ピクシブ百科事典

ツィマッド

つぃまっど

ツィマッド社(ZIMMAD)は、ジオン公国のモビルスーツ開発、製造に携わる企業。

概要

ジオニック社、MIP社と共に公国の重工業を支え、モビルスーツの推進装置の開発を得意としていた。
その中でもEMS-04『ヅダ』に搭載された土星エンジンが特に有名。
初期のモビルスーツ開発競争では、ジオニック社、MIP社と競合していた。主力機としてEMS-04ヅダを提出したが、ジオニック社のザクI旧ザク)に敗れた。
ザクIが歴史上初の量産型モビルスーツとして開発されて以後は、同社とのOEM生産など協力姿勢を取り、得意の推進装置分野で活躍し、その技術力を買われた。
地上でのホバーリング移動のため強力な推進装置が必要だった、ドムの開発、及び生産を一手に任されている。

また水陸両用モビルスーツ、ゴッグを開発し、初の本格的水陸両用MSと評価されたが、MIP社がズゴックの開発に成功するとその高い性能から一気にシェアを奪われる事になった。

次期宇宙戦用暫定主力機開発の折りには。ジオニック社の高機動型ザクIIに対してドムの改良型、リック・ドムを提出し、見事制式採用された。ヤッタゼ
一年戦争後期には、ジオン公国が次期汎用型主力モビルスーツの開発を決定。ジオニック社がゲルググを開発する一方で、ツィマッド社はギャンの開発に成功する。
しかし、ジオン軍による査定の結果、ゲルググの方が汎用性が高いとの理由から、ツィマッド社のギャンは開発競争に敗れてしまう。が、白兵戦能力の高さが評価された。
後のガルバルディの開発に至る。
他にも、マゼラアタックのマゼラ・トップ砲やモビルスーツ用バズーカも製造していた。

関連タグ

機動戦士ガンダム
ジオン公国
ジオニック
変態企業

pixivに投稿された作品 pixivで「ツィマッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34076

コメント