ピクシブ百科事典

バーボン(名探偵コナン)

ばーぼん

『名探偵コナン』のキャラクター・安室透(降谷零)の、黒の組織におけるコードネーム。
目次[非表示]

「バーボン… これが僕のコードネームです…」

概要

名探偵コナン』に登場するキャラクター・安室透が、黒の組織内で与えられているコードネーム。

組織内での役割は「探り屋」。当初は組織から逃亡したシェリーと関わっている可能性があるとして、毛利小五郎に近づいた。
情報収集力や洞察力は組織随一とされているが、その行動や性格を疎んじる者もおり、ジンは「小説の中だけにして欲しいもんだぜ。シャーロック・ホームズのような探偵はな……」と評している。

最高幹部のベルモットと行動を共にすることが多く、彼女同様秘密主義者。あの方から自由な行動も少なからず認められている模様。
一方で、ベルモットに関する「重大な秘密」を掴んでいるらしく、それをネタに何度か個人的な取り引きを行っている。組織に知られれば彼女の立場が危うくなりかねないほどの秘密であるらしい。

ある目的のために活動しているようだが、他のメンバーに比べ、極力争い事や冷徹な行動は避ける傾向にある珍しい人物。

正体発覚まで

「バーボン」というコードネームの初出は『赤白黄色と探偵団』。
組織に再潜入したキールこと水無怜奈が、「組織の新しいメンバーが動き出した」としてジョディに忠告した。

ジョディらFBIや、彼女から知らせを受けたコナンは、「バーボン」の標的がシェリーことであると考え、警戒を強める。
だがその「バーボン」は一向に姿を見せる気配がなく、作中で話題に上がることもほとんどない状態が続いた。

そんな中、久々に組織の面々が登場した『危機呼ぶ赤い前兆~赤く揺れる照準』では、彼らから見た「バーボン」像が語られた。
動き出した目的がシェリー捜しであることや、ベルモット同様秘密主義者であること、赤井秀一をジン以上に嫌っており、その死を信じようとしなかったことなどが判明したが、ここで正体が明らかになることはなかった。

その後、しばらく間を空けて世良真純安室透が初登場した頃から、状況が急激に変わり始める。
この2人と、上述の『赤白黄色と探偵団』から登場した沖矢昴が揃って登場した『探偵たちの夜想曲』のラストにて、電話越しに「バーボン」と呼びかけるベルモットが登場。その直後に沖矢・世良・安室の3人が並んで映し出されたことから、この中にバーボンがいることはほぼ確実となった。

そして、この3人が再集結した『漆黒の特急』にて、安室こそがバーボンであるとついに明かされる。

彼自身の口から、『危機呼ぶ赤い前兆~赤く揺れる照準』や『探偵団VS強盗団』などで出没した「頬に火傷を負った赤井似の男」が彼の変装であり、関係者の反応を見て赤井の死の真偽を確かめようとしていたと語られた。

この時はベルモットと組んでシェリーを追いつめる役目を担っていたが、元々彼女を殺すつもりはなく、生きたまま組織に連れ戻そうとする。
しかし、何としても彼女の命を絶とうとするベルモットが大量の爆弾を仕掛けていたことや、謎の人物に妨害されたことにより失敗。「シェリーが貨物車ごと吹っ飛んだ」ことを組織側に報告する。

標的の変更

「シェリーの始末」という目的が果たされたことで、もうコナンたちの前に現れることはないと思われたが、予想に反して小五郎の弟子兼「ポアロ」のアルバイト店員として留まり続ける。

実は、『漆黒の特急』にて「謎の人物」の妨害を受けたことから、一度は確信した赤井の死に再び疑念を抱き、改めて再調査を開始していたのだった。
その過程で、小五郎や刑事たちの推理の陰で糸を引くコナンに注目し始め、彼こそが赤井の死の真実に深く関わっていると確信。コナンを「恐ろしい男」とまで評するようになる。

そして『緋色シリーズ』にて、かつてバーボン候補の一人とされていた沖矢昴こそが赤井の変装した姿であると推理し、直接彼を問い詰める。
しかし、コナンやその協力者たちの策により、逆に自身の本当の正体を暴かれてしまうのだった。

その後(『サンデー』本誌ネタバレ含む)

「赤井の生存を証明し、組織に突き出す」ことこそ断念したものの、彼と直接話したことで生存は確認。更に『裏切りのステージ』以後は、その正体が赤井であると確信した上で沖矢に接する場面も見られる。

そして『紅の修学旅行編』直後には、SNS上を賑わせた工藤新一の情報を組織のNO.2「ラム」から求められ、調査に乗り出すが……?

関連タグ

名探偵コナン
バーボンズ バーボン編 沖矢昴 世良真純
トリプルフェイス

pixivに投稿された作品 pixivで「バーボン(名探偵コナン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1524788

コメント