ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

2011年に販売開始。


車名の由来はイタリア語で「羨望」を意味するMiraと、同社のエネルギーマネジメントシステムである「Energy:Saving Technology」(e:Sテクノロジー)の略称を組み合わせた造語である。


ミラに代わるダイハツの中核軽自動車として開発。

親会社のトヨタには「ピクシスエポック」として、スバルには「プレオプラス」としてOEM供給されている。

また「葉っぱ」をイメージした専用エンブレムを使用。


ライバル車はSUZUKIアルトが該当する。


初代(LA300S/310S)

元々は、エッセの後継車として2009年に第41回東京モーターショーで出展されたコンセプトカー「イース」をベースに開発。


2011年9月より市販化。

イースはミラシリーズのバリエーションに組み込まれ、当初は7代目ミラの派生車とされた。

ピラー内装や座席スペースなども工夫したとされ、登場当初は後席のヘッドレストも(義務化されていなかったので)省かれている、車高も実はミラより低く抑えるなどの工夫がされている。

トランスミッションはエッセと異なり全車CVTであり、MTは設定されなくなった。


販売価格が税込み80万円以下で、カタログ値が低燃費であった事が注目された。前期型のCMキャラクターは当初、ハリウッドの大物俳優ブルース・ウィリスを起用。後に堤真一に変更となり堤のCMには犬神家の一族の「愛のテーマ」がCM曲に使用された。後期型のCMは「トンデモ・タイムズ 日本支局」シリーズを経て深田恭子がCMに出演。



2013年にミラシリーズの車種整理が始まり、グレード構成上イースが事実上の中核車となる。


2代目(LA350S/360S)

ミライース・G"SAⅢ"(LA350S)

2017年5月に登場。

2018年3月のミラ販売終了に伴い名実共にその後継車となる。


競合する8代目アルトに対抗して、先代比最大で80kg軽量化し燃費も向上させた。

ステレオカメラ方式(フロントガラス上部中央に2つのカメラを設置)の「スマアシIII」も搭載。

一方初代から簡素化された装備もあり、ドアミラーのウィンカーが無くなったり、前席シートがヘッドレスト一体式のハイバックシートになっている。

デビュー当初のCMキャラクターは西島秀俊であった。(後に岡山天音もCMに出演)


なお先述のミラの販売終了で、ミラの名が付くライトバン及びMT仕様のモデルが姿を消した。


余談

pixivにおいてその名前から『フレッシュプリキュア』のイース様とコラボしたイラストも投稿されており、実際に痛車として改装したファンもいる模様


ミラ イース遂に登場!


一部では「トヨタにOEMされるなら名前は『パッション』がいいんじゃないか」とネタにされたりもしたが、実際はそうではなかった


関連リンク

公式


関連項目

ダイハツ 軽自動車 ミラ(ダイハツ)

関連記事

親記事

ダイハツ だいはつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6938

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました