ピクシブ百科事典

タイプR

たいぷあーる

ホンダが製造している乗用車に設定されたスポーツグレード。
目次[非表示]

タイプR(Type R)は、ホンダが製造する自動車に設定されたグレードの一つ。

概要

ノーマル車より性能が上げられたエンジン、専用のホイールや外装部品、運動性能が高く乗り心地が硬いサスペンション等などが特徴の、ある意味「純正チューンドカー」とも言えるものである。

全車がMT車で、性能と無関係な部分では、前後に付けられるホンダのHマークは専用の赤いバッジ、専用色のチャンピオンシップホワイトが設定される。

一方で、オーディオクーラーが純正で装着されずオプションのモデルがあったり、遮音材が最低限だったりするなど、快適性の優先順位は低めである。

主なモデル

最初にタイプRが設定されたのは、NSX(NA1型)で、1992年のことである。
「よく走り、なおかつ快適な究極のスポーツカー」をとして登場したNSXに、車体部品を軽量なものに交換したり快適装備を省けば更に運動性が良くなるのでは?と考えた開発技術者チームの発案がきっかけだという。

以降、1995年からインテグラ(DC2・DB8・DC5型)や、シビック(EK9・EP3・FD2・FN2・FK2・FK8型)に設定された。
海外ではアコード(CL1・CL7型)にも設定されたが、こちらは日本市場のタイプRよりは幾分快適志向で、日本では同仕様のものは「ユーロR(EURO R)」として発売された。

シビックに限れば、EK9型とFD2型以外はすべて英国製、他は国産である。
タイプRといえば国産ホットモデルの雄とも言えるモデルだったが、シビックの場合は英国製の代のほうが多いことになる。

実績

NSXを除けば、排気量2L以下で価格も現実的なレベル(例えば1.6LエンジンのEK9型シビックは200万そこそこ、2LエンジンのDC5型インテグラは260万ほど)でありながら性能が高かったため人気を博した。
特に、モータースポーツの中でも、改造範囲が厳しく制限されたクラスでは、純正状態で高い性能を発揮する本モデルはかなり重宝された。

また、ターボ車のFK2型シビックが登場するまでは、全車がNAエンジンだったが、タイプR向けのエンジンはNAエンジンながら出力が高いことでも有名で、これも排気量別でクラス分けが成されるモータースポーツでは有利であった。

  • 一般的にターボ車であれば同じ排気量でも1クラス上で戦う必要がある。

先に述べたとおり(NSX以外は)実はかなりのお買い得車だったものの、FN2型シビックあたりから300万円の大台を突破し、性能はともかく従前のモデルより割高となった。英国製なので仕方がないのかもしれない。

余談

  • 赤色のバッジから「赤バッジ」と呼ばれることも。また、タイプR向けにチューニングされたエンジンのヘッドカバーは赤色なので、搭載エンジンは通称「赤ヘッド」と呼ばれる。
  • タイプRが設定される前のスポーツタイプのトップグレードは「SiR」であった。これも速かったが…
  • 国内外ともに人気なため窃盗被害に遭う率が高く、また若年者の任意保険料も高い傾向にある。
  • シビック タイプRユーロ(FN2)はタイプRに含めるか否か諸説あるが、議論が紛糾するので触れないほうがいいかも知れない。
  • 実際はホンダ以外にもタイプRを名乗る車は結構あったりする。例えばいすゞベレット"GT-R"もよくよく読めばGT- Type Rだったり…

関連記事

親記事

本田技研工業 ほんだぎけんこうぎょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タイプR」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 405

コメント