ピクシブ百科事典

服部平次

はっとりへいじ

服部平次は『名探偵コナン』の登場人物である。 「もろたで工藤!」
目次[非表示]

せやかて工藤
「どっかのアホがゆうてたんや… 推理で犯人追い詰めて死なせたらアカン…てな…」
「命には限りがあるんや…限りがあるから頑張れるんやで…」

プロフィール

CV堀川りょう比嘉久美子(幼少期※)
在籍私立改方学園高等部2年
家族父(平蔵)、母(静華)

劇場版から紅の恋歌』のみ

概要

東の高校生探偵・工藤新一と並び称される、西の高校生探偵。
大阪府警本部長(警視監)・服部平蔵の息子。

アニメ版においては基本的に準レギュラー扱いだが、平次の登場回はスペシャル扱いになることが多い他、原作エピソードとの間にしばしば挟まれるアニメオリジナルエピソードには基本的に登場しないことから、全体としての登場回数は少なく感じる(本作のアニメ版はTVスペシャルでも「1話分」の通常放送としてカウントされる)。
このため、原作・OVA・劇場版などのほうが登場回数が多い。

劇場版では第3作『世紀末の魔術師』で初登場。コナンと共闘して怪盗キッドを追跡したが、途中負傷してしまったため出番は前半のみであった。
その後第7作・10作・13作・14作・17作・21作に登場しており、そのうちの第7作『迷宮の十字路』(以下『迷宮』)・第10作『探偵たちの鎮魂歌』・第21作『から紅の恋歌』では全編通して活躍する。

連載初期から中期にかけては、犯人に背後からパイプで殴られて海に落ちたり、銃で撃たれたり、監禁されたりする話が多かったが、最近ではそのような描写はほとんどない。

人物

容姿・服装

褐色肌と太眉、一部が鋭く尖った前髪が特徴。体型は新一とほぼ同じ。

顔立ちは父親には似ておらず、目付きや輪郭が母親とほぼ同じなので、母親似とされている。色黒は本人曰く「じっちゃん譲り」。
OVA『10年後の異邦人』では大人になった平次が登場するが、顔立ちは母親のそれにより近くなっている(特に目)。

「sax」のロゴ入りキャップを愛用している。普段はツバを後ろに向けているが、和葉曰く「前に被り直すと(推理の)本気モードになる」らしい(何故か滅多に被り直さない)。

性格

大阪弁(関西弁ではない)を話す生粋の関西人であり、コナン(新一)以上の熱血漢。
地元・大阪への愛郷心は人一倍強く、小五郎に通天閣を「東京タワーと変わらない」と言われた際には「あんな味気ない赤い塔と一緒にすんな」と反論し、ジョディに「日本語がちょっとおかしい」と笑われた際には「大阪弁は立派な日本語じゃ!!」と食ってかかった。

人懐っこく明るい性格。目上・年上の相手にも基本的にタメ口で接する。
その一方で、ある程度親しくなった相手でもなかなか名前で呼ぼうとせず、特に女性に対してはその傾向が強い(など)。

思春期の男子らしく異性への関心はそれなりにあるようで、巨乳の女性(ジョディやベルモット紅葉など)に反応を見せたり、女性の水着当てに興じていたりする場面がある。

特技

  • 剣道

高校でも剣道部に在籍しており、相当の手練れ。
相手の刀の上に乗って闘うなど色々と超人じみている(平次を上回る実力を持つ『迷宮』の犯人はあまりにも超人過ぎると話題になった)。

  • バイク
自動二輪免許を所持。本編では和葉を後ろに乗せて移動することが多く、劇場版ではコナンを乗せることも多い。
  • 英会話
『英語教師VS西の名探偵』にて判明。声を担当する堀川氏が英語に堪能であることも大きいと思われる。

江戸川コナン(工藤新一)との関係

出会い

自分(「西の服部」)と並び称される「東の工藤」こと新一を元々強く意識しており、初登場時は彼に会うために上京して毛利探偵事務所を訪れた。その後発生した殺人事件を捜査するが、真犯人の罠に嵌り間違った人物を犯人として挙げてしまう。直後、偶然元の姿に戻って現れた新一にミスを指摘され、「推理に勝ったも負けたも、上も下もない」と諭されたことで敗北を認める。

そして2度目の登場となった『ホームズ・フリーク殺人事件』において、「コナン=新一」の事実を看破。自力で彼の正体を見破った初めての人物となった。
以来、コナン(新一)とは親友または悪友とも呼べる関係になる。

協力者として

コナンの正体を知る数少ない理解者であるため、2人きりの時にはコナンも素の態度で接している。
ただそれ故に、コナンを「工藤」と呼んでは怪しまれ(特に蘭には毎回のように訝しまれているが、何とか誤魔化している)、彼をヒヤヒヤさせるのがお約束。事情を知らない人間の前では基本的には「ボウズ」などと呼んでいる(世紀末の魔術師では一度蘭達の前で「コナン君」と呼んだがどうにも違和感が拭えない様子)。
一方コナンもコナンで、平次と組んでいる時は(平次の探偵としてのネームバリューもあって)子供だからと大人たちに邪険に扱われることもなく、犯人を暴く際に誰かを眠らせる必要もないなど、「子供の姿ではできない(やりにくい)ことを頼める」存在であるため、頼もしく思っている様子。

黒の組織の存在もコナンから聞いており、平次自身も殲滅に協力する姿勢を見せてはいるが、現時点では組織絡みの事件に本格的に関わったことはない。
ただし『黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー』(以下『二元ミステリー』)では、有希子の力を借りて新一に変装し、その姿をウォッカに目撃されている。

ちなみに平次は『二元ミステリー』を含め2度新一に変装しており(1度目はバレバレだったが)、コナンも一時的に元の姿に戻った『迷宮』で平次に変装している。

友人として

平次は新一(コナン)を「大親友」であると公言しており、ベルモットの一件でコナンを心配した阿笠博士から連絡を受けた際には、和葉との約束をすっかり忘れて東京へ駆けつけた(『英語教師VS西の名探偵』)。

元々似た者同士で馬が合うのか、組んでいる時は2人とも妙に活き活きとしていることが多い。性格の面でも、以下のような共通点が見られる。

  • 大切な女性に危害を加え罪悪感を持たない犯人への追い打ち(痛烈な批判をしたり残酷な真実を告げたりするなど)
  • 好きな女性が他の男性といると嫉妬心から推理に集中できない
  • 犯人に対してアフターフォローやメンタルケアを一切行わない
  • 事件が呆気なく解決するとショックで上の空になる
  • 両親(特に)に頭が上がらない
  • 親子関係は良好(に至っては親バカ)
  • 小さなことでも根に持ち仕返ししようとする
  • 後先考えずに行動して、酷い目に遭う
  • 料理下手(キュウリを切ろうとしたが繋がったままだった)
  • 推理勝負になると負けず嫌いになる
  • 恋愛に対しては奥手
  • 一度推理を始めると周りへの気配りができなくなる
  • 幼馴染が強い(蘭は空手、和葉は合気道)
  • イケメンでモテる(ただし恋愛対象はあくまで幼馴染のみ)
  • 初恋の相手が幼馴染で一目惚れ(新一は保育園時代、平次は劇場版で判明)
  • 自分に都合が悪くなると早々に立ち去る
  • スケベで無意識によるセクハラ発言や行動が多い(そのことで制裁されたことも)
  • 正義感が強く行動派
  • 疑いのある人物はしつこいほどマークする


互いに幼馴染みへの想いを自覚した現在では、会話の中に恋愛話も増え始めている。
一方で互いに違う価値観があるため、時々衝突することもある。

ライバルとして

互いに探偵として対等に渡り合える貴重な存在であり、登場のたびに抜群のコンビネーションで事件を解決に導いている。
探偵としては両者共、事件の早期解決は勿論のこと、「極力犠牲者を出さない」ことを信条としている。平次は「犯人を推理で追いつめて自殺させる探偵は殺人者と変わらない」というコナンの言葉に影響を受け、『浪花の連続殺人事件』で自決しようとした犯人を身体を張って制止した。また、平次と他の高校生探偵との衝突が目立った探偵甲子園編では、現場保存よりも被害者の救助を優先しようとした平次の行動を、コナンが「全然間違っていない」と評している。

登場初期の平次はコナンとの推理合戦に異様に執着しており、勝利のため解決を急ぐあまり冷静さを欠く推理を行うことが多かった。現在はほとんど執着しなくなったものの、推理勝負自体は好きなようで、『もののけ倉でお宝バトル』ではコナンを見返したい少年探偵団の面々に陰でヒントを与え、『コナンVS平次 東西探偵推理勝負』では一足先に事件の真相を解くカギを掴み、勝ち誇ったような表情を浮かべている。

遠山和葉との関係

幼なじみで、父親同士も旧知の仲。揃って登場する度に夫婦漫才のようなやり取りを披露している。
作中では平次の鈍感っぷりが強調されがちだが、和葉に対して特別な感情を抱いているのは事実。コナンが蘭絡みで感情的になりがちなのと同様、平次も和葉が絡むと感情に惑わされて真実が見えなくなってしまうことがある。
『鳥取クモ屋敷の怪』では和葉に危害を加えようとした犯人に激昂し、『そして人魚はいなくなった』では平次だけでも助けるため自分を犠牲にしようとする和葉を傷だらけになりながらも助けようとした。

『コナンと平次 恋の暗号』では和葉に近づいた不審者たち(ただし、これは後に平次の早とちりだったことが判明)に対し、「オレの和葉に何さらしとんじゃ!」と啖呵を切っている。この時和葉への想いを自覚したようで、以来彼女への告白に相応しい(新一が蘭に告白したロンドンに劣らない)場所を探し回っている。

OVA『10年後の異邦人』でコナンが見た10年後の幻覚の中では、数々の難事件を解決して国民的ヒーローとなり、通天閣の向かいに探偵事務所を開いた姿が描かれ、和葉が助手となっていた。しかし、10年経っても彼女との関係は進展していない様子。

その他対人関係

  • 服部平蔵

実の父親。推理力と剣道の腕が彼譲りであることは平次も自覚している。
性格を隅々まで理解されているため、事件の黒幕をおびき出すための作戦に利用されてしまったことも(『大阪ダブルミステリー 浪速剣士と太閤の城』)。解決後にコナンからその事実を聞かされた平次は「あのキツネ目クソ親父……」と憤っていた。

  • 服部静華
実の母親。平次の度胸の良さは彼女譲りらしい。
自身への過保護さには辟易しているようだが、彼女の料理の腕(特にてっちり)に関しては天下一品だと公言している。

  • 毛利蘭
平次にとっては「親友(=新一)の女」。作中でコナンと会う時には大抵蘭も一緒にいるため、付き合いはそれなりに長い。当初は和葉に、平次が頻繁に東京へ行くのは蘭に会うためだと誤解されていた。
ちなみに蘭は静華に出会うまで、平次の母親も色黒だと思っていたらしい(先に出会った平蔵がそれほど色黒でなかったためだろうか)。

  • 毛利小五郎
平次は「眠りの小五郎」のカラクリを知っているため、小五郎自身の探偵としての技量はほとんど評価しておらず、酷い時には「ボケナス」呼ばわりしている。
しかしその一方で、探偵としての全国的な知名度は小五郎の方が上であるため、場合によっては小五郎の弟子や助手ということにされることも。

  • 灰原哀
コナンの正体を知る数少ない者同士。これまで何度か、コナンのサポートのために協力し合っている。直接の接触などは少ないためかお互いに名前で呼んだことはない。平次曰く「ちっちゃい姉ちゃん」。
『二元ミステリー』でコナンに協力した平次は、阿笠邸の地下室に閉じ込めた哀のことも知っていたが、自分が哀の立場であれば何としてでもコナンの元へ向かうだろうと考えていた。実際その通り、哀は部屋を脱出してコナンの元へ駆けつけている。

余談

声を担当する堀川氏は、平次を演じ始める1年前に放送された『バレンタイン殺人事件』にてゲスト出演しており、被害者役を演じていた。
ちなみに同話の被害者の恋人役を演じていたのは、後に宮野明美を演じることになる玉川紗己子氏。

関連項目

名探偵コナン
江戸川コナン 工藤新一 遠山和葉 服部平蔵 服部静華
平和(名探偵コナン) 大阪組

pixivに投稿された作品 pixivで「服部平次」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14980056

コメント