ピクシブ百科事典

OEM

おーいーえむ

ある企業が別企業に自社ブランドとして製造を委託した製品。Original Equipment Manufacturerの略。
目次[非表示]

概要

企業が別の会社に製品を作らせ、それを自社の商標(ブランド)で売る事。自動車(二輪車を含む)でよく見られる。自動車以外では家電やスマートフォン(タブレット)でもしばしば見られる。

なぜ、このような事が行われるかというと、以下の理由がある。

  1. (受け入れ側としては)同じような製品を開発したいが、単純に費用の問題や社風伝統の問題で開発が困難であるため、ローコストかつ伝統に反しない形でラインナップをそろえたい。
  2. 商慣習上の提携を維持する(受け入れ側も供給側も同資本のグループ企業であるため、商圏を喰い合い自滅し合う事を避けたい)。
  3. (供給側企業としては)単純に受け入れ側のブランドで販売した方が、ブランド力(ネームバリュー)が上となり実質の売上数が上昇し販路の拡大が見込め、なおかつ自社製品をあえて廉価版(ノーブランド)と定義する事で「同じ機能であればブランドはいらない」客に対する自社の宣伝効果と(ブランドにも採用される技術のアピールで)信用向上を見込める。

主なOEM製品

四輪車OEM一覧(2018年時点)

三菱自動車
eK(三菱自動車)→オッティ(2005年~2013年、日産)/デイズ(2013年~、日産)
eKスペース(三菱自動車)→デイズルークス(2013年~2020年、日産)/ルークス(3代目、2020年~、日産)

※デイズとデイズルークス(2代目ルークス)以降は日産・三菱の合弁会社NMKV(Nissan Mitsubishi Kei Vehicleの略)で開発されているため正確にはOEMではなく、共同開発。ただし、製造自体は三菱自動車がしているため、カタログ上の製造事業者は「三菱自動車工業株式会社」である。そのため国土交通省にリコールの届出をするのは日産ではなく三菱自動車となる。

日産
セレナ(3代目、日産)→ランディ(2007年~、スズキ)

スズキ
ワゴンR(スズキ)→AZワゴン(1998年~2012年)/フレア(2012年~、MAZDA)
ハスラー(スズキ)→フレアクロスオーバー(2014~、MAZDA)
スペーシア(スズキ)→フレアワゴン(2代目、2013年~、MAZDA)
パレット(スズキ)→フレアワゴン(初代、2012年~2013年、MAZDA)/ルークス(無印初代、2009年~2013年、日産)
Kei(スズキ)→ラピュタ(1999年~2005年、MAZDA)
アルトラパン(初代、スズキ)→スピアーノ(2002年~2008年、MAZDA)
ジムニー(3代目、スズキ)→AZオフロード(1998年~2014年、MAZDA)
MRワゴン(スズキ)→モコ(2002年~2016年、日産)
アルト(スズキ)→キャロル(4代目以降、1998年~、MAZDA)・ピノ(2007年~2010年、日産)

ダイハツ
ミラ/ミライース(ダイハツ)→ピクシスエポック(2012年~、トヨタ)・プレオ/プレオ+(プレオ2代目、2010年~、SUBARU)
ハイゼット(ダイハツ)→ピクシストラック/ピクシスバン(TOYOTA)・サンバー(SUBARU)
タントエグゼ(ダイハツ)→ルクラ(2010年~2015年、SUBARU)
タント(ダイハツ)→シフォン(2016年~、SUBARU)
ムーヴ(ダイハツ)→ステラ(2代目以降、2011年~、SUBARU)
ムーヴコンテ(ダイハツ)→ピクシススペース(トヨタ)
ウェイク(ダイハツ)→ピクシスメガ(トヨタ)
キャスト(ダイハツ)→ピクシスジョイ(トヨタ)

二輪車

タクト(本田技研工業)→ジョグ(YAMAHA
ジョルノ(HONDA)→ビーノ(YAMAHA)

カメラ

LUMIX DC-LX(Panasonic)→D-LUX(Leica

スマートフォン・タブレット

※()は製造委託メーカーを指す。
NTTドコモAndroid端末dtabシリーズ(compactモデルを含む)→(HuaweiシャープLenovo)

KDDIのQuatab(京セラ)、Qua tab PX(LGエレクトロニクス)

関連記事

親記事

商品 しょうひん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「OEM」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1083

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました