ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ホンダが発売している原付バイク
日本のみならず世界中で愛されている、ホンダを代表する傑作である。

do you have a wing


登場したのは1958年。
以降、60年以上に渡ってモデルチェンジや仕様変更を繰り返しながら生産されている。
一般ユーザー以外にも、新聞屋や郵便屋が日常的に使っている為、誰でも一度はその姿と排気音に覚えがあるはずである。

海外でも、アジア圏を中心に根強い人気を誇り、ベトナムなどでは「カブ」「ホンダ」がバイクの代名詞になっているほどである。
発売当初はアメリカでも大ヒットし、「バイクは不良の乗り物」という当時のイメージの払拭に多大な貢献をした。

2017年には、シリーズの総生産台数が1億台を突破。
この数字はT型フォード(1500万台)やビートル(2152万台)を遥かに上回るもので、単一車種としては世界一売れた乗り物である。

特徴

操作性

開発時の目標に「蕎麦屋の出前が片手で運転できること」があったため、MTのバイクでありながら実際に左手を使わずに運転できる。
スイッチ類は右手側に集約され、クラッチ操作をせず足踏みだけで変速できる自動遠心クラッチを開発。
チェンジペダルも、下駄でも扱えるようシーソー式を採用。
これは靴のつま先を傷めないというメリットもあり、支持を広める一因となった。

ちなみに、クラッチ操作が不要なため、構造はMTでありながら道路交通法上はATとして扱われ、原付二種のモデルはAT限定免許で運転可能で。

エンジン

発売当時は原付の主流は2ストロークエンジンで、4ストロークエンジンの採用はカブが初めてであった。
一般的にパワーで劣る4ストロークながら、当時の2ストロークを軽く凌駕する4.5馬力という高出力を叩き出した。
加えて非常に低燃費である事も有名で、いたわって走れば90km/L、飛ばしても60km/L程度を記録する。

現在では、環境規制の強化に対応してパワーが落ちており、高出力なイメージは無くなったものの、低燃費は健在である。

余談だが、ホンダは毎年「エコマイレッジチャレンジ」という、カブのエンジンをベースにした自作車両での燃費大会を開催している。
市販車無改造クラスでは最高541.461km/L、カブのエンジンをベースとした競技車ともなると3000km走る強者も少なくなく、大会公式記録では3,644.869km/L(平成11年度)という燃費を打ち立てたこともあった。

車体

乗り降りのしやすさを考慮し、アンダーボーンフレームと呼ばれる股下を通るフレームを採用している。
このアンダーボーンフレームはビジネスバイクのみならず、現在ではアジア圏のスポーツバイクにも普及しており、バイクの新しい形態を築いた。
足元を水や風から守るレッグシールドも特徴の一つである。

カブ特有のこのような車体形状は、2014年に立体商標登録として特許庁に認定されている。

耐久性

カブを語るうえで欠かせないのが、常識破りなまでの耐久性である。
特にアジア圏においては過積載が日常的に行われ、およそ原付が積むようなレベルを超えた荷物を日常的に背負っているが、全くと言っていいほど故障とは無縁である。
これは発売当時の日本の道路が整備されておらず、不整地でも問題なく荷物を積んで走れるよう冗長性を持たせて設計した為である。

度を超えた頑丈さは数々の伝説を生み、バイクに詳しくない一般人にも「壊れないバイク」というイメージを広めた。
とある海外番組で「カブいじめ」とも呼ぶべきあらゆる酷い仕打ちを受けても壊れず、最終的にビルの上から落とされたが、ちゃんとエンジンはかかりギアも入り、タイヤが歪みながらも前進して見せた。
これに驚いた実験者は「高性能爆弾でも使わない限りカブは壊れない」というコメントを残している。

ホンダ自身も、カブの耐久性は未知数だとしている。

現況

SUPER CUB


長らく国内生産してきたカブだが、2009年にはフルモデルチェンジを受けたスーパーカブ110が登場。
それまでのアイデンティティだった鉄板プレス構造のフレームを捨て、外装がプラスチックになった。
この頃になると片手で運転するような人もほぼ居なくなった為、一般的なバイクと同じように左手側にもスイッチを配置した。

NEW カブ110


2012年には50cc共々モデルチェンジを受け、同時に生産が中国に移管された。
デザインは世界基準に合わせるためにアジア寄りになり、これは日本では賛否が分かれた。
性能面では全車が4速ミッションになり、セルモーターも標準化するなど進化した。

夏美さん


2017年には再度のモデルチェンジを受け、生産が日本国内に戻った。
デザインもスーパーカブの源流ともいうべき伝統ある様式に戻り、原点回帰を果たしたと言える。
度重なる環境規制対応と技術の進化により、価格は原付にしては高価になってしまったが、今まで築いた多種多様な実績から、ホンダを代表する看板商品であり続けている。

「カブ」の名称について

スーパーカブという名称は、これ以前に発売されていた自転車用外付けエンジン(現在のモペッドの前身)である「カブF型」に由来する。
ただし現在では「カブ」と言えば基本的にスーパーカブの事を指す。
あまりに売れて普及しすぎてしまったため、ビジネスバイクの代名詞的存在となってしまい、しまいには他社のバイクでさえ、詳しくないユーザーからはヤマハのカブ」「スズキのカブと呼ばれていた。

関連項目

HONDA バイク 原付

関連車種

同じ「カブ」の名を冠するバイク

カブのエンジンを使用したバイク

カブのエンジンは汎用性に優れており、細かい仕様変更を受けて様々な車種に流用されてきた。

スーパーカブに類似したスタイルを持つビジネスバイク

関連記事

親記事

HONDA ほんだ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スーパーカブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1246335

コメント