ピクシブ百科事典

目次[非表示]

本田技研工業が開発、ホンダエンジニアリングが製造していた自律二足歩行ロボット

概要

ASIMOの名はAdvanced Step in Innovative Mobility(新しい時代へ進化した革新的モビリティ)の頭文字。ニューヨーク証券取引所の始業ベルを鳴らした初のロボである。市販化はされていないが、イベントや催し物などに呼ぶことはできる 。

開発史

(1986)E0→(1987)E1→(1989)E2→(1991)E3、E4→(1992)E5→(1993)E6
E0では一歩進むだけで15秒要したが、E3で静歩行から動歩行になり、E4で足首と足裏に緩衝材が入った。E5でフラついても自力で立て直すことが可能に。E6で階段昇降。平衡を保ち、障害物も乗り越えられるようになった

(1993)P1→(1996)P2→(1997)P3→(2000)P4
ここから上半身も付くようになった。P1は外部電源、P2でニッケル電池に。P3とP4で小型軽量化に成功。そして同年、アシモへ繋がることになる(2004年版よりリチウムイオン電池採用)

(2017/9)E2-DR:カナダ・バンクーバー「IROS 2017」産業展覧会で披露された災害用ロボ。稼働時間90分、雨天は20分、梯子昇降可。防塵で瓦礫は匍匐前進で乗り越え。頭部・両手にもセンサー・カメラを備え、通信は光。耐用温度は-10~40℃

※2017年9月に発表されたが既に開発は中止され再開の見込み無し(動画は『IEEE Spectrum』 公式YouTubeチャンネルより転載)

ASIMOで培われた技術の種が品種改良された『「Hondaアバターロボット」(分身ロボ)とAIサポート遠隔操縦機能』

【Honda Avatar Robot AI supported remote control】
【Honda Avatar Robot】

※動画は本田技研工業株式会社運営 公式Youtubeチャンネル 『本田技研工業株式会社 (Honda) 』より転載

ASIMOで培われた技術の種が実りをもたらす『製品・サービス化事例』

  • ASIMOの自然言語処理技術『HRiME』(マルチドメイン対話システムフレームワーク)

リモート接客システム『Remosis』(外部リンク)

ASIMOで培われた技術の種がつぼみから芽吹く『ライセンス契約事例』

  • ASIMOの「人物検出技術」

歩行者量計測ヒューマンセンシング『人物検出技術』(外部リンク)

  • ASIMOのロボット聴覚技術『HARK』(ハーク)
オープンソフトウェア『HARK OSS』(外部リンク)

関連項目

Big Dog:こちらは四足歩行動物の動的歩行のパターンを再現した四脚ロボ。ボストンダイナミクス

関連記事

親記事

本田技研工業 ほんだぎけんこうぎょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ASIMO」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ASIMO」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47558

コメント