ピクシブ百科事典

N360

えぬさんびゃくろくじゅう

本田技研工業(ホンダ)が昭和40年代に生産していた軽自動車。
目次[非表示]

概要

1967年から1972年まで本田技研工業が生産・販売した軽自動車。高性能と廉価を両立したことから、総生産台数65万台に達するヒット商品となった。

端的に言えば「バイクみたいな四輪車」。二輪の技術をベースにしたゆえ、欠点も多かったが、高度経済成長期ならではのエキセントリックな自動車だったと言えるだろう。

メカニズム

BMCミニを手本としたFF駆動2ボックスで、当時の軽自動車としてはかなり革新的なパッケージングにより、瞬く間に軽自動車のトップセラーに躍り出た。トランスミッションはノンシンクロの4速MTと、自社開発の3速ATの2種類が展開され、双方とも性能に差は無かった。

エンジンは同社初の大型バイクであったCB450用のものの排気量を360㏄に縮小したもので、4ストロークの直2・OHCで最高出力が31ps/8500rpmという超高回転型を搭載。当時主に2ストロークで最高出力が20ps前後だった他の車種に比べても圧倒的にハイパワーであり、これに衝撃を受けた他メーカーは続々と馬力競争に躍り出ることとなった。

欠点としてはエンジンの騒音の大きさと振動の強さ、ヒーターの効きの悪さが挙げられる。エンジンは空冷型の上遮音材が少なかったので、運転中は甲高いエンジン音がそのまま入ってきてしまう。ヒーターは空冷エンジンの廃熱を利用したため、ヒーターをかけると一層うるさいうえに、車内にガソリンやエンジンオイルの臭いが入り、温度制御面で不利となった。駆動系の洗練度もいまひとつで、横置きFFの悪癖であるトルクステア(ハンドルを切っていないのに車が曲がろうとする現象)のため「アクセルを開けるとまっすぐに走らない」というかなりのじゃじゃ馬だった。当時のドライバーにとってはそれを乗りこなすのも楽しみのひとつだったというが、横転事故も少なくなかったようだ。

ユーザーユニオン事件

N360の欠点である操縦安定性に目を付けたのが1970年5月に誕生した「日本自動車ユーザーユニオン」であった。ユーザーユニオンは同年8月に未必の故意による殺人罪で当時の社長の本田宗一郎を東京地方検察庁に訴えた。1973年には日本共産党が1968年から1970年の3年間で362名の被害者(うち死亡56名、重傷106名、軽傷137名、物損14件)が出ていたことを国会審議の質問中に示した。
これらのイメージダウンによりN360の売り上げは大幅に落ち込み、1972年に販売を終えた。また1969年4月に立てられた普通自動車の1300が当初より2か月遅れて発売された。
捜査の結果、本田宗一郎は不起訴となり、逆にホンダは法外な示談金を要求したユーザーユニオンを恐喝で東京地検に告訴、1971年11月、元日産社員でユーザーユニオン事務理事の松田文雄と顧問弁護士の安倍治夫が恐喝未遂で逮捕されるという事態にまでなった。裁判は最高裁まで争われ、安倍に懲役2年、執行猶予4年、松田に懲役1年6か月、執行猶予4年の有罪判決(1980年4月25日・東京高裁)が1987年1月に確定した。
この事件で信頼を失ったホンダは軽自動車市場の縮小も背景に、1974年に商用車を除く軽自動車の分野から一時撤退することになった。

この事件と、本田宗一郎が空冷エンジンに固執した結果生まれた1300の失敗により、本田宗一郎は社長を退いた。ホンダは自らが引き金を引いたパワー競争の反省から「まろやか路線」のもと水冷エンジン(CVCC)を搭載した車づくりを志向するようになった。

その後

ホンダはシビックの大ヒットにより登録車生産に集中する判断を行い、軽トラックを除く軽自動車から一時撤退していた。

1985年にトゥデイでホンダが軽自動車市場に復帰した後も、Nの系譜を引くモデルは長らく登場しなかったが、2011年のN-BOX発売を皮切りにNシリーズ復活。2012年に発売された軽自動車N-ONEにはN360の意匠が施された。

関連タグ

本田技研工業

外部リンク

Wikipedia

関連記事

親記事

本田技研工業 ほんだぎけんこうぎょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「N360」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15747

コメント