ピクシブ百科事典

フェローMAX

ふぇろーまっくす

フェローMAXとは、かつてダイハツ工業が製造・発売していた軽乗用車。ここでは、その前身であるフェロー、およびモデル末期に名乗ったMAXクオーレについても触れる。
目次[非表示]

概要

前史・フェロー

ミゼットハイゼットで軽自動車界での地位を確立したダイハツ工業が満を持して1966年に市場に送り込んだ。4輪独立懸架や角形ヘッドライトを採用(特に角形ヘッドライトは日本車初の試みだった)するという先進性を見せる一方、当時としてはオーソドックスなFR(フロントエンジン・リアドライブ)方式をとっている。また、軽トラ用の空冷エンジンを水冷に魔改造したものを積むという、結構むちゃくちゃなこともした。

ただ、どこぞの酔狂メーカーが、ハイパワーかつ低廉価格のブチ切れ軽カーをリリースしてしまい、それがバカ売れしてしまったため、ミゼットのような大ヒットとまでは至らなかった。

そのせいか、モデル末期の1970年3月、南関東以西の太平洋・瀬戸内海・東シナ海沿岸地域限定かつ100台限定で、フェローバギィとかいうプッツン車の製造・販売をやらかしてしまった。わけがわからないよ

で、フェローMAXである

1970年4月に製造・販売はスタート。4輪独立懸架はそのままに、駆動方式をFF(フロントエンジン・フロントドライブ)に切り替えた。軽自動車のハイパワー化の時代の影響を受け、最大出力40馬力のエンジンを積んだ高性能グレード・SSが1970年7月に追加設定された。さらに1971年8月にはハードトップを追加している。
ただ、軽自動車に対する車検制度導入(1973年10月から)やオイルショック、排気ガス規制の影響もあってか、徐々に売れ行きは悪化、1976年5月に(当時の)新規格車である4ストローク・550ccエンジン搭載車を設定した一方で、ハードトップを廃止してしまった。なお、この4ストローク・550ccエンジンはAB型と言う名称であり、ほんの一時期ではあるがスズキにもフロンテ7-S用に供給された。

MAXクオーレに改名、そして終焉

新規格エンジンを搭載したとはいえ、バンパーを伸ばした程度でお茶を濁したことから、根本的な改良が望まれたものの、完全自主開発小型乗用車に追われていたうえ、軽乗用車の需要が回復しなかったこともあってか、そこまで手が回らなかった、というのが正直な話であった。

そんな中1977年7月に登場したのがMAXクオーレだった。だがこの車、フェローMAXの車幅を広げ、改名したうえ、550ccに絞り込んだ程度だった・・・・・・・。わざわざ改名する必要あったのか!?よほど軽乗用車に対して投げやりになってたのか!?

結局3年後の1980年にクオーレ/ミラクオーレへのモデルチェンジに伴い製造・販売は打ち切られ、約10年の歴史に幕は下りた。

関連記事

親記事

ダイハツ だいはつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フェローMAX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 686

コメント