ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1972年に販売が開始されたHONDAの世界戦略車。セダンを基本に、ハッチバック・ファストバック、クーペなどを展開する(国によって差異あり)。
初代モデルは当時世界一基準が厳しかった排ガス規制であるマスキー法を初めてクリアしたCVCCエンジンを搭載した画期的な車で、すぐに売り上げを伸ばしホンダの看板車種となった。

トヨタでいうカローラにあたる稼ぎ頭のミドルセダンであり、2017年には車名別世界乗用車販売台数ランキングでカローラに次ぐ2位につけるほどの売上を見せている。
しかし新モデルが出るたびにがらっと内容が変わる車で、加えて年々ボディが肥大化していったことから日本国内での販売は振るわなくなり、日本市場から撤退していた時期もあった。

4代目モデルからはVTECエンジンを採用するスポーツモデルが、6代目からはエンジンや足回りを特別にチューンされた"タイプR"グレードがそれぞれ登場し、FFスポーツカーの代名詞としてファンから熱狂的な人気を博しており、日本でもタイプRに限って販売していた時期もある。

歴代モデル

初代 SB1/SG/SE/VB型(1972-1979年)

ホンダシビック1200RS(SB1型)


1972年7月登場。
歴代モデルで唯一、独立したトランクを持った2ドアセダンである(後に4ドアも追加設定された)。

1973年12月に登場したCVCCエンジン搭載モデルは、アメリカで初めてマスキー法をクリアしたクルマとしても有名。

スポーツモデルのRSは、イメージカラーのオレンジ色と共にこの車を象徴するグレードとなり、時を超えて現在はフィットに受け継がれている。

2代目 SL/SS/SR/ST/VC/WD型(1979-1983年)

1979年7月登場、通称「スーパーシビック」。
プレリュードに採用された「集中ターゲットメーター」を採用して話題になった。
デザインは先代の影響を色濃く残している。

スポーツモデルはCXに名称変更。
このモデルから、後に多数のトップドライバーを輩出し、全国で活況を呈した「シビックワンメイクレース」が始まった。

3代目 AG/AH/AJ/AK/AT型(1983-1987年)

BP ワンダーシビック


1983年9月登場。通称「ワンダーシビック」。
ホンダ車で初めて日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した他、3ドアハッチバックは自動車として初めてグッドデザイン大賞を受賞している。

1984年10月、ZC型エンジンを搭載したスポーツモデルのSiを追加。ツーリングカーレースでの活躍もあって人気となった。
シビックのスポーツイメージは、このモデルが築いたと言えるだろう。

また、派生車種のバラードをベースに、CR-Xが登場したのもこの頃である。
モータースポーツにおいては、シビックはレースに、CR-Xはジムカーナに多用される傾向にあった。

4代目 EF型(1987-1991年)

シビック


1987年9月登場。通称「グランドシビック」。
デザインはヒラメがモチーフだとか。

EF型からオートマチックミッションがロックアップ機構付きの4速ミッションとなった他、サスペンションがアコードと同様のダブルウィッシュボーン式となった。
しかしストロークが不足しており、限界まで攻めると姿勢を乱しやすいという弱点もあった。

1989年9月のマイナーチェンジで、VTECが備わったB16A型エンジンを搭載したSiRが登場。
1600ccクラスで無敵とも言える速さを誇った。

ハッチバックとセダンは1991年にモデルチェンジされるが、5ドアのシャトルと商用モデルのプロは、後継のオルティアとパートナーが登場した翌年の1996年まで販売されている。

5代目 EG型(1991-1995年)

EG6


1991年9月登場。通称「スポーツシビック」。
デザインはサンバをイメージしたとか。

サスペンションは先代同様のダブルウィッシュボーン式だが、ストロークを大きく取って路面への追従性を高くし、歴代最高のハンドリングと評価された。
また、シビックとして二度目の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。
ハッチバックはリアゲートが2分割で開く設計になったが、不評だったのか後継モデルには継承されなかった。

本モデルからセダンに「フェリオ」のサブネームがついたほか、アメリカ工場で生産されたクーペも登場している。

6代目 EK型(1995-2000年)

シビックタイプR


1995年9月登場、通称「ミラクルシビック」。
3ドアモデルは、ホイールベースを長くして居住性が改善された。
エンジンは低燃費と高出力を両立した3ステージVTECに進化したほか、一部グレードではトランスミッションにCVTが用意された。

1997年8月にはホットモデルのタイプRが登場。1600ccのNAエンジンとしては驚異的な185馬力を発生し、今なおクラス最強との呼び声が高い。各種モータースポーツでも大活躍した。

7代目 EU型(2000-2005年)

シビック(EP)


2000年9月登場、通称「スマートシビック」。
EK型の頃から3ドアハッチバックの売れ行きが悪くなり、EU型からは5ドアハッチバックとなった(フェリオは継続される)。
前席ウォークスルーやインパネシフトなどによって、今までにない居住性を実現した。

2001年12月に、タイプRの登場を望む声もあって、タイプRが復活。
イギリス仕様の3ドアハッチバックをベースにし、イギリスから輸入販売という形になった。
また、フェリオにハイブリッドが追加された。

デビュー翌年に登場したフィットが大ヒットとなった一方、シビックの売れ行きは伸び悩んだ。
タイプRも大型化と3ドアゆえにターゲット層が曖昧になり、モデルチェンジを迎える前に輸入打ち切りとなってしまった。
このモデルではシビックワンメイクレースが設定されず、代わりにインテグラによるワンメイクレースが開催された。

8代目 FD型(2005-2011年)

2005年9月登場。日本では先代ハッチバックの販売不振などにより、4ドアセダンのみの販売となった。
それに伴い、フェリオのサブネームも廃止された。
モデルチェンジで大型化されたアコードの穴を埋めるために、ボディサイズが歴代で初めて3ナンバーサイズとなった。

2007年3月、タイプRが追加設定される。
先代タイプRや前年に生産終了となったインテグラタイプRよりも高い225馬力を誇り、タイプRを冠する車種としては最後のNAエンジン搭載モデルとなった。
シビックワンメイクレースも復活したが、同時にこのモデルを以て開催終了となり、2代目から続いた32年の歴史の幕を引いた。

この頃から海外仕様は専用デザインとなる。
日本にはイギリス仕様の3ドアハッチバックのタイプRが、タイプRユーロとして台数限定で販売された。

しかし、今までのハッチバックのイメージとのズレや、セダン離れ等の影響もあって売り上げは伸びず、2010年にシビックの日本仕様が生産終了となってしまった。
まぁ、創立者の「売れる場所で売れるものを作る」という考えから、シビックは需要がないと判断されてしまったのだから仕方がない。

2011年のモデルチェンジ以降、シビックは国外市場向けのモデルとなる。
ところが...

復活

9代目 FB型(2015-2016年)

2015年9月、欧州仕様のFK型シビックをベースにした、新型タイプRの関連情報を先行公開し、翌月に正式発表。タイプRのみではあるが、シビックが日本に帰ってきた。
この新型シビックタイプRは750台の限定販売となり、申し込みもディーラーではなくホームページ上で行われるのみ。
この750台という販売台数は、ドイツのニュルブルクリンクで7分50秒台を記録したことが由来である。エンジンは伝統のNAを捨ててターボ化し、310馬力を得た。
翌年3月、無事完売となった。

このモデルから、ニュルブルクリンクにて「量産FF車世界最速」の座を賭けて欧州勢との争いが過熱する。
主なライバルはルノーメガーヌフォルクスワーゲンゴルフ

10代目 FC/FK型(2015年-)

ホンダ シビック・TYPE-R


欧米での大ヒットをうけて日本でも2017年9月から販売されている。海外仕様に応じた内容であるため、歴代で最も大きな車体となる。
イギリス工場で生産された車体を輸入して日本で販売する5ドアハッチバックが設定されている。また、ハッチバックの車体を元にしたスポーツモデルであるタイプRも設定されている。
パワーは320馬力を発生。ニュルブルクリンクのタイムアタックでは7分43秒台を記録し、FF車最速の称号を奪取したが、2019年4月にメガーヌR.S.トロフィーRが叩き出した7分40秒台に更新された。
但し、メガーヌやゴルフは事実上ニュルブルクリンク最速だけを目指した限定車なのに対し、シビックタイプRは通年販売車である点には注意を要する。

5ドアハッチバックシリーズのほか、埼玉県寄居町に存在する埼玉製作所寄居工場で製造されているセダンも存在しており、ボディタイプによって生産国が変わるという、特殊な形態をとっていた。
だが、日本市場においての、セダンそのものがほとんど売れない傾向には逆らえず、2020年8月までに日本向けの販売を終了する事になった。

関連タグ

ホンダ
VTEC
インテグラ(3代目以降がシビックと共通のプラットフォームである)

関連記事

親記事

本田技研工業 ほんだぎけんこうぎょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シビック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 482331

コメント