ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

バイク編集

HONDA-BEAT


1983年から1986年まで販売されていた原付一種スクーター

型式はA-AF07型。


四輪のスポーツカーを思わせるスタイリングの車体に当時クラス最高出力の水冷2ストローク単気筒エンジン(7.2ps/7,000rpm・0.73kgm/7,000rpm)を搭載。


さらに排気特性を変化させるV-TACS(Variable-Torque Amplification Chamber System(可変トルク増幅排気システム))仕様のペダルにより、市街地での日常使用からサーキット(ワンメイクレースも行われた)までパワフルな走りを実現させる韋駄天スクーターとして話題を呼んだ。


軽乗用車編集

(メイン画像)

1991年から1996年まで販売。

型式はPP1型。


軽自動車でありながら当時の最新技術がふんだんに使われた、オープンタイプMRレイアウトの本格スポーツカーであった。

同年代に販売されていた類似コンセプトの2人乗り軽モデルである、マツダオートザムAZ-1スズキカプチーノと共に平成ABCトリオと呼ばれた。


座席後部に配置されるE07A型横置エンジンターボのないNA(自然吸気)仕様であるが、ホンダ独自のシステム「MTREC」により出力を強化。

トランスミッションは5速MTのみである。


内装では、純正のシートやフロアマットはゼブラ柄で、オーディオは速度によって音量が変化するギミックが特徴的であった。

軽自動車規格のMRレイアウトのため後部トランクルームは小さく、後部ボンネット上部に取りつけるキャリアーや、前部ボンネット内のスペアタイヤのホイール部分を荷物置き場として使えるようにするオプションが用意されていた。


販売終了から約20年後の2015年に、同様の設計コンセプトを受け継いだS660が登場している。


33,892台製造されたが、2022年現在においても約15,000台あまりが残存しているという。そのためホンダから純正部品の復刻が行われているほか、あまり復刻されることのない純正オーディオユニットの新型が販売されたことがある。


関連項目編集

本田技研工業 バイク 乗用車

スポーツカー 軽自動車 オープンカー


S660


オートザムAZ-1 カプチーノ

平成ABCトリオ


原由子 - 「じんじん」がCM曲に使用された

関連記事

親記事

本田技研工業 ほんだぎけんこうぎょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13278

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました