ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

声優:中村悠一
車種:BNR32 スカイラインGT-R
車体色:ガングレーメタリック
外装品:nismo製フロントバンパー、GTウイング、ボンネットピン、ホイール(前:R33純正、後:WORK製)
ナンバー:群馬33 ぬ 37-564

サイドワインダーのリーダー・北条豪の実兄である。

高橋涼介の群馬大医学部の先輩であり、走り屋の師でもあった。
かつては「箱根の北条兄弟」とサーキットの走り屋たちの間で有名であり、二人そろって大病院の子息である(この点高橋兄弟ともよく似ている)。
しかし婚約者・香織が自殺してしまったことで自暴自棄となって実家を飛び出し、R32 GT-Rをもって次々と相手に車にぶつけクラッシュさせる「死神GT-R」として恐れられるようになってしまった。このために弟・豪とも絶縁状態に陥ってしまう。

注意!ネタバレを含みます!


香織の命日の晩に、神奈川県小田原市箱根町にある県内屈指の高速ステージ・箱根ターンパイクにて、涼介との生死を賭した超高速コーナーバトルを繰り広げる。凜は推定650psの高馬力を誇るR32 GT-Rの戦闘力と、巧みなドライビングで涼介のFCを追い詰めるが、それでも涼介をクラッシュに追い込むことはできず、やがて車の重さから来るタイヤとブレーキの消耗が元で制動力を失い、ついにはブレーキが壊れるという窮地に陥る。コース最後の緊急待避所にも入れずそのままゴールの早川料金所に激突する寸前に、涼介のFCと後ろから追走していた池田竜次のZ33フェアレディZがR32の前に出て、2台がかりでブレーキングし、からくも停止することができた。

バトル後は涼介との会話を経て改心し、過去の清算のために走り屋としての引退を決意。R32を処分して元の職場に復職願いを提出した。

その後はプロジェクトD高橋啓介とのバトルに臨む豪の応援に駆けつけ、勝利への固執から余裕を欠いている豪の肩の荷を降ろすため豪に謝罪の言葉と「走ることを楽しめ」とのアドバイスを送るほか、バトル開始後は同じくギャラリーの一人であった前述の池田と、豪と啓介のバトルの展開やキーポイントについて語り合いながら観戦した。

関連タグ

頭文字D 北条豪 高橋涼介 スカイラインGT-R
中里毅星野好造 - 頭文字D本編に登場するスカイラインGT-R使い。

関連記事

親記事

頭文字D いにしゃるでぃー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「北条凛」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「北条凛」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48600

コメント