ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:池田秀一

概要編集

主人公・黒羽快斗の父親で黒羽千影の夫。

世界的な天才マジシャンで「東洋の魔術師」と謳われていた。


師匠は、世界的マジシャンのジェームス・ホッパー。

弟子に工藤有希子シャロン・ヴィンヤードベルモット)がおり、彼女らの変装術は盗一直伝によるものである。


10代から海外を巡り、20歳にしてFISMでグランプリ受賞の経歴を持つ。

幼い息子にポーカーフェイスを教え、父としてマジシャンとして尊敬されていた。

しかし、8年前のマジックショーの最中に亡くなり、不慮の事故死と処理された。…が、実際は伝説のビックジュエル・パンドラを狙う組織によって殺害されたという。


黒ずくめの組織との関連説編集

かつて「黒ずくめの組織」のボス「あの方」の正体がまだ判明していなかった頃、以下の理由から、一部のファン達の間では、彼こそが「あの方」の正体ではないかと囁かれていた(偽装死を装った生存との仮定のもとだったが、後にファンからの質問で作者自ら死亡を否定した答えを返している)。


  • 原作では工藤新一少年の冒険』で既に登場しており、『名探偵コナン』の主人公である工藤新一こと江戸川コナンとも因縁が生まれている(後に後述するさらなる関係性も判明)。
  • 黒羽」という苗字が、黒ずくめの組織を象徴する鳥類である『カラス=黒い羽』を連想させる。ちなみに組織が使う専用着信音もカラスを題材にした童話『七つの子』である。
  • 黒ずくめの組織が、死者の蘇生や不老不死に関する研究を行っている可能性があり、盗一の追っていた宝石のパンドラにも、不老不死に関する秘密が隠されていた。
  • 変装術の弟子の一人であるシャロン・ヴィンヤードが、黒ずくめの組織のメンバーのベルモットである上に、「あの方」からは特別扱いされている。その正体が師である盗一だとすれば、特別扱いされても不自然ではない。

また、黒羽盗一がボスであった場合、組織の正式名称はおそらく「クローバー(黒羽)」なのではないかとされていた。


現在、あの方の正体は『集められた名探偵!工藤新一vs怪盗キッド』にてその存在が明かされた大富豪・烏丸蓮耶であった事実が判明しているが、黒ずくめの組織の正式名称に関しては何故か未だに作中で明らかにされていない

また、烏丸本人も未だ直接登場していない上に、生きていれば140歳以上という現実的に考えてもあり得ない超高齢となる為、別の人物…つまりは黒羽盗一が烏丸に成りすます形でボスを引き継いでいるのではないかという説も出ている。

更に原作の1034話では、黒ずくめの組織と何らかの関わりがあるとされる若狭留美が、吉田歩美からもらった四つ葉のクローバーを彼女の見えないところで捨て去っているシーンがあり、この事が一部の読者から「クローバー=黒ずくめの組織の正式名称」である事を暗示しているのではないかという考察が出ている。


前述のベルモットとの関係や、盗一自身が変装の達人である事、烏丸家や羽田家と同じく「」を連想させる苗字(黒羽)である事等から、「黒羽盗一=黒幕説」、「組織名=クローバー説」の信憑性はまだまだ根強いようである。


ただし、黒羽盗一に関する情報の殆どは『まじっく快斗』内でのもので、そのまま『名探偵コナン』の世界に適用できるものではない(一例として、逆に「黒羽盗一を殺害した組織が黒ずくめの組織と同一なのでは?」という疑問も当初は囁かれたが、これは原作者が早くから否定している)。そもそも本来は別作品の登場人物であるため、世界観が同じとはいえそのような人物を黒幕として使うのかという疑問も出ていた。

その後、実際に作者からボスであることは否定されている。

ただし、本人ではなくとも盗一の姿になり変わっているのではないか?という意見はいまだに根強く存在しており、さらなる情報開示が待たれる。


関連項目編集

まじっく快斗 初代怪盗キッド

黒羽快斗 黒羽千影 怪盗キッド 名探偵コナン


赤井秀一:名探偵コナンにおける中の人繋がり。













































以下、劇場版『100万ドルの五稜星』最大のネタバレ注意
















































「ありがとう!兄さん」 Y.K














































本編後、エピローグにて工藤優作から自身に双子の兄がいたことが語られた。

有希子が尋ねると、物心つく前に両親が離婚、優作は母、兄は父に引き取られ疎遠になったらしい。

しかし連絡は取り合っており、先日はある刀が送られてきた(ちなみに有希子は背中のかゆい所を掻くのに使っているらしい)。

その人物は有希子も会ったことがあるとのこと。

そんな会話を二人がしていると、優作のスマホに連絡が入る。

優作が執筆した小説についての感想であり、優作はそれに対し自身のイニシャルY.Kを付け「ありがとう!兄さん」と返信した。

その連絡の送り主のイニシャルはT.K。つまり、TOICHI.KUROBAであり、黒羽盗一と工藤優作が双子の兄弟であることが明かされた。

同時に盗一の生存、黒羽快斗怪盗キッド)と工藤新一江戸川コナン)が従兄弟同士であることも判明し、以前から原作者が言及していた「キッドと新一が似ているのは偶然ではない」という発言が回収された。


ちなみに本編で盗一はある人物に変装して登場しており、最後にその変装を解いて姿を表した。


本作は原作に先駆け「キッドの真実」が明かされるという触れ込みで試写会を開催しないなどネタバレ防止が徹底されていたが、これらがその「真実」となる。



ネタバレ余談

上記の事から、優作はマジックショーの事故から暫くして盗一から生存のメッセージを受け取っている事となる。

そうでなければやり取りなど出来ない。



工藤優作:双子の弟。

工藤有希子:義理の妹であり、変装術の弟子でもある。

工藤新一:甥であり、の好敵手。

怪盗コルボー:こちらの衣装で登場し、正体が盗一と判明した。

異次元の狙撃手:ラストシーンにてある真実が明かされるという点で共通している作品。また、真実に関係している声優も共通。

関連記事

親記事

黒羽家 くろばけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2174564

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました