ピクシブ百科事典

頭文字D_ARCADE_STAGE

いにしゃるでぃーあーけーどすてーじ

頭文字D ARCADE STAGEとはセガが頭文字Dを題材としたアーケードレースゲーム及びそのシリーズ
目次[非表示]

概要

2002年にセガ・インタラクティブから発売された講談社「週刊ヤングマガジン」にて連載していた漫画頭文字Dを原作としたアーケードレースゲーム。
当時のレースゲームでは珍しいICカードによるデータの保存が注目を浴びた。初代(Ver.1)~第3作目(Ver.3)まではカードとしての名称だったが、第4作目(D4)~第8作目(D8)では
頭文字D免許証という名でICカードを筐体内で発行できた。現在稼働中の第9作目(Zero)は、Aimeバナパスポートe-AMUSEMENT PASSのいずれかでデータが保存されるようになった。
基本的なモードは公道最速伝説タイムアタック、プレイヤー同士の対戦の3種類。
公道最速伝説は、自身が頭文字Dの世界で原作に登場する登場人物達とレースを繰り広げていくモード。作品ごとに物語の進め方や登場するライバルとコースの組み合わせが違う。
タイムアタックは最速レコードを競うモード。オンラインが対応したD4以降からは、全国規模でレコードを競え合えるようになった。
プレイヤー同士の対戦では、初代~Ver.3までは店内の2台で対戦を行う店内対戦のみであったが、D4以降では全国対戦が新たに追加された。保存できるカードがあれば全国のユーザーとリアルタイムで対戦を行える。各作品を辿れば、そのシリーズにしかないモードが多数存在する。

発売されたシリーズ

頭文字D Arcade Stage (2002)
記念すべき第1作目。登場車種はそれなりにあるが、原作未登場の車種も多く存在していた。
コースは初級の妙義、中級の碓氷、上級の秋名、そして
連載当時に合わせたのか、何故かいろは坂を抑えて最難易度コース、八方ヶ原が登場。
登場ライバルは第一部の原作キャラクターが大半であり、第二部から登場したライバルは
八方ヶ原の二宮大樹、スマイリー酒井、館智幸だけである。
      ↓
頭文字D Arcade Stage Ver.2 (2002)
Ver.1に追加車種、追加コースが加わり、更に追加モードとして文太に挑戦!!が登場。
登場するライバルも一新され、より原作らしさが増したとも言える。
Ver.2までのSEBはアニメ版の第一期とSecond Stageで使用された楽曲が選出された。
前作ではCPU専用であったAE85、GC8Vが解放された。
追加コースである上級の赤城は現バージョンのものと比べて広く、秋名の難易度を1個下げた程度。
超上級のいろは坂はヘアピンが多く、攻略が難しいコースであった。
      ↓
頭文字D Special Stage (2003)
Ver.2をベースにした移植版で、家庭用の追加モードとしてストーリーモードが追加。
アーケード版のSEBに加えて更に楽曲が追加収録されており、その曲数は31。
ストーリーモードは原作準拠であり、第一部がメインの『秋名のハチロク編』(秋名雪が未収録なので御木は登場しない)、レッドサンズに焦点をあてた『赤城レッドサンズ編』、プロジェクトDの活躍を描く『プロジェクトD編』(インプレッサとの遭遇まで)を収録。
このストーリーモードの為に正丸、もみじライン、塩那、真・妙義、真・碓氷(真が付く2コースは周回コースとして登場していたものとは別の、現実の道路に近いレイアウトのコース)が新たに登場。
ストーリーモードが充実している分、文太に挑戦は未収録となっている。
公道最速伝説も含め全キャラクターがTVアニメ版のキャストでフルボイス収録されたが、当時アニメFourth Stageが未放送だったので第二部登場の末次トオル川井淳郎二宮大輝スマイリー酒井舘智幸秋山延彦岩瀬恭子坂本東京から来た二人は新たにオーディションによって決められ、後のアニメ版にもそのまま登板している。
ストーリーモードに登場する塚本も、アニメSecond Stageでは登場しなかったので本作の為に新たにキャスティングされた。
      ↓
頭文字D Arcade Stage Ver.3 (2004)
Ver.2から公道最速伝説や車種間バランスを大きく一新。新コースとして正丸、土坂、秋名(雪)が追加。
手を出しやすいPSP版の移植元ということから恐らく一番知られているバージョン。また、レトロゲームなどを置いているゲームセンターなどにも多く置かれている事で有名。
この作品から作中のユーロビートが全一新されるようになり、バージョンが変わるごとに好きな楽曲を聴けなくなるという苦しみを味わう事になる。今作の収録SEBはアニメ版第一期からBattle Stageまでに使用されたものが中心。
      ↓
頭文字D STREET STAGE (2006)
Ver.3をベースにした移植版で、Ver.3との大きな違いは秋名(雪)とそこに登場する御木の削除。
ボイスはレース中のみであり基本的にSpecial Stageからの流用だが、土坂のランエボ二人組に関してはFourth Stageでのキャストで新たに収録されている。
PSPという性能の元、かなりの無茶ぶりで移植された。大まかに言うとVer.3とは相違点が多く存在している。しかし比較を気にしないのであれば十分遊びやすく、初心者にもおすすめしやすい作品。
      ↓
頭文字D ARCADE STAGE 4 (2007)
グラフィックや筐体が大きく変貌し、より綺麗なグラフィックになった第4作目。
本作よりTVアニメ版キャストによる全キャラフルボイスとなり、以後8までこの要素は継続する。
Ver.3以前にあった要素をほぼ全て削除されたので前作のカードとは互換性を失い、引き継ぎもできない事で大きな批判をもらったが、待望のオンライン対戦、「全国対戦」と当時の流行、原作の連載時期に合わせて「筑波」や「ランエボ9」といったものが登場。
収録されたSEBはアニメFourth Stageで使用されたものが多い。
対戦ゲームとしてのバランス、オンライン対戦での問題、データ破損を疑うバグの存在など、多くの問題を抱えてしまった。また、お台場にあるセガのアミューズメントテーマパーク「東京ジョイポリス」にアトラクションとして実写を改造した筐体を使用した「頭文字D ARCADE STAGE 4 LIMITED」が設置された(既に撤去済み)。
      ↓
頭文字D ARCADE STAGE 4改 (2008)
ユーザーの声に応じ、バグやレースの挙動、オンライン対戦の行為といった問題をほぼ全て解消した改良版。タイトルロゴは変わっているが、厳密には海外版準拠のVersion 1.5。それに伴って海外版限定で登場していた車種がこちらの日本版でも解禁され、新たなARCADE STAGE 4が幕を開けた。
      ↓
頭文字D EXTREME STAGE (2008)
前者のD4をベースとした家庭用移植。挙動は初期バージョンのD4、修正版のD4改とはまた微妙に違ったものとなっており、移植元を忠実にアレンジされた作品となっている。グラフィック等も当然劣っていながらも、オンライン対戦が売り。
      ↓
頭文字D ARCADE STAGE 5 (2009)
レースの挙動、コースのレイアウト、シェーダーなど大きく見直された第5作目。綺麗なグラフィックにもより磨きが掛かっており、全コースは前作D4と比べると大きく違っていく。またエクステで先行登場していたコース、八方ヶ原は大きくレイアウトが見直されて再登場。今作のSEBは基本的にアニメで使用されたものだけに縛られておらず、後にFifth Stageで使用されたものが一部存在する。走り屋イベントといった追加モードが人気を博しており、今はこの作品を意識するべきと言う声も多い。
キャストに関してはニセプロジェクトD大宮智史小早川皆川英雄がアニメに先駆けてキャスティングされ、約3年後のFifth Stageにてそのまま登板。
OPの原作風タッチのCGもFifth Stageに逆輸入される形で採用されている。      ↓
頭文字D ARCADE STAGE 6 AA (2011)
筐体、グラフィック自体に変化はないが、全般的にゲームとしてのコンセプトが多く改変された第6作目。新モードにタッグバトルが追加。対戦環境、レースの挙動が大きく変わっている。新コースに碓氷、椿ラインが追加され、原作に合わせて、車種も多く追加された。また、今作からタイムリリースが実装された。今作のみ、アニメで使用されたSEBは一曲もない。
FT86、秋名(雪)、R35、定峰、プリウス、土坂、GDBA、土坂(雪)、筑波(雪)が解放される予定だったが、残念ながらプリウスまでしか当時では解放されなかった。
池田竜次奥山広也北条豪久保英次北条凛はFifth Stageに先駆けてけキャスティングされ、アニメでもそのまま登板。なお、本作より次作の7まで舘智幸のみボイスが5からの流用となる(担当声優の中田和宏氏の休業の影響による)。
      ↓
頭文字D ARCADE STAGE 7 AAX (2012)
前作のタイムリリース全てに加え、新コース「七曲り」や最後のライバル「乾信司」が登場する第7作目(信司のキャストも本作でアニメに先行して決定される)。公道最速伝説や基本的なゲーム性は前作D6と変化があまりない。テレビ番組といったメディアなどにアケステが大きく広まった時期でもあり、D7のプレイ人口は多かった模様。今作では過去作に使用されたものが復刻されるなどの要素がある。人気楽曲、THE TOPが収録されたのも7が初。
今作から前作のタッグバトルを公道最速伝説方式にアレンジした「関東最速プロジェクト」が追加され、アトラクト映像のオープニング曲、エンディング曲がレース中で使えるようになった。
      ↓
頭文字D ARCADE STAGE 8 ∞ (2014)
原作の連載終了に合わせて、公道最速伝説やメディアの展開が大きく変動した第8作目。
ライトユーザー層を考慮して挙動やゲームの難易度を大幅に改良。作中の選曲されたユーロビート、原作好きなファンのためのサービスなどが好評なのか未だ撤去されていないゲームセンターを探すユーザーが幅広く存在する。
シリーズ集大成なだけあり4でリストラされたキャラクターも殆んどが復帰し、かつ次作でフルボイスが廃止されるので現状では最後のTVアニメ版キャストが集結した作品となり(舘智幸はFinal Stageで遠藤大智氏に交代しており、本作でも遠藤氏が担当した)、同様に稼働後に他界した文太役の石塚運昇氏と慎吾役の藤原啓治氏にとってはそれぞれの役を演じた最後の作品となった。
      ↓
頭文字D ARCADE STAGE Zero (2017)
前作D8稼働時期に公開されていた新劇場版 頭文字D -Legend-シリーズを元とした第9作目。
稼働初期では前作にあった要素をほぼ削除され、かなり不評を貰っていたが徐々にアップデートを積み重ねていく上で、ユーザーから良い好評を得られるようになった。新劇場版ベースではあるが、ボイスの再録はされておらず公道最速伝説は公道列伝として生まれ変わった。
キャラクターに関しては原作で秋名山でイツキのハチゴーを貶したS13乗りの男(弘道と正一)が『絡んできた走り屋』名義でシリーズ初登場し、新劇場版に登場しなかったキャラは新劇場版風のデザインで新たに描き起こされている。
      ↓
頭文字D ARCADE STAGE Zero Ver.2 (2019)
現稼働のバージョン。
挙動の大幅な見直し、ゲーム性としてのコンセプトが様変わりしたアップデートバージョン。
公式からのテクニック解説、システムの説明など、ライトユーザーにもヘビーユーザーにも遊びやすくなった。公道列伝はアップデートを積んで、現在は「RTカタギリ編・チームスパイラル編」までの登場人物と競うことができる。

オープニング曲とエンディング曲

シリーズオープニング曲エンディング曲
Arcade StageTAKE ME BABYTHE RACE IS OVER
Ver.2,SpecialGamble RumbleTHE RACE IS OVER
Ver.3Gamble RumbleDANCIN' IN MY DREAMS
STREETDOGFIGHTDANCIN' IN MY DREAMS
D4,D4改雷鳴~OUT OF KONTROLNAMIDA 3000
EXTREMEDIVE INTO STREAMKEEP ON MOVIN'
D5BLAZABILTYLady Butterfly
D6The Double AceBIRD
D7Cross The XGamble Rumble (Stage 7 Version)
D8Outsoar The RainbowRaise Up
D0The Brave(D version)(※現時点ではなし)

EXTREME STAGEと5以降ではm.o.v.eが書下ろしの新曲を提供している(EXTREME STAGEと7以降ではレースBGMにすることもできる)。しかし2013年に解散したためD8ではOPはアニメ Final stage(2014年5月放送)で使用された未発表楽曲を使用し、EDはアニメ Fifth stage(2012年秋放送)で使用されたOPを使いまわしている。なお、Zeroでは新劇場版ベースになったのでOPはもちろんレースBGMも新劇場版で使用されたロックバンド楽曲になっている。
6 AAには光吉猛修氏がBGMを提供、TAKENOBU & KUNOICHI名義で「BURN INSIDE」が収録されている。
また7 AAXではmoveのOPテーマをレースBGMとして使えるがなんとGACKTから「情熱のイナズマ」(白露-HAKURO-(ドラマ「戦国BASARA MOONLIGHT PARTY」主題歌)のカップリング)がレースBGMとして提供された。これはGACKTがこのゲームにはまっており、「筐体ごとくれ」といったところセガ側が「なにか見返りになるものを」と言われたため提供したという。

ゲームに登場する車種

TOYOTA駆動方式補足
SPRINTER TRUENO GT-APEX (AE86)FR藤原拓海が搭乗
TRUENO 2door GT-APEX (AE86)FR乾信司が搭乗
LEVIN GT-APEX (AE86)FR秋山渉が搭乗
LEVIN SR (AE85)FR武内樹が搭乗
86 GT (ZN6)FR
MR2 G-Limited (SW20)MR小柏カイ(第1部)が搭乗
MR-S (ZZW30)MR小柏カイ(第2部)が搭乗
ALTEZZA RS200 (SXE10)FR秋山信彦が搭乗
CELICA GT-FOUR (ST205)4WD三木が搭乗
SUPRA RZ (JZA80)FR皆川英雄が搭乗
PRIUS (ZVW30)FF


NISSAN駆動方式補足
SKYLINE GT-R (BNR32)4WD中里毅、北条凛が搭乗
SKYLINE GT-R (BNR34)4WD星野好造が搭乗
SKYLINE 25GT TURBO (ER34)FR川井淳郎が搭乗
GT-R NISMO (R35)4WDD6~D7では市販モデルだった
SILVIA K's (S13)FR池谷浩一郎が搭乗
Silvia Q's (S14前期)FR中村賢太が搭乗
Silvia K's AERO(S14後期)FRD4以降未登場
Silvia spec-R (S15)FR東京から来た二人、奥山広也が搭乗
180SX TYPE III (RPS13)FR健二が搭乗
FAIRLADY Z (Z33)FR池田竜次が搭乗

HONDA駆動方式補足
Civic SiR・IIFF庄司慎吾が搭乗
CIVIC TYPE R (EK9)FF二宮大輝が搭乗
INTEGRA TYPE R (DC2)FF酒井が搭乗
S2000 (AP1)FR城島俊也が搭乗
NSX (NA1)MR北条豪が搭乗

MITSUBISHI駆動方式補足
LANCER Evolution III (CE9A)4WD須藤京一が搭乗
LANCER EVOLUTION IV (CN9A)4WD岩城清次が搭乗
LANCER EVOLUTION V (CP9A)4WDランエボの男Vが搭乗
LANCER EVOLUTION VI (CP9A)4WDランエボの男VIが搭乗
LANCER EVOLUTION VII (CT9A)4WD小早川が搭乗
LANCER Evolution IX (CT9A)4WD
LANCER EVOLUTION X (CZ4A)4WD

MAZDA駆動方式補足
SAVANNA RX-7 ∞III (FC3S)FR高橋涼介が搭乗
RX-7 Type R (FD3S)FR高橋啓介、岩瀬恭子が搭乗
RX-7 Type RS (FD3S)FR
RX-8 Type S (SE3P)FR
ROADSTER (NA6CE)FR末次トオルが搭乗
ROADSTER RS (NB8C)FR大宮智史が搭乗

SUBARU駆動方式補足
IMPREZA STi Ver.V (GC8)4WD藤原文太が搭乗
IMPREZA STi Ver.VI (GC8 4ドア)4WDD4以降未登場
IMPREZA STi (GDBA)4WD
IMPREZA STI (GDBF)4WD
BRZ S (ZC6)FR
STI S207(VAB)4WD

SUZUKI駆動方式補足
Cappuccino (EA11R)FR坂本が搭乗

頭文字D駆動方式補足
SILEIGHTYFR佐藤真子&沙雪が搭乗

COMPLETE CAR駆動方式補足
G-FORCE SUPRA (JZA80改)FR
MONSTER CIVIC R (EK9)FF
NSX-R GT (NA2)MR
幻気-7 (FD3S)FR
S2000 GT1 (AP1)FR
ROADSTER C-SPEC (NA8C改)FR
MCR SKYLINE GT-R 魔王号 (BNR34改)4WDホットバージョンとのコラボ車種
藤田エンジニアリング RX-7 魔王号 (FD3S改)FRホットバージョンとのコラボ車種
MFGHOST 86GT 片桐夏向仕様 (ZN6改)FRMFゴーストとのコラボ車種。片桐夏向が搭乗
J'S RACING S2000 魔王号 (AP1改)FRホットバージョンとのコラボ車種
MFG GT-R NISMO 相葉瞬仕様 (R35改)4WDMFゴーストとのコラボ車種。相葉瞬が搭乗

ゲームに登場するコース

コース名難易度補足
秋名湖初級
碓氷中級
妙義中級
赤城中級
秋名中級
いろは坂上級
八方ヶ原超上級
筑波上級
長尾超上級
椿ライン超上級
定峰上級
土坂上級
秋名(雪)超上級
土坂(雪)超上級現バージョンでは未実装
筑波(雪)超上級現バージョンでは未実装
七曲り超上級
箱根初級
もみじライン上級
群サイ上級ホットバージョンとのコラボで登場したコース
小田原中級MFゴーストとのコラボで登場したコース

コースのレイアウトは一部実在するものとは別なものが存在しており、秋名湖や碓氷がそれに相当する。また、バージョン限定で解禁されていたコースがある。

余談

Ver.2~Ver.3では高難易度なライバルと競う「文太に挑戦!!」モードや、D5以降では走り屋イベントというオンラインで定期的に行われるモード、第6作目のD6以降では二人で協力し合い全国のタッグと闘う「タッグバトル」。D7以降では前者のタッグバトルを利用した対コンピュータ版「関東最速プロジェクト」といったモードが追加されている。
展開されたのはアーケードのみならず、数少ないが家庭用ゲーム機での移植もされている。
大規模なストーリーモードを実装したVer.2をベースとしたPS2版「Special Stage」。遊びやすさ、通信対戦などを実装したVer.3がベースのPSP版「STREET STAGE」。移植元には存在しなかった追加コース、オンライン対戦が可能になったD4をベースとしたPS3版「EXTREME STAGE」。
家庭用移植されたものは全て完全な移植ではなく、あくまでアレンジとしての発売である。当時でのグラフィックでは完全に移植しきれなかった部分は、家庭用限定のモードや機能で上手く補えており、よほどのマニアではない限り快適に遊べるだろう。
またPS3版のエクステを最後に、家庭用移植の計画は途絶えてしまっている。現稼働の「Zero」とは、グラフィックはおろか、ゲームとしてのコンセプトがあからさまに別物なので、アーケードの練習のために家庭用移植を購入を検討するという方は注意。

原作が同じヤングマガジン連載でバンダイナムコゲームスから販売されている「湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE」シリーズとは対の関係として長年アーケードレースゲームの常連となっているが。両者共に初期には開発に元気が関与しており、それぞれ首都高バトル0から車両やコースのモデルを改良し使用していた(頭文字DASはVer.1にて車両の3Dモデルを、湾岸ミッドナイトではMMT以前の初代とRにてコースグラフィックを使用)。
後年、頭文字DASと湾岸ミッドナイトMMTのコラボレーションが実現し、「激走祭」なるイベントが開催されることとなった。

なお、ARCADE STAGEシリーズ誕生のキッカケの一つに原作で拓海が「やっていこうぜ、セガラリー」という台詞(TVアニメ版のプロトタイプであるマガジンCDブック版でも三木眞一郎氏の声付きで聴く事が出来る)を言う場面があり、これを覚えていた開発者が原作者のしげの秀一氏にサンプルとしてセガラリーの映像を送り、無事に承諾されたという。


関連動画

ARCADE STAGE Zero OP


ARCADE STAGE Zero ゲーム紹介動画


関連タグ

セガ 頭文字D
セガラリーチャンピオンシップ…開発者の一部が共通している。

関連記事

親記事

頭文字D いにしゃるでぃー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「頭文字D_ARCADE_STAGE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3563

コメント