三による経営手法。超特急燕を追い抜く、日本の鉄道会社の多角経営の先鞭をつけるなど、その功績は数知れず。創業時から車両の塗装はマルーン一色を(最近は屋根およびクーラーをアイボリーで塗装するようになったとはいえ)守り抜くという、伝統を重視する会社でもある)
  • 阪神電車ジェットカーTOKIOとのレースは必見)
  • 京浜急行電鉄(独特なダイヤ構成。主に逝っとけダイヤ、浦賀サイドターンなど。マスコットキャラクター。地元羽田ゆかりでセガトレインを企画)
  • 小田急電鉄(ロマンスカー、比較的独特なダイヤ構成)
  • JR北海道(苗穂工場・柿沼博彦)
  • JR東海 (東海道新幹線、リニア中央新幹線)
  • JR西日本新快速、魔改造および末期色
  • JR九州(主にデザイナー・水戸岡鋭治のせい)
  • 相模鉄道 (直角カルダン、外側ディスクブレーキ等の独自性の高い車両)
  • 近江鉄道ありえんレベルの魔改造)
  • 名古屋鉄道(『迷鉄』と呼ばれるほどの無茶振り。特に名鉄名古屋駅)
  • 高松琴平電気鉄道(特に前身の琴平電鉄。設立時周囲私鉄が狭軌低電圧の地方軽便であった中で都市圏用の標準軌高電圧施設を田園地帯に設置、讃岐の阪急を自称し目指す、極めつけは琴電11000形。平成になってもJR四国よりも先にIruCaを作るなどドコか斜め上)
というか、鉄道王国日本において、JR及び大手私鉄で何の取り柄もない会社はないといっていい。

自動車
  • カワサキ(カワサキか…
  • スズキ(特に二輪車部門)→鈴菌
  • ヤマハ発動機 主力の二輪製品は割と堅実だがトヨタ2000GT、OX99-11、レクサスLFAなど四輪製品に変態性が見受けられる。
  • 本田技術研究所・本田技研工業(二輪・四輪・汎用製品・航空機などどの事業分野にも強烈な個性を感じさせる、近年ではコミックマーケット参加も)
  • ってか日本の二輪メーカー全般
  • スバル(富士重工)(水平対向エンジン・軽自動車用四気筒エンジン・農道ポルシェなど)
  • トヨタ自動車・トヨタ自動車東日本(「無難」の一語に尽きる、つまらないクルマを山ほど作る傍ら、センチュリー、オリジン、初代エスティマ、セラ、初代プリウスなど「日本らしさ」を強烈に感じさせる、他のメーカーには類を見ないクルマを多く手がけている。最近では公式が病気なコラボを実施(アクアのCMなど))
  • マツダロータリーエンジン、ロードスターほか)
  • というか軽自動車メーカー全般
  • メルセデス・ベンツ日本法人(アニメCMやマリオカート8とのコラボなど、いろんな意味でこの国にどk・・・「郷に入っては郷に従え」をしている模様)

流通小売
  • ヴィレッジヴァンガード(入ればわかるカオスな店、これでも一応「書店」
  • カスミ茨城県地盤のスーパー。「中小チェーンの中でも特に、何をやらかすか分からない企業」との評あり)
  • ジョイフル本田大艦巨砲主義を地で行くホムセン業界の有澤重工
  • A-Z(鹿児島版ジョイフル本田と言わんばかりの取扱数を誇る)
  • 無印良品(無いものは作ってしまえと言わんばかりの経営手法、西武の理念がここにも)
  • ってか日本のHC·家具業界全体が軒並み濃いとこばかり。競合が非常に激しいので強みが前面に出やすい
  • ローソンアニメゲームとの積極的なコラボの果てに、誰が呼んだか24時間営業のアニメショップ
  • ファミリーマート(上記のローソン同様)

食品

その他
  • TOTO(便器バイク)
  • テレビ東京(災害や深刻な事件、国会中継などの緊急事態が国内で起こっている時でもブレずにバラエティ番組アニメなどを流し続けている。一部のユーザーからは「安定のテレ東」「俺たちのテレ東」などと呼ばれる事も。テレ東伝説も参照)
  • サンリオ(一見すると日本有数の万人向けコンテンツホルダー…かとおもいきやあからさまに大きなお友達を狙った商品やシリーズを出したりそもそも何故思いついたのかとしか言えないキテレツなキャラクターを生み出したりと暴走例多数)
  • 竹書房(掲載漫画をネタにした悪ふざけ多数。最も知られているものではポプテピピックで竹書房本社を破壊する場面をポスターにしたこと。メディア展開も独特なものが少なくない)

おもちゃ・ゲーム

  • 日本一ソフトウェア(シミュレーションRPG。桁が億にまで達するダメージ、カンストが9999のレベル、あげくの果てには作品数で世界一に達してしまった)
  • アートディンク(ミニスケープゲーム、ローグライクゲームなど)
  • CAVE(「死ぬがよい」に代表される鬼難易度の弾幕STG、地味にイベントでも変態性を発揮)
  • コンパイルハート(コンパイルの後継会社。おっぱい題材のゲームやゲーム会社を擬人化するというバカゲー作品多数。)
  • ディースリー・パブリッシャー(シンプルシリーズ。低コストを最大の売りにした安価ゲーム作品だが、乱発(誉め言葉)に近い作品数や制作スタッフのセンスからなのかおかしな展開のゲームが大量に制作されてしまった。所謂B級映画のようなバカゲーや滅裂な設定のゲームが多数。(尤も名作もあり地球防衛軍はその代表例。)シンプルシリーズ路線をやめてからも、恋愛ゲームなどを出しているが、夏色ハイスクルのような非常に長いタイトルの作品、お姉チャンバラといったやはり滅裂な設定やシュールなゲームが多数登場。)
  • コーエーテクモ(コーエー側は無双系アクションゲームの本家。初期はシミュレーションゲームの分野開拓に寄与。テクモ側はキャラクターの魅力を活かした格闘ゲーム。やわらかエンジンというまんまのゲームエンジンを制作。)



  • タイトー(アーケードゲーム。当時最先端アーケードゲームであったスペースインベーダーは後のSTGの発展に寄与した。特にZUN並びに東方projectへ与えた影響は言わずもがな。バカゲーのたけしの挑戦状でも知られる。あと鬱エンドにも定評がある)
  • セガ(CSK傘下時代は幾つもの画期的な製品が登場。体感ゲームは勿論のこと、メガドライブの派生機器のスーパー32Xもそうだが、特に日立製作所NECなどと共に開発したドリームキャストはモデムを前面に打ち出し、PSOを製作するなどと通信サービスは他社を先駆ける強みを持っていた。ゲーム作品ではバカゲーの存在が名高い(当然名作の評価も高いが)。時代が追い付いた頃にはやり過ぎるパロディを連発。アーケードではバーチャファイタームシキング、挙げ句の果てにはトイレッツの開発。セガサミーに親会社が変更された現在でもPSO2のキャラのルーサーしまむらやドンキホーテとコラボ(おまけに店内放送もさせる)させるなどと迷走っぷりが加速している。)
    • アトラス(プリクラ、RPG作品、キャサリンなどの奇作、主人公鳴上悠の奇行(ハイカラだろ?、そっとしておこう、おまけに公式からはシスコン番長扱い))
    プラチナゲームズ(特有のスタイリッシュアクションゲームに定評のある開発会社。主人公キャラクターの設定の癖が強く、神谷英樹プロデューサーの嗜好も盛り込まれやすい。)
  • コトブキヤ(通常のプラモデルの他にも完成度が高く精巧な傍ら、パーツ数が多く難易度の高いプラモデルをリリース。特に斑鳩R-GRAY1は敢えて「上級者向けキット」とすることで緻密なディティールを再現した)
  • 田宮模型(「内部構造が分からなかったので実車を購入し分解したはいいが直せなかった」等のエピソードあり)
  • セガトイズ(「ジュエルポッド」の年ごとの進化が半端ない。ぶっちゃけ『女児玩具版iPhone。『JSポッド』としても販売されている。「ジュエルパッド」「ジュエルウォッチ」も他社の類似製品の方が比較するのがかわいそうになるくらいの半端ない性能。
  • ゴッドハンド(ニッパーを中心とした作業工具を展開している専門店。同社の代名詞アルティメットニッパーはもちろんのこと、ピンバイスに取り付けて回して使える彫刻刀、マスキングテープ切断に特化したマスパー、先端に刃のないニッパー型ピンセットなど常識に縛られない便利ツールを多々開発している。唯一刃先を保護するニッパー用キャップやニッパーメンテナンス専用オイルも発売している。マスコットキャラクターニパ子のフリーダムっぷりも…)

会社以外の変態企業

  • NHK(時々国営放送ではないことを間違った方向でアピールしたがる。いわゆるNHKの本気
  • 佐賀県(男の侍が温泉に入るCMやスクエニと共にロマンシング·佐賀という単なるだじゃれ企画ながら本気を出しすぎた計画が実行。ついにはポケモンやストリートファイターとも佐賀県が融合。)

アメリカ合衆国の変態企業


その他の国の変態企業



昔は変態企業「だった」企業

昔は変態企業の名にふさわしかったが、今では時代の変化やリストラで遊び心を失ってしまっている会社。※ただし、今もなお隠し持っている可能性も否定出来ない。

  • 西友良品計画、パルコなどセゾングループ系企業(堤清二率いる「セゾン文化」は80年代に一世を風靡し、その後の日本の文化に絶大な影響を与えた。但し西友に限っては、近年もTVCMや店内のPOPで大暴走しているような…
  • シャープX68000・百鬼夜行の合体家電等々。経営再建途上だが、最近は公式Twitterアカウントが荒ぶっている気がするが気のせい)
  • 東芝(ひところはHDDの小型化に異常に情熱を燃やしていた。フラッシュメモリや永久磁石同期電動機、CELLなどといった独特の技術も所持していた。)
  • ナムコ3DCG。現在はNBGIに引き継がれている。)
  • ハドソン(当時のゲーム機では移植不可能と見られた『R-TYPE』のPCエンジンへの移植・一部ゲームに下ネタ、さくまあきらのゲーム群など。倒産後、現在はコナミに売却され事実上消滅した。)
  • コナミ(横STG、恋愛アドベンチャーにおいて革新的な作品を制作。演出を最大限に活かした作品も多数制作。ときめきメモリアルのヒロインをバーチャルアイドル化した功績もあり、桃井はるこがデビューする発端となった。音ゲーではbeatmaniaがジャンル成立に寄与。今でも音ゲーののクリエイター陣は男の娘キャラクターのRchecubeliaの設定と漫画、DAISUKE、永谷園とのコラボとやりたい放題。パワプロクンシリーズの下ネタ(弾道が上がった)、エロ描写、トラウマイベントに定評がある。)
    • 小島プロダクション(日本では馴染みの薄いステルスゲームをメタルギアソリッドで開花させる。映画のような演出をモットーに、派手なアクションや爆発演出を得意とする。現在は会社もろともソニーに移籍。)
    • トレジャー(コナミのSTG及びアクションゲームの技術をベースに、さらに発展させた爆発演出や回転機能やポリゴンを用いたゲームを制作。コナミ同様、CPUの性能や演出を最大限に活かしており、ゲーム性に至っても本家コナミに勝るとも劣らない歯ごたえのあるゲームになっている。現在は移植や他社のゲーム開発が中心。)

  • アイレムソフトウェアエンジニアリング(下ネタ、消化しきれない設定、突拍子も無い選択肢、無駄な自由度、そしてエイプリルフール。2011年にはゲーム事業を大幅に縮小し、それに伴い一部の社員は他の企業へと離散。かつてファンを賑わせた公式サイトもお堅い内容となり、これらのネタの数々も過去のものとなったが、その独特のノリはアイレムの元社員が起業したグランゼーラに受け継がれている)
  • (旧)データイースト(奇怪でふざけすぎた設定でインパクトはありながらも、ゲームは大味すぎるテイストとギャップが激しい、所謂デコゲーと呼ばれるバカゲーで一世を風靡した。残念ながら現在はゲーム会社としては倒産。)
  • コンパイル(社長の暴走、時代を行きすぎた経営手法、ぷよぷよ、魔道作品に至っては強烈なネタの多いキャラの数々シェゾ・ウィグィィサタン様など。現在は版権やスタッフが事実上の後継企業のコンパイルハート、アイディアファクトリー、セガのぷよぷよ部門(ソニックチーム)、ノーツの武内崇といった形で受け継がれた。と思いきや2016年に復活。既にソフトも出されている。)
  • 日産GT-R、一昔前はレースに勝つためなら文字通り手段を選ばなかった 日立製作所の兄弟会社でもある。)
  • 三菱自動車
  • アップルジョブズが戻ってくる前まで)
  • IBM・日本IBM(ThinkPadなど。日本IBMは外資系だが、かつては独自色が強かった)
  • SAAB(ドラケンビゲン
  • シトロエン(ハイドロニューマチックなど。プジョーとの合併後は平凡な会社に)
  • ブローム・ウント・フォス(左右非対称のBv141を筆頭に奇怪な航空機をこれでもかというほど作る。大体リヒャルト・フォークト博士のせい)

過去に存在した変態企業


アニメ・ゲームなどの作内における架空の変態企業

アーマード・コア だいたいこいつらのせい。


ガンダム


R-TYPE

  • TEAM R-TYPE(厳密には企業ではないが、斜め上の発想で設計された兵器群は正しく変態企業の所業である)


バイオハザード


弐瓶勉作品

  • 東亜重工(作品によって役割は違うが、総じてミステリアスかつ規格外)


メタルマックス

  • ブラド・コングロマリット(ゆりかごから墓場まで、殺人兵器から病院までをモットーにありとあらゆる産業に節操無く手を伸ばしていた。風力発電のような無難なものから、戦争ではなく反体制派弾圧のために戦車を開発して販売していた事などが挙がる)


SCP_Foundation


佐藤大輔作品

  • 北崎重工(作品によって社史は違うが、総じて航空宇宙分野でNASA以上に活躍。どういう伝手かノースロップから試作爆撃機を自社開発製品の試験機として入手していたりする)


関連タグ

企業 変態
TopGear:変態企業さながらの車の魔改造で知られるBBCの番組。
英国面:上記変態企業の心の中にあるらしい何か。
日本面:上に同じ
公式が病気:上記変態企業による成果の一端。
ネプテューヌシリーズ ゲーム会社の擬人化という特異なジャンルのゲームであるが、上記の変態企業ゲームメーカーの擬人化がされている。(流石にフロムソフトウェアははぶられてしまってはいるが)

もうやだこの国

そして、ズバリ変態企業カメレオンという会社が存在する。もうやだこの国。
変態企業カメレオン » 変態企業カメレオンへようこそ!-

pixivに投稿された作品 pixivで「変態企業」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46353

コメント