ピクシブ百科事典

概要

排気量750ccのオートバイ。狭義には、ホンダが1969年に発売したCB750Fourのことを指す。
百の位の「7」と、50が100の半分であることから「ハン」で、合わせて「ナナハン」と呼んだ。

日本のオートバイ技術が世界に認められた歴史的商品であり、一大ムーブメントを巻き起こして、オートバイとは無関係な商品にも「ナナハン」の名がつけられることになった。
しかし、「これ以上の排気量アップによる高性能化は危険」と各メーカーが判断した結果、国内でのラインナップはこの排気量を自主規制で上限とした。
たとえばカワサキZ1は900cc、スズキカタナは1100ccであったが、この自主規制により、国内仕様はわざわざ750ccにダウンサイズして発売していたのである。ただし、それら国外向けの車種は逆輸入という形で購入することは可能だった。

この自主規制は1990年に撤廃されたものの、以降も伝統的に750ccを採用する車種が多数存在した。
また、2011年までは大型自動二輪の教習車に750ccが指定されており、教習生時代に750cc(特にCB750)にお世話になったライダーは多い。

関連タグ

バイク 大型自動二輪 オートバイ イレブン パパサン ロクハン 

関連記事

親記事

バイク ばいく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ナナハン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 411079

コメント