ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「お前は何も覚えていないのよ――阿良々木。自分が何で出来ているか知らないの」

概要

CV.井上麻里奈

終物語』、『続・終物語』、『愚物語』、『結物語』のメインキャラクター。

そだちリドル」、「そだちロスト」、「こよみミラー」、「そだちフィアスコ」,「なでこドロー」に登場する。


初登場は『終物語 上巻』。

阿良々木暦の高校1年生時のクラスの学級委員長である。

クラスメイトからは、「ハウマッチ」(老倉=おいくら=お幾ら?)と呼ばれていた。(本人は、数学が得意で好き故に「オイラー」と呼ばれたかった)

1年生時のある『事件』を境に不登校になるが、3年生の10月下旬に再び登校してくる。


決して悪人ではなく、里親や市役所・図書館などといった、警察以外の公僕には無害なのだが、家庭事情が関係しているのか利他的かどうか怪しい人物で。特に阿良々木以外の直江津高校生徒に対する言動は下手な悪人以上に傲慢(ただ、戦場ヶ原曰く、弱い人間には優しかったとの事。また後述の事情から察するに単なる自分本位ではなく、他者の目線で物事を考える余裕がないといった様子である)。

また、ある時期から家に閉じこもってしまった母親を、不純で悲しい動機混じりとはいえ、なんだかんだで面倒を見るなど、母親想いなところも。


大の数学好きで他の座学にも長ける。だが、そのせいか、座学ありきな考え方や、自分の勉学に関する価値観の押し付けが目立っていた時期があり、それが祟って阿良々木暦以外の生徒から大顰蹙をかった末に墓穴を掘ってしまったことも。

一方で一人暮らしが短くないためか、メレンゲの事を自己紹介の時に言うべきか言わぬべきか悩む描写や、美少年とのめぐり逢いに心ときめかせるといった等身大な一面を覗かせる時もある。


ネタバレ

























実は阿良々木暦の幼なじみである。

一時期(小学6年生時)、家庭内の不和により阿良々木の家で保護されていたが、暦はその事を『憶えていなかった』。また、中学1年生の夏休みに暦と『楽しい数学』の勉強を続けていたのだが、夏休みの最終日、突然姿を消してしまった。この事については、暦は『彼女が小6の時の彼女と同一人物である事に気が付かなかった』。そして彼女が『暦に期待していた事にも気付かなかった』。


色んな意味で『気付いてもらえなかった』育は、高校1年生時に再会した暦に対しきつい態度を取る様になる。また、数学だけは成績の良い(この時のテストで数学が百点満点だったのは、このクラスでは暦だけであり、育は99点だった)暦に対して上記の台詞を彼女は言い放ったのである。


しかしながら育も育で暦をどうこう言える立場ではなく、1年生時の事件の際、育は途中から暦以外のクラスメイトを殆ど人間扱いしておらず、自分の独善と阿良々木への極めて個人的な復讐願望を満たすダシとして無自覚で利用しようとしてしまっている。


その過程で……

  • 進路に大して響く訳でもない小テストでの不正を暴くためだけに、直江津高校のルールと学級委員の立場を悪用し、クラスを完全に私物化。その上でクラスメイトが皆、熱中症で倒れかねない状況に仕立てあげつつ、教室に長時間軟禁。(その間、トイレ休憩等もなし。)
  • 小テストの前の勉強会の際に散らかし放題にしたままの物を、他の級友に片付けてもらった事について、謝罪や礼を言う事なく手前勝手に犯人捜し続行。
  • 犯人と名乗り出る者が現れても話半分に聞き流して、犯人捜しを続行させ、真犯人が仮に自白しても殆ど意味のない状況を作ってしまう。
  • 疲れも響いたとはいえ、自ら多数決で犯人を決めてしまおうと、冤罪事件首謀ともとれる事を言い出した後、自分の気に入らない人間の名前の多数決をとるときには、迷わず手を挙げ、クラスメイト全員の前で犯人に仕立てあげ、吊し上げようとする。

などなど、DV被害の救援サイン無視をした阿良々木と同等かそれ以上の愚行を、わずか半日足らずで全て行ってしまっているうえ、警察とはいえ命の恩人である暦の親すら全く人間扱いしておらず、再会した息子の暦に碌に御礼も言わないまま、上から目線かつ回りくどい撒き餌で利用し、身内などに老倉家の事を言わないでと自分で念押しするといった己の非を全く引き合いに出さずに短期間の失敗を散々責めて社会的に破滅させようとするなどの行為を働いてるため、後述の恩知らず云々に関してはお互い様である。



おまけに、再登校時では、

  • 「人は誰かに助けてもらわなきゃ幸せになれない──そんなこともわからない馬鹿が、嫌いで嫌いで死にそうだ(かつて犯人捜しの前の勉強会で散らかし放題だった物を他の級友に片付けてもらった恩について、話の流れとはいえ、感謝や謝罪の言葉を口にしなかった上、とんでもない仇で返した揚げ句、謝らず終いだった人間の台詞)。」
  • 「許せないのはお前だ。阿良々木、お前以上の恩知らずなんていない。独りよがりなんだ──お前の正しさなんて(自分の独りよがりで、上記の恩人を含む級友のほぼ全員を熱中症寸前になりかねない閉鎖空間に、長時間閉じ込めて犯罪者に仕立て上げようとした上、謝らずに不登校になった恩知らずな独善者の台詞)。」

等と事件への反省が無い事と級友に対する(間接的かつ)度が過ぎる侮辱が顕著。そのうえ、戦場ヶ原に対しても上記の暴挙を棚にあげて恩着せがましい事を言うなど、徹底して級友の尊厳を紙より軽く扱った末、感情的に暴行を加えた為に、彼女から痛烈なグーパンを受けた。

(そして、これ程までに暴走するように助長させてしまった事が、暦の罪深さともいえる。)


だが、実は彼女とその母親には、上記の台詞を言った本人ですら知らない、狂気すら感じるほどの出来事が起きており……。


『終物語(上)』の事件後、戦場ヶ原に上記の暴力行為などについて謝罪したうえで転校。その高校でも、相手が我慢の限界を迎えて怒声を浴びせ続けるまでストーキング紛いの行為を働くなどの事件を起こした。(ただ、この件に関しては無視を続けた相手にも問題はある。)

その後、阿良々木と同じ大学の数学科を受験し、合格した。


続・終物語

euler

暦が迷い込んだ鏡の中が舞台のこの世界では髪型がツインテールでは無くショートヘアになっている。両親とは別れたものの阿良々木家に引き取られ暦の家で家族同然として暮らしており、オイラーではなくガウスが好きと答える。

性格も本編世界とは違い、明るいものになっていて暦に対しても親愛の情を見せるなど本編では見られない彼女が見られる。

しかし、「私、とっても幸せなのに―――こんなの、全部嘘だって思ってる」と暦に発言するなどこの世界に対して疑問を感じている場面も…


関連イラスト

老倉育「私はお前が嫌いだ」老倉育



関連タグ

物語シリーズ 終物語 数学 ロリ倉

化物語CP トラブルメーカー エゴイスト 毒親の被害者 愚か者 18歳児 クレーマー 口は災いの元


幸田香子 - 羽海野チカの指名により中の人繋がりとなる。

我妻由乃 - 両親からの問題行動が原因で、衝動性と攻撃性が強いうえに、主人公に対する執着のあまり、時折、他の生徒をぞんざいに扱ってしまう暴走系つながり。学業に長ける点・主人公からはドン引きや怒鳴られるといった事があっても然程嫌われてない点・ある状態になった肉親と衝撃的な生活をしていた点でも共通している。

 ただし、老倉は戦闘能力が常人並かそれ以下なのに対し、我妻はかなり高めで、執着の形も正反対

関連記事

親記事

終物語 おわりものがたり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2649683

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました