ピクシブ百科事典

高橋啓介

たかはしけいすけ

高橋啓介とは、漫画・アニメ『頭文字D』のキャラクター。
目次[非表示]

アニキの言うことに間違いはない

プロフィール

年齢21→22
身長/体重182cm/63kg
搭乗車種FD3S RX-7 Type R(1992年式 1型)
ナンバー群馬 37 お 63-887
車体色コンペティションイエローマイカ
CV関智一(アニメ)/中村悠一(新劇場版)


赤城レッドサンズ」のナンバー2。
県外遠征用チームプロジェクトDのメンバー、ヒルクライム担当。
高橋涼介の弟で、ツンツンに逆立てた髪型が特徴。

経歴

赤城の白い彗星」として名を馳せた高橋涼介の実弟で、
高崎市内にある高橋病院院長の次男。茶色に(アニメ版では金髪に近くなっている)染めてあるツンツンに逆立てた髪型が特徴。
兄同様、かなりのイケメンであり、作中でも沢山の女性ファンの追っかけがおり、岩瀬恭子などのキャラクターにも惚れられている。

兄とは対照的に、己のセンスと集中力で勝負をする感覚派ドライバー。
その天性のドライビングセンスは兄を凌ぐとされ、頭脳面も決して悪いという訳ではなく、あくまで頭脳明晰な兄と比較した場合の話であって、涼介が不在の時は解説役を務めることもある。

レッドサンズでの活躍

藤原拓海の初の対戦相手であり、秋名山で拓海とのバトルに敗れて以来、拓海に強いライバル心を抱いている。
また、拓海がバトルに負けそうな噂を聞きつけた際は、たとえ相手が兄の涼介であっても「兄貴が負けるとは思えないが、あのハチロクにも負けて欲しくない」として拓海は自分が最初に負かすという野心も持っている。

拓海が京一に敗北した際には「いらない負けを増やしやがって」と憤慨し、
池谷たちのガソリンスタンドに出向いては「俺は認めてない、あんなのはバトルじゃない」と前置きした上で、
「敵は必ず取ってやる」と拓海に伝えるよう池谷に頼んでいる。

この拓海をライバル心があってこそ、啓介は飛躍的に成長していき、それは後のプロジェクトDでも遺憾なく発揮されている。

プロジェクトD結成

プロジェクトD結成後は、ヒルクライム担当。ダウンヒル担当は拓海で二人でチームの「ダブルエース」を担っている。
涼介の指示の下、自分に今足りていないものを学びながら勝利を収め、確実に成長を遂げていった。

土坂峠でのバトルにて、プラクティスで相手チームが故意に道路にオイルをばら撒かれ、FDを壊してしまった際に、同じFD乗りの岩瀬恭子のFDを借りて勝利した。
借りた見返りとして、彼女と一緒に後日デートに行っている。

遠征を通して様々なバトルをこなしていき、バトルでは兄のような冷静さと持ち前の「熱さ」を併せ持つ走り屋として成長した。


性格

短気で喧嘩っ早い言動が目立つものの、目上の者と接する際は礼儀正しい態度を見せる。
実は拓海以上にストイックな努力家であり、涼介の公道最速理論を最も近いところで学び、アクセルワークの技術を磨いていったことで著しい成長を遂げ、その一途なまでのひたむきさは兄を感服させるほど。

当初は頭に血が昇りやすく、単純なミスを繰り返す等まだまだ未熟な面があったが、
物語終盤では冷静沈着さと繊細なテクニックも身に付け、拓海に「味方でよかった」と言わしめるほどの実力者となっている。

プロジェクトDに集中することを何よりも優先し、
埼玉遠征で知り合った岩瀬恭子に「プロジェクトDが終わるまでは誰とも付き合う気は無い」と突き放している。
ただ、啓介自身も恭子のことが気になり始めていたのは事実である。

MFゴースト

頭文字Dから数年後の世界であり、今では自動車のアフターパーツの販売や不動産業などを手がける商社「TKマッハコーポレーション」の代表取締役となっている。。
小柏や拓海の知人でもあり、カナタを褒めちぎる小柏を「褒めすぎ」と評する。
カナタの走りを「露呈していないだけで、何か重大な欠点があるはず」と冷静に分析している。
MFGの出場選手のために公式サイトで公開されている模範(デモ)走行動画のドライバーも務めており、その参考タイムは時代遅れの黄色のFD3S型RX-7にも関わらず、ミハイルが更新するまで誰も破ることが出来なかったほどの一流のドライビングテクニックを持つ。

関連タグ

頭文字D 高橋涼介 高橋兄弟 FD

関連記事

親記事

頭文字D いにしゃるでぃー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「高橋啓介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2280620

コメント