ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「それが、お前の真実か──」

「真実を暴く者VS正義を貫く者 魂がぶつかり合う極秘任務(シークレットミッション)ミステリー」


概要

公開日2018年4月13日
英題Zero the Enforcer
監督立川譲
脚本櫻井武晴
主題歌福山雅治零-ZERO-
興行収入91億8000万円
前作から紅の恋歌
次作紺青の拳

前々作『純黒の悪夢』で活躍した公安警察官安室透(本名降谷零)をメインに据えた作品。

前作までの公開日は4月中旬の土曜日となっていたが、本作以降は金曜日での公開となった。


爆破事件の容疑者となった毛利小五郎の逮捕を巡り、江戸川コナンと安室がそれぞれの正義の立場の違いからまさかの衝突をする。

警視庁警察庁検察庁にそれぞれ存在する「公安」部署に所属する人々の思惑が複雑に絡み合うシリアスな展開が話題となった。


準レギュラーの登場人物として、小五郎の妻である妃英理や安室の部下・風見裕也らが再登場。

また原作漫画の連載当時黒の組織のNo.2である「ラム」の正体としてコナンらに疑われていた一人である黒田兵衛が劇場版初登場を果たした。


監督は前作の『から紅の恋歌』まで7作品を務めた静野孔文から立川譲に交代。

脚本はこれまで『絶海の探偵』や前作を手がけた櫻井武晴

主題歌は福山雅治がシリーズ初参加し、劇場版主題歌のアーティストとして『業火の向日葵』から3年ぶりにビーイング所属以外の担当となる。


国内での累計興行収入は約92億円を記録し、海外公開も含めた累計では100億円を突破している。


ストーリー

国際会議「東京サミット」開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。

日本の観測人工衛星の帰還と時期が重なるサミット当日には2万2,000人もの警察官が出動するというこの超巨大施設で、突然大規模爆破事件が発生。

そこには警備の応援要員として、警察庁の秘密公安組織である通称「ゼロ」に所属し、現在はバーボンとして黒の組織にも潜入している安室の姿もあった。

サミット前日に起きた爆破事件と、秘密裏に動く安室の不可解な行動にコナンは違和感を覚える。


そのような状況の中で、現場の証拠物に残されていた指紋がかつて在籍していた警視庁にあったデータと一致したとして、小五郎が風見らによって逮捕されてしまう。


ゲストキャラクター

名前声優備考
日下部誠川島得愛東京地検公安部所属の検事。小五郎の事件を担当
岩井紗世子冨永みーな東京地検公安部の統括検事。日下部の上司
橘境子上戸彩事務所に属していないフリーランスの弁護士。逮捕された小五郎の弁護を担当
羽場二三一博多大吉裁判官を目指していた司法修習生。故人
諸國沙代子諸國沙代子アナウンサー。本人役
安村直樹安村直樹アナウンサー。本人役
総理大臣浦山迅危機管理センター設立者
環境大臣中友子危機管理センター関係閣僚

本作とのコラボ作品

グランブルーファンタジー

→「名探偵コナン〜謀略の歯車〜


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』


余談

「エッジ・オブ・オーシャン」での爆破事件では下見に来ていた公安警察官が犠牲となっている(コナンの台詞で犠牲者が最低でもひとりいる事が判明している)が、これまでの劇場版では基本的に大量の犠牲者が出てもおかしくはない大規模な爆発があっても、事件関係者以外の犠牲者はほとんどいなかった為、正確な人数は不明だが犠牲者が出たのは非常に珍しい展開である。


関連動画


関連イラスト

コナンくんと安室さんコナン ゼロの執行人


ゼロの執行人Zero the Enforcer


関連項目

名探偵コナン 劇場版名探偵コナン

公安(名探偵コナン) 人工衛星


犯人は毛利小五郎:予告の時点でこれを頭に思い浮かべた人が多いと思われる。

M-1グランプリ:公開の前年の放送では、本作でゲストキャラを演じた上戸彩が司会、博多大吉が審査員を担当していた。

関連記事

親記事

劇場版名探偵コナン げきじょうばんめいたんていこなん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29886541

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました