2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「戦場ヶ原、蕩れ」

概要

CV. 神谷浩史

化物語』時点で私立直江津高等学校3年生。高校卒業後は国立曲直瀬大学理学部数学科に進学し、大学卒業後は警察官となった。
誕生日は4月中旬、日付は不明。
高校三年生の春休み、瀕死の吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードを救い、紆余曲折の末「吸血鬼もどきの人間」になった。また、その影にはキスショットその人でもある忍野忍が潜んでいる。
妹に火憐月火ファイヤーシスターズ)がいる。
高校三年生時のクラスメイトに羽川翼戦場ヶ原ひたぎ(と老倉育)がおり、翼から指名されてクラスの副委員長を務めている。

皮肉屋でニヒルな人物像であるが、根はお人好しで、少々屈折した自罰的・後ろ向きな面が見られる。中学生までは成績優秀で人当たりの良い性格であった。高校一年生にとあることがきっかけでグレはじめ、街の警察官からも顔と名前が知られているほどとなっている。妹たちは当時の兄の真似をしているらしい。
高校在学中は自分では「存在感がない」としていたものの翼曰く「悪目立ち」しており、彼のことをよく知らない周りからは「不動の寡黙」なる二つ名で呼ばれていたとのこと。卒業後は学園のスターである神原駿河に慕われていることもあって「伝説の先輩」とも呼ばれている。
漫画版では暴走族の活動を停止させる、異性にモテモテなど彼の伝説の一端が描かれている…なお、モテモテなのは時期的には吸血鬼もどきになった後だが、昔からよく見られる光景らしい。
怪異がらみで多くの女性陣から好意を寄せられている(「こよみハーレム」)が、(特に同性の)友達が少ない。半ば強がりもあるが、友達を作らない理由については「人間強度が下がるから」と言及している。
年相応にスケベな一面も見られ、作中では数々の特殊性癖が露呈している。

学業成績はあまり良くないものの、ある人物の影響で数学だけは非常に優秀である。
元々の身体能力は人並み程度で、吸血鬼もどきとなってからはキスショット=忍に血を吸われる(つまり吸血鬼に近づく)と身体能力および再生能力が向上する。ただし漫画版ではギャグとはいえ「汗ひとつかかず電車と同じスピードで自転車を漕ぐ」というシーンが描かれていたりする。泳げないが、吸血鬼化の影響で流水に弱いのか本人がカナヅチなのかは微妙なところ。
通学用にママチャリ、街中のツーリング用にマウンテンバイクを所有していたが、いずれも怪異との接触でボロボロに破壊されている。

周囲には秘密にしているが、両親は警察官であり、特にからはその仕事柄もあって「正しさ、正義とは何たるか」ということについて厳しく躾けられた。本人はその教えについては「成功したともいえるが失敗もした」と言及しており、逆に妹たちは反面教師的に自由に伸び伸びと育てられ、まっすぐした人間性を獲得している。

容姿

顔は母親似であると語られている。

身長は165cmで、同じ165cmでもひたぎより数ミリほど低い。妹の火憐には既に抜かされている。中学生の時は身長が高い方だったが2年生ごろに止まってしまったらしく、密かに気にしている様子がある。

黒髪で、頭に大きなアホ毛がある(このアホ毛は遺伝らしく、妹たちや母親にもある)。また、アニメ版では左目が隠れた姿で描かれることが多いが、何か秘密があるというわけではなく角度によって普通に見えていることもある。映画版『傷物語』では分け目が逆になっている。
キスショットの吸血痕を隠すため後ろ髪を少し伸ばしており、大学進学後はさらに伸ばしているようでアニメ版『花物語』では肩より下までの長髪となっている。

pixivでの単体でのイラストは少なく、他のキャラと同時に描かれることが多い。

関連イラスト

阿良々木暦
暦、蕩れ


こよみヴァンプ
ゲットだぜ!



関連タグ

物語シリーズ 化物語 傷物語 こよみヴァンプ
戦場ヶ原ひたぎ 羽川翼 老倉育
忍野メメ 忍野忍
阿良々木火憐 阿良々木月火

化物語CP

中の人ネタ

デュララ木さん
夜ト…中の人ネタ。神様との関係がある、刀を戦闘で使用した事があるなど共通要項もある

関連記事

親記事

化物語 ばけものがたり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26033862

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました