ピクシブ百科事典

本田宗一郎

ほんだそういちろう

本田技研工業の創業者(1906年(明治39年)11月17日 - 1991年(平成3年)8 月5日))。
目次[非表示]

浜松市出身のエンジニアで、本田技研工業の創設者。「技術者の神」「おやっさん」などと呼ばれる。

来歴

1906年浜松市にて鍛冶屋の長男に産まれる。幼い頃より自動車や自転車に興味を持っており、その道の仕事に就くことを夢見ていた。
15歳の時に東京の自動車修理工場アート商会に丁稚奉公することを決意。厳しい労働環境であったがめきめきと技術を習得し、技術者としての礎を学び取った。当時は自動車産業黎明期であったため、修理工場が請け負う仕事の内容は溶接・旋盤・鋳造など幅が広く、これら総合的な知識が後の本田技研工業にも活かされることとなった。
若干21歳にしてアート商会から唯一のれん分けを託され、故郷浜松市にて支店を構え独立。従業員をスパルタ教育でしごきながら、新型タイヤホイールの開発や改造車の製造などを手がけた。知人と共同で東海精機重工業株式会社を設立し、エンジンの精密部品であるピストンリングの製造に取りかかるが、金属工学に疎かったため暗礁に乗り上げた。このため宗一郎は浜松高等工業学校(現在の静岡大学工学部)の補講生徒となって金属工学を学び取り、苦労の果てにピストンリングの開発に成功。自動車修理工場は弟子に譲り、自身は東海精機の仕事に専念するようになった。第2次大戦中も苦労を重ねながら会社を維持してきたが、終戦後に起きた三河地震によって東海精機の工場が焼失してしまった。この後、宗一郎は東海精機の全株をスポンサーであった豊田自動織機に売って退社。
休業の後に町工場である本田技術研究所を設立し、軍倉庫に保管されていた発動機を自転車に取り付けた簡易オートバイ”バタバタ”を製造しヒットをかました。2年後に本田技研工業株式会社を設立し、本格的に二輪車の開発に乗り出したものの、経営は苦境に陥り倒産の危機に瀕していた。
そんな最中、1949年に宗一郎の生涯の相棒となる辣腕経営者・藤沢武夫が入社。経営の一切を藤沢に任せた宗一郎は研究開発に専念し、ホンダは一気に成長を遂げた。大ヒット商品スーパーカブによって二輪メーカーとして確固たる地位を形成。
1963年には軽トラックT360/T500にて四輪車への進出を開始。大ヒット軽自動車N360や低公害エンジンCVCCを搭載したシビックを世に送り出し、四輪メーカーとしても躍進した。
1973年、自身の老いを自覚し67歳で社長を潔く引退。一番弟子であった河島喜好に社長職をバトンタッチした。
1991年、84歳で永眠。

人物

短気で直情的な性格であった。「プロジェクトX」では、感動ストーリーとして描かれているが、カッとなると部下を工具で殴りつけるような親父で、現在であれば暴力・パワハラで問題になってもおかしくはない。とはいえ、多くの人が「おやっさん」と呼び敬愛していることからも好人物であったことが伺える。 昭和初期の技術屋は大概このような拳骨指導をしていたため、別に珍しくもなかった。

経営実務は全て副社長である藤沢武夫に任せており、自らは技術開発に専念していた。黎明期のレーシングメカニックとしては極めて優秀であったと考えられるが、近代モータスポーツのメカニックとしての技術力には疑問が残り「フォースとパワーの違いもわからない」などと言われたこともある。また無謀なセッティングのマシンでのレース出場を強権的に行なったことで命を落としたレーサーもおり批判を浴びることもある。

市販車の技術者としては、典型的な叩き上げの職人であり、エンジニアとしてのセンスに優れていたが、理工学的な知識が不十分であった。
総合的な機械センスは卓越しており、エンジンの全体像を構築する構想力と車の問題点を見抜く眼力には定評があった。

技術者としての晩年、空冷エンジンが時代に合わなくなってからも空冷に固執したことで知られ、その結果として誕生したホンダ・1300は、過度に凝ったメカニズムにより軽量でシンプルという本来の空冷のメリットが全く生かされない結果となった。1973年、「脱・宗一郎」を合い言葉に空冷エンジン(CVCC)搭載車として発売されたシビックが大成功したことで、宗一郎は自らの技術者としての限界を認め、引退を決意する。

特徴

会社経営者としては異彩を放った人物である。会社組織の序列というものを何よりも嫌っており、階級に関係なく意見を言い合える環境を作ることを心がけていた。
また、経営の一切を藤沢武夫に一任した(藤沢は入社してまもなく宗一郎から社長の実印を渡されたほどである)ことを皮切りに、藤沢と協力のもと本田技研工業の研究開発部門と販売営業部門を完全に分離し、それぞれが己の仕事に専念できるシステムを構築した。
会社と従業員を守るために官僚と徹底的に戦ったことでも有名である。自動車産業の保護を名目に大手メーカー以外の新規自動車産業進出を規制する「特定産業振興臨時措置法案」に対しては断固反対の姿勢をとり続けた。
社員の主体性を何よりも尊重し、社宅なども「社員を会社に縛り付ける悪習」として一切作らせようとしなかった。愛社精神を強要する当時の風潮も忌み嫌っており、「会社は自分たちがやりたいことをするために活用する道具だと思え」といった旨を社員に公言していたほどである。

関連タグ

本田技研工業

pixivに投稿された作品 pixivで「本田宗一郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 303

コメント