ピクシブ百科事典

原付バイク

げんつきばいく

原付バイクとは、原動機付自転車の略。一般的には排気量125cc以下のバイクのこと。一種と二種が存在する。
目次[非表示]

概要

読んで字の如く原動機を兼ね備えた自転車であるが、この「原動機」はエンジンだけでなく電動機(モーター)も含まれる。
あれ?じゃ電動アシスト自転車は原付?と思われるかもしれないが、足でこぐものは通常の自転車と同じ扱い「軽車両」であり、「原付」と呼ばれるものは足でこぐ必要がないものを指す。なおモペットという、こぐ/こがないの両方ができる二輪車も存在するが、これは原付の方に分類される。

現在日本で保有されているバイクの2/3は、この原付に分類される。

道路交通法上では50cc以下 (電動機の場合は定格出力0.6kW以下)、道路運送車両法上では125cc以下 (電動機の場合は定格出力1.0kW以下)の原動機を備えた二輪車のことである。
前者は原付一種、後者は原付二種まで含む。

一種と二種では

  • 免許制で、満16歳から取得可能
  • 車検を必要としない
  • 原付専用の安価な任意保険「ファミリーバイク特約」に入れる
  • 高速を含む自動車専用道路(≠有料道路)を走れない

など共通点はいくつかあるものの、それ以外の実態は全く異なる乗り物である。

原付一種(第一種原動機付自転車)

50cc以下 (電動機の場合は定格出力0.6kW以下)の自動二輪車。現在はほぼ日本のみでしか販売されていない。一般的には「原付」というと、この一種のことを指す
バイクや自動車と違い実技試験がなく、筆記試験のみで、身体条件も「視力が両眼で0.5以上であるか、片眼の視野が左右150度以上で、視力が0.5以上であること」を満たせばいいだけである。費用もせいぜい二万円ほど。ただし試験前または後に運転免許試験場、警察署、指定自動車教習所などが主催する、技能講習を受けなければならない(事前に技能講習を受講しなければ学科試験の申し込みができない地域もある)。

あらゆる交通免許で最も取得のハードルが低く、高校生のうちから気軽に取る者も多い。マイナンバーカードが発行に時間がかかること、学科試験の模擬問題がネットでたやすく入手可能なことなどから、現状でも「一番早く取れる身分証明」の座は揺らいでいない。
このため原付に乗る予定がない人でも取得する人はいる。

※参照Togetter:『入場時に身分証確認があるライブに行きたい一心で原付免許を取得した体験談「推しのライブ1週間前に身分証の有効期限が切れていることが発覚して原付の免許をとった話」

尤も小型特殊免許以外のあらゆる運転免許には原付免許が付帯しているため、普通自動車免許の取得とともに資格を得るのが最も多いパターンだろう。

しかしこうした取得のお手軽さとは裏腹に、道路交通法上は法定速度30km/hや二段階右折の強制/禁止といった規制が多い。これらは制定当時はなんの問題もなかったのだが、四輪自動車の普及・大型化と共に原付が交通の流れを妨げるようになる。そのため追い越しができないような状況では煽り運転の標的にされやすく、危険である。しかしだからといって速度を上げれば、今度は警察の取り締まりの格好の的になる、という理不尽な二律背反に直面している。
原付側も性能向上により30km/hを余裕で超えられるようになっているのだが、それでも法定時速の見直しはされていない。

もちろんデメリットばかりではなく、車体価格や維持費、燃費(平均して70km/L、MAXで110km/lも!)が圧倒的に安い、道交法上自転車と同じように駐輪場に停めることができるためマンション暮らしは駐車場を借りる必要がないなどの良さもある。
何よりママチャリにしか乗ってこなかった高校生から見れば、原付は夢のような乗り物である。

繁栄と衰退の歴史

かつては車体価格の安さや免許制度の敷居の低さにより、自動車に並ぶ移動手段として昔から重宝されてきた。
1980年代HY戦争やバイクブーム時代は、スクーターを中心に各社が多数のラインナップを展開。また排ガス面で不利だが、同じ排気量で4ストロークの倍のトルクを出す2ストロークエンジンが現役だったこともあり、MTスポーツバイクもといスポーツ原付も存在した。

しかし年々厳しくなる排ガス規制により生産終了する車種が相次ぎ、残った車種も規制対応の為に開発コストを割き、車体価格の上昇を起こした。価格が上がれば、低価格をウリにしていた原付一種は当然販売台数が低下するため、需要が日本に限定される原付に力を入れる意義も失われていった。

2008年には2ストロークエンジン車が生産終了。
2017年にはホンダのモンキーエイプが生産終了し、MTのモデルが消滅した。
更に2018年には、ヤマハがかつての宿敵ホンダと原付一種のOEM契約を結び、量販車種の自社生産を終了。

このように現在では、原付一種市場はかつての繁栄が嘘のように衰退している。
宣伝活動も消極的で、テレビCMも放送しなくなった。

しかしアニメ・ドラマの「ゆるキャン△」の成功により、原付旅に憧れる若者がチラホラと出てきた。加えてコロナ騒動で三密にならない通勤手段や、渦中で人気を集めるUberEATSの輸送手段としての人気が急上昇しているため、まだまだ頑張れそうなところでもある。

呼び方

原付、原チャリ、原チャ、スクーターバイク等、様々な呼称が存在する。
世界中で最も売れた原付であるホンダ・スーパーカブより、古い世代ではカブと呼んでいる人もいる。
また、昔はバッタとも呼ばれていた他、静岡県遠州地方ではポンポンとも呼ばれる(共にエンジンの排気音に由来)。

原付二種(小型自動二輪)

エンジン排気量が50㏄~125cc未満、モーター定格出力1.0kW以下の自動二輪車。通称「原二」。
原一とは異なり、実技試験も合格した上で自動二輪免許(小型限定以上)を取得する必要がある。教習費用も含めると10万円以上はかかるし、車両の価格も一種より高い。
しかし一般道路の最高時速での走行(=自動車と同じ速度)が許されており、二段階右折も不要。タンデム用座席ステップハンドル及びベルトが装備されている車両なら二人乗りもできるとその分メリットも多い。
駐車場では基本的には自動車と同じスペースに停める必要がある。

…ここまで書けば分かる人もいるかもしれないが、原二の実態はただのバイクであり、「原付」とは名ばかりである。

そんな原二が「原付」を名乗れる唯一の理由は、概要で述べた通り「高速などの自動車専用道路を走れない」という規制を受けている点にある。しかしそのおかげで税金や保険類が安価に設定されているため、高速を利用しない者や身近に自動車専用道路が無い者には却ってメリットになる。維持費も一種ほどではないが十二分にお財布に優しく、燃費は40~50km/Lに余裕で達する。
趣味として乗れるバイクとしては破格に維持費が安いため、若いライダーや複数台持ちライダーには「コスパ最強」として崇め奉られている。

一種は人気低下の一途だが、二種は免許制度が見直されてAT限定なら最短2日で取得できるようになったこと、一種同様COVID-19関連での手軽で速い足の需要、さらには国内市場のダウンサイジング化(250ccなど小さいバイクがもてはやされるようになってきた)などの要素により、実用・趣味両面からの人気が上昇している。
メーカー側としても海外需要があるため(欧州では自動車免許さえあれば125ccに乗れるのだ)採算は取りやすく、スクーターからMTのフルカウルのスポーツバイクまで依然としてラインナップは充実しているため、原付市場の新たな主戦場となりつつある。元は一種だったモンキーが、グローバルモデルのモンキー125として二種になることで生き残ったことからも原二需要の安定感が分かるだろう。

なお地域にもよるが、ナンバープレートは51~90ccが黄色地/黒文字で、91~125ccがピンク地/青文字である。
人気の高い原二も、唯一この色付きナンバーだけは「ダサい」と大変忌み嫌われており、これを受容できるかが、自動車専用道路と並び趣味としての原二乗りになるかを左右する重要なポイントになる。

短時間挑戦 3429


スズキGSX-R125。こうみえて原付である。そしてピンクナンバーである。

余談

  • 駐車のルールについては各項目でそれぞれ述べたとおりだが、実際にはその駐輪場/駐車場の管理者の裁量に委ねられている部分が多いため、確認が必要である(原二でも駐輪場に停めていい/停めなければならない場合もある)。
  • 一種も二種も現在は単気筒のみであるが、かつては2気筒のモデルもそれぞれに存在していた。
  • MotoGPでは1962~1983年に50ccクラスが、1984~1989年に80ccクラスが、1949~2011年まで125ccクラスがそれぞれ存在していた。
  • 「原付は危ない」という説が他のバイク乗りから主張されることがしばしあるが、警視庁の統計データでは原付の重傷率は一般的なバイクの1/2、死亡者に至っては1/4程度にしかならないので、むしろバイクの中では最も安全な部類なのである。ただし車よりは危険という事実は変わらないため、法で定められているヘルメットはもちろん、長袖や胸部プロテクターの装備などを推奨する。


関連項目

バイク スクーター モペッド
ミニカー(排気量50㏄未満、定格出力0.60kW以下の四輪自動車)
原付萌奈美

外部リンク

Wikipedia・原動機付自転車

関連記事

親記事

バイク ばいく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「原付バイク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3628

コメント