ピクシブ百科事典

庄司慎吾

しょうじしんご

庄司慎吾とは、『頭文字D』のキャラクター。
目次[非表示]

「B16Aは世界最高のエンジンメーカーホンダが作り上げた最高傑作だぜ」

声優藤原啓治(TVアニメ版)/阪口周平(新劇場版)
搭乗車種 ホンダシビック SIR-II(EG6)
ボディカラー ミラノレッド
主な外装パーツ メーカー不明フロントリップスポイラー、無限製ホイール、5ZIGEN製マフラー
ナンバー 群馬56 よ 46-037(TVアニメ版)※/ 妙義56 よ 6-270(新劇場版)

※OVAのBattle Stageのみ群馬59 き 32-145

概要

妙義ナイトキッズのNo.2で、群馬エリアのダウンヒル最速を名乗って憚らない自信家。事実チーム内において、下りで彼に喰らいついていけるのはリーダーの中里毅ぐらいである。

登場直後は勝つ為には危険な手段もいとわず、それどころか勝った上での相手の車のクラッシュを望んでいるような人間だった。「谷底へ突き落として解体屋送りにしてやらぁ」といった人の命を軽んじる暴言も平気で吐いており、加えてつるんでいる仲間も似た物言いをしていた。こうした庄司のやり方を嫌う中里とは、チーム内で反目し合っていた。しかし拓海とのバトル後は態度を大きく軟化させている(後述)。

インパクトブルー沙雪とは小・中学校が同じで家も近所の幼馴染という設定があり、描き下ろしの番外編『インパクトブルーの彼方へ』やOVAなどでは絡みがある。

左足ブレーキを会得しており、FF遣いとしては相当なレベルとされている。
FRを目の仇にしており、池谷のシルビアを「情けないほど不安定だねぇ、FRってやつは」と嘲笑している。しかし「オレだってなー、ホンダがFR作ってくれりゃ乗りかえるよ」という台詞から、FF信者というよりはホンダ信者であることが窺える。

後にホンダよりFR車であるS2000が1998年に正式発表されるが、連載時の1996年にはまだ登場していなかった(後に登場した筑波の城島俊也は同車を遣っている)。また外伝編では沙雪に「あんたS2000買うの?」と尋ねられているが、慎吾は「欲しいけどな…買える金がねーんだ…。」と資金面が理由で入手できていないようである。
ゲーム頭文字D_ARCADE_STAGEシリーズではプレイヤーの車がS2000の時にバトルをすると嫉妬とも取れるような意識した発言をする。

作中の活躍

以下ネタバレ注意





中里毅が「秋名のハチロク」こと藤原拓海に敗れたと知り、中里を失脚させる絶好のチャンスと拓海の撃破に乗り出す。
秋名で目当てのハチロクを探しに走り込んでいる最中、池谷浩一郎のシルビアにリアからバンパープッシュし、クラッシュ寸前に追い込んだ。

その後ドリフトを練習していた池谷たちの前に再び現れ、池谷のプライドを傷つけるような言葉で挑発した。
なお、TVアニメ版では展開が異なり、池谷挑発の時点では拓海がバトルをしなかった為(原作と異なりこの時ハチロクに乗ってこなかったのもあるが)秋名のハチロクを意地でも呼び出す為にスピードスターズのメンバー探しに秋名山へ来ていた所にデート帰りのイツキと遭遇し彼のレビンにバトルを仕掛け池谷と同様の手口で(クルマも恋も)クラッシュへと追い込んでいる。

仲間を傷つけられて(特にTVアニメ版ではイツキを病院送りにされた事で普段は見せない怒りの形相でバトルを受ける決意をしていた)怒りに燃える拓海に、「100%勝てるおもしれーアイディア」と自負する特殊ルールの『ガムテープデスマッチ』を仕掛けた(詳細は当該記事を参照のこと)。
なお、このバトルは原作ではその場で始まった為ギャラリーはいなかったが、TVアニメ版では前述の通り拓海がバトルを受けるまでに日数が空いていたので通常のバトルと同様にギャラリーが大勢おり、中には店長高橋兄弟、そして毅の姿もあった。

スタートではわざと遅く走って拓海の後ろに付いてじっくり観察したり、わざとストレートで並ぶなどプレッシャーをかけて事故らせようとするなど、底意地の悪さを存分に披露した。

初めは思うようにカウンターを当てられずに苦戦していた拓海だが、バトルの最中に極力カウンターを当てないほうが早く走れる事に気付く。
短時間でコツを掴んだ拓海の順応能力にに脅威を感じた庄司は、ここでもバンパープッシュを仕掛け拓海をスピンさせて追い抜くが、偶然の360度ターンで見事難を逃れられて驚愕する羽目に。しかもこれで拓海を完全にブチ切れさせてしまい、一気に後ろから迫られる。庄司は仕返しにぶつけられると思って怯んだところをあっさりかわされた。

このままでは自分から仕掛けたバトルに負けて、チーム内で笑い者になってしまう事が許せない庄司は、最後はダブルクラッシュを狙うものの、拓海の速い突っ込みによってかわされ、自爆する形で単独クラッシュ。右手を固定していたためキックバックで右手首を負傷し、後から駆け付けた池谷達に病院に運ばれた。
ちなみに庄司は勝負前に「負けたら地べたに手をついてあやまってやってもいいけどなァ」と嘯いているが、負けて地べたに手がつけられなくなったという皮肉な結果となった。

傷ついた愛車を見て涙を滲ませたり、本来恨まれても仕方のないはずの池谷から向けられた善意に素直に感謝したり、さらに拓海の技術を嬉しそうに褒めちぎる(中里談)など、バトル後は憑き物が落ちたかのように元来のダーティさは控えるようになった。
中里とも仲が悪いように振る舞っていたものの徐々に関係は軟化し、レッドサンズとのバトルでは本気で中里の勝利を願ったり、エンペラー戦直後となる時間軸の番外編『インパクトブルーの彼方に…』やプロジェクトDの最終決戦では中里と二人だけで行動していることから、完全に和解したと見られる。
「勝ってくれよ毅 たのむぜ!! チームのためなんかじゃない おまえ自身のために勝て!!」

なお、沙雪の話によると、小学生の頃に風邪を引いたまま登校した際に鼻水を垂らしていたため、「ハナタレ慎吾」という不名誉なあだ名でいじめられ、これが原因でグレてしまったとのこと。

余談

  • TVアニメ版では、総集編を除くと回想という形もあるがOVA第二作のExtra Stage2以外全作に登場している数少ないキャラの一人(なお、主人公の拓海も一作目のExtra Stageには愛車のハチロクがラストに出ただけで直接登場していない)。
  • TVアニメ版で慎吾を演じた藤原氏は長年に渡りクレヨンしんちゃん野原ひろし役の初代声優を担当していた事で有名だが、国民的アニメの主要人物を演じていただけにその影響が強く、ファンから『悪いひろし』や『走り屋だった頃のひろし』などネタにされる事がある。一方海外ではユーロビート『DANCING』の出だし部分の声「Cool Vibrations」と絡めたネタが人気のようで画像検索でも慎吾にちなんだネタが幾つもヒットする。
  • 新劇場版で慎吾の声を担当した阪口氏はFifth Stageでは奥山広也を演じていた。


関連イラスト

庄司慎吾
ニコニコ慎吾



関連タグ

頭文字D 中里毅 妙義ナイトキッズ シビック

関連記事

親記事

妙義ナイトキッズ みょうぎないときっず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「庄司慎吾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 564989

コメント