ピクシブ百科事典

ダイハツ

だいはつ

ダイハツ工業株式会社とは軽自動車を主力商品とする日本の自動車メーカーである。トヨタ自動車の100%子会社。
目次[非表示]

概要

大阪府池田市に本社を置く自動車メーカー。小型車、特に軽自動車を得意とする。
元々は発動機製造株式会社という社名だったが、似た名前が多く市場から「阪の動機」と呼ばれていた事に由来する。「大阪」「発動機」→略して大発→ダイハツと言うわけである。なお中国語表記はこの漢字がそのまま当てられている。その名が示すように元々はエンジン専門メーカーであり、鉄道車両用機器も手掛けていた。

昭和初期はマツダとともに3輪トラックで名をはせ、4輪トラックも販売していた。

1960年代に三和銀行からトヨタに業務提携の申し出があったため、トヨタと業務提携。本来なら合併吸収でもおかしくなかったが、独占禁止法が壁となってできなかったという背景があるため、合併に近い強い関係を持っている。2016年8月をもってトヨタの完全子会社に転換し、2019年にはトヨタのクルマづくりの思想・プラットフォームであるTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)のダイハツ版となる『DNGA』を導入したことで、事実上の「トヨタの軽自動車・小型車部門」となった。

軽自動車市場では長年スズキと覇を争っており、近年の日本市場の「軽シフト」に伴って、トヨタホンダに次ぐ国内シェア3位にまで躍り出た。
スズキは永遠のライバルであるが、親会社のトヨタが古くからスズキと仲が良いため、少々不思議な関係となっている。1970年代にスズキが排ガス規制に対応できなくなった時、トヨタの仲介でダイハツがスズキに4ストロークエンジンを供給していたこともある。

現在の顧客の過半数は女性ユーザーで、それに合わせて使いやすさや実用性、かわいらしさを重視した作り方がされており、小型福祉車両の市場でも常に1位を争う。

海外では小型車の売れない北米もそうだが、欧州でも販売から撤退している。ダイハツが得意とするのは東南アジアで、特にマレーシアではプロドゥアという合弁会社を設立し、国民車的扱いを受けている。

意外にも航空機製造会社の流れも汲んでいる。
紫電改二式大艇を開発した川西航空機(現:新明和工業)が戦後の民需転換に伴ってオート三輪トラックやオートバイの製造を行ったがのちに自動車部門を明和自動車工業として独立、経営不振でダイハツの傘下になり「旭工業」と改名を経て吸収合併されたためである。なお、明和自動車工業→旭工業のあった場所には、現在はダイハツのパーツセンターが存在している。

トヨタの子会社ゆえの風評被害

スバルの軽自社生産潰しにムーヴミラタントエグゼハイゼットが利用されていたのではなどと、この件に関して熱烈なスバリストから嫌われることがある。

ただしこれはスバルがもともと開発費のかかる割に利益率の低い軽自動車を生産するのが大きな負担になっていたからであり、そこにサブプライムローンが決定打を与えてしまったわけで、ダイハツはもちろんトヨタにも責任はない(トヨタはむしろ買収時に「トヨタにならないでください」といって独自路線を貫かせようとしていたようである)。しかしスバルユーザーが「スバルがトヨタ化されるのでは」と騒いでいたこともあり、事情を知らない限りそう映るのは仕方ないと言える

前述の通り事実上のトヨタの軽・小型車部門であるため同一視されがちだが、実際はトヨタから独立した技術力・思想を持っているというのは車好きを名乗るならば見逃してはいけない事実である。例えば運転支援技術ではトヨタが「セーフティセンス」を作っているのにダイハツはわざわざ数段レベルの低い「スマートアシスト」を独自に開発していたり、トヨタがハイブリッドで勝負しているのにダイハツは純エンジン車にこだわったり、トヨタがGAZOO Racingの旗印の下熱心にモータースポーツに励んでいるのに、ダイハツは一切我関せず顔していたり・・・etc
と、意外とダイハツには頑固親父の気質があるようだ。

正確には、もともとはトヨタ同様電気自動車やハイブリッドに熱心に取り組んでいたのだが、ハイゼットでハイブリッドに挑んだものの売り上げが伸びなかったのがトラウマになってしまった様子。
またモータースポーツでもシャレードでラリーモンテカルロやサファリラリーに参戦したり、全日本ラリーにはストーリアX4やブーンX4といった規則の穴を衝くようなじゃじゃ馬マシンをブッ込むような暴れぶりを見せていたが、リーマン・ショック以降はモータースポーツ自体をやめてしまっている。

トヨタの工場としての役割

販売面でブイブイ言わせているトヨタは、自社の工場だけでは生産ラインが足りないため、トヨタ車の工場としての役割をダイハツが担うことが多い。

トヨタの車種が実はダイハツが開発した車のOEM供給だった、と言う例は決して珍しくない(例:タウンエース現行型およびライトエース最終型=グランマックスキャミテリオススパーキーアトレー7、2代目bB/スバル・DEXクーパッソブーン)。通常OEM車というのは自社では生産できない(=ブランドのメインではない、自社の収益にならない)ため脇役でいるのが基本だが、ダイハツの場合はRAV4C-HRの市場を大幅に食らったライズプリウス・アクアを破ったトールワゴンのルーミーのように、車種の豊富なトヨタ恒例の車種の共食いに刺客として割って入ることもある。
またトヨタは2011年から軽自動車市場に参入して「ピクシス」というシリーズを揃えているが、これも全てダイハツ車のOEM供給である。本社は生産台数が増えるからいいだろうが、ダイハツトディーラーはトヨタ販社に顧客を取られてしまうので少なからず衝撃を受けた。実際過去に販売力の違いからストーリアよりデュエットのほうが上回ったという前例があるためダイハツディーラーの存亡が危ぶまれたが、現状はブランドの顧客層の違いからか、軽自動車に関してはダイハツが圧倒的優位を保っている。

トヨタが開発した車や、車両型式認証において製造事業者がトヨタ自動車の名義となっている車でも、現行モデルではプロボックスなどのように実際にはダイハツの工場が生産していることもある(こちらも参照に)。

またトヨタ車のエンジンやトランスミッションがダイハツの工場で製造されるというパターンもある。ランドクルーザープラドのディーゼルエンジンのように、トヨタが設計したものをダイハツに生産を委託というケースも多いが、例えばヴィッツ→ヤリスなどに搭載される1リッターの1KR-FEは設計の時点からダイハツ製である。

逆にトヨタからはプリウスαがメビウスカムリアルティスとしてOEM供給されている。しかし

  1. 下取りに出すことを考えるとトヨタバッジがついている方が圧倒的に得
  2. 車名のブランド力が圧倒的に劣る(「カムリ買ったぜ!」といえば「おお!」となるが、「アルティス買ったぜ!」と言っても「何??」となるのは明らか)
  3. ダイハツは小型車をウリにするブランドなので、客はみな当然小型車が欲しくて来る。
  4. オプションが少ない(例えばプリウスαの7人乗りがメビウスでは選べない)
  5. それだけのデメリットがあってもせめて珍車なら価値はありそうだが、珍しいのはバッジだけで中身は一切珍しくない

と我々が普通に買う上ではデメリットしかない。
ではなんのために存在するのかというと、これらはダイハツの社員でも乗れる(=ダイハツバッジがついた)中上級車も必要という配慮で、一種の福利厚生なのである。月販はいずれも1桁で、これらを街中で見かける機会は2000GTのような旧い名車を見るのと同じくらいかそれ以下の確率と考えてもいい珍車である。

車種

軽自動車

ハイゼット(トヨタ・ピクシスバン/ピクシストラック/スバル・サンバー)/アトレー(スバル・ディアス
ミラ(スバル・プレオ)/クオーレ/ミラココア/ミラジーノ/ミライース(トヨタ・ピクシスエポック/スバル・プレオプラス
コペン
ムーヴ(スバル・ステラ)/ムーヴコンテ(トヨタ・ピクシススペース)/ムーヴラテ
タント(スバル・シフォン)/タントエグゼ(スバル・ルクラ
タフト(現行モデル)
テリオスキッド
ネイキッド
エッセ
マックス
ソニカ
リーザ
オプティ
フェロー/フェローMAX
ミゼット/ミゼットⅡ
ウェイク(トヨタ・ピクシスメガ
キャスト(トヨタ・ピクシスジョイ

登録車

ブーン(トヨタ・パッソ
トール(トヨタ・タンク&ルーミー/スバル・ジャスティ
ブーンルミナス(トヨタ・パッソセッテ
クー(トヨタ・bB
ストーリア(トヨタ・デュエット)
シャレード/シャレードソシアル(欧州専売の5代目のみ、トヨタ・ヴィッツ2代目のリバッジ)
コンパーノ
コンソルテ(トヨタ・パブリカおよびスターレット
シャルマン
アプローズ
アルティス(トヨタ・カムリOEM車)
グランマックス(トヨタ・タウンエース/ライトエース、2020年9月以降のマツダボンゴ
テリオス(トヨタ・キャミ
ビーゴ(トヨタ・ラッシュ
タフト(初代)/ラガー(トヨタ・ブリザード
ロッキー
アトレー7(トヨタ・スパーキー
デルタワイド(トヨタ・タウンエースノア/ライトエースノア
デルタトラック(トヨタ・ダイナ/トヨエース
メビウス(トヨタ・プリウスαのOEM)
Bee

関連タグ

大阪 軽自動車/軽トラ TOYOTA 富士重工業
カクカクシカジカ

大分トリニータ:2011年から系列会社のダイハツ九州が胸スポンサーを務める。
ヴァンラーレ八戸:本拠地・多賀地区多目的運動場のネーミングライツをダイハツ系のカーディーラーである青森ダイハツモータースが取得、2016年のスタジアム開場から2019年末まで「ダイハツスタジアム」と命名されていた。2020年1月からは八戸市に本社を置く三井物産系食品メーカーである「プライフーズ」が命名権を取得して「プライフーズスタジアム」に改称されている。

外部リンク

公式サイト
ダイハツ工業 - Wikipedia

関連記事

親記事

トヨタ とよた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダイハツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 590514

コメント