ピクシブ百科事典

宮野明美

みやのあけみ

宮野明美は『名探偵コナン』の登場人物である。

『頼んだわよ…小さな探偵さん…』

CV:玉川砂記子

概要

南洋大学出身。偽名は広田雅美
日本人の父親・宮野厚司、日系イギリス人の母親・宮野エレーナを持つイギリス人のクォーター。享年25歳。
自身と同じクォーターで妹の灰原哀宮野志保)がいる。
母方の親族として伯母の赤井メアリー、伯父の赤井務武、従兄妹の赤井秀一羽田秀吉世良真純を持つ。

幼い時に黒の組織の科学者だった両親が事故死。唯一の家族である妹の志保は組織の重要人物となり、監視付きでしか接触できない状態となるも、姉妹仲は大変良かった。
赤井秀一は明美を「平静を装って陰で泣いていたバカな女」と評しているが、彼女を愛していた。

車に当たり屋をされたことをきっかけに諸星大との交際が始まり、これにより諸星はシェリーと顔見知りになりそのコネクションで黒の組織へ入ったが、2年前にアンドレ・キャメルのミスにより諸星がFBI捜査官赤井秀一であることが発覚し、組織に明美と志保を残し逃亡。自然消滅の形で別れている。
その後、明美は組織に「FBIの潜入捜査を手引きし、今後も組織の情報を外に漏らす原因を作る可能性が高い危険人物」と認識され、明美を始末する理由付けとして組織から「仕事」の話を持ちかけられ、「完遂すれば明美と志保を組織から抜けさせる」という条件で、犯罪を実行する。銀行強盗を実行する直前、赤井に自身が組織を抜けた後に復縁を望むメールを送っている。そのメールには「PS」があるが、内容は不明。

10億円強盗は成功するが、10億円のありかを教えなかったため裏切者としてジンに撃たれ致命傷を負う。その後、ジンとウォッカが立ち去って間もなく駆けつけた江戸川コナンに、自分が黒を象徴とする巨大な犯罪組織に所属する末端の人間であることと、盗んだ10億円を預けたフロントの鍵を託した後に息を引き取った。
彼女の最期を看取ったコナンは必ず組織を潰すことを改めて決意した。

降谷零とも面識があり、幼少期に両親が経営していた「宮野医院」に喧嘩で怪我をした零を連れ、手当てを手伝っていた。しかし、バーボンの事は「諸星大のライバルでお互い毛嫌いしている」と認識しており、バーボン=零とは気付いていない。

関連項目

名探偵コナン 宮野志保 灰原哀
シェリー(名探偵コナン) 宮野厚司 宮野エレーナ 
黒の組織

関連記事

親記事

宮野家 みやのけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「宮野明美」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3636366

コメント