ピクシブ百科事典

RX-7

あーるえっくすせぶん

マツダがかつて製造・販売していたスポーツカー。
目次[非表示]

概要

マツダ・サバンナの後継として開発されたスポーツカー。
マツダの伝統であるロータリーエンジン搭載の2ドアクーペであり、1978年から2002年まで生産された。
生産終了後も開発・販売を望む声が多かったが、ロータリーエンジン開発50周年を記念して2017年に東京モーターショーで新型RX-7を登場させることが発表された。

初代

羨望のRX-7


SA22C型。サバンナRX-7とも呼ばれる。
1978年3月の発表当時はスーパーカーブームのさなかであり、RX-7も日本製スーパーカーとして話題になった。
搭載されたエンジンは12A型で、当初はシングルキャブレター仕様だったが、後に電子制御インジェクション+ターボも搭載された。

2代目

RX-7 FC3S


FC3S型。「サバンナ」のペットネームはここまで。
1985年10月にフルモデルチェンジ。搭載されるエンジンが13B型ターボに変更。
カブリオレFC3C型(FD発売後も翌年まで販売される)。
ポルシェ944に酷似したデザインから「和製944」、「プアマンズポルシェ」とも呼ばれた。

3代目

MAZDA RX-7 FD3S


FD3S型。
1991年10月に2度目のフルモデルチェンジ。
これを機にマツダが当時展開していたアンフィニブランドによる発売となり、名称がアンフィニ・RX-7(εfini RX-7)となった(4型初期まで)。
フロントのコンビランプが4型までと5型以降のもので形状が違い、テールランプは3型までと4型以降のもので発光パターンが違う。
1997年10月、アンフィニブランドの廃止により販売名がマツダRX-7(MAZDA RX-7)となる。
2002年8月に環境(排ガス)規制により生産が終了した。

ちなみにRX-7の販売終了後に登場したRX-8は後継車ではなく、マツダ自身が新規車種と紹介している。RX-8は4ドアの四人乗りであり、よりファミリー向けの内容となっている。

関連タグ

ロータリーエンジン  RE雨宮 コスモ RX-8
リトラクタブルヘッドライト:日本車では、最後に搭載されていた車種であった。
RX-78−2ガンダム:機体番号はこの車種が元ネタなのは有名な話。後述の安室が愛車にしてるのもこれに由来している。
高橋涼介:白い2代目を愛用。無敗伝説により、「白い彗星」の異名を取った。
高橋啓介:黄色の3代目を愛用。プロジェクドD無敗の上りのエース。とある事情により、兄・涼介のFCや岩瀬恭子のFDを使わせてもらったこともある。
岩瀬恭子:黒の3代目を愛用。啓介がツインタービンなのに対し、恭子はシングルタービンという違いがある。
緒方精次:赤い3代目を愛用。
安室透:彼の愛車にして、共に様々な窮地を潜り抜けてきた戦友。ゼロの執行人の終盤でいくつもの非常事態を突破するために酷使された末に大破したが、ゼロの日常のあるシーンでその際の回想を交えながら彼がRX-7を洗車している描写があるため、あの後回収、修理して使い続けているらしい。

関連記事

親記事

MAZDA まつだ

子記事

  • FD3S えふでぃーさんえす
  • FC3S えふしーさんえす
  • SA22C えすえーにーにーしー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「RX-7」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 820086

コメント