ピクシブ百科事典

黒羽快斗

くろばかいと

黒羽快斗は、青山剛昌原作の漫画・アニメ『まじっく快斗』の主人公。 同作者の漫画『名探偵コナン』にも登場しており、江戸川コナン(工藤新一)のライバルである。
目次[非表示]

プロフィール

身長174cm
体重58kg
視力左右両方とも2.0
血液型B型
年齢17歳
誕生日6月21日
IQ400
特技マジック、変装、変声術(声帯模写)
好物チョコレートアイスクリーム
座右の銘ポーカーフェイスを忘れるな
苦手な物
イメージカラー黒色
cv山口勝平


概要

現在活動中の2代目怪盗キッドで、江古田高校2年生。
父・黒羽盗一初代怪盗キッドで、母・黒羽千影も怪盗淑女(ファントム・レディ)と呼ばれる女怪盗という、怪盗の血筋としてはサラブレッドである。
母親譲りの高い身体能力(身のこなしが軽い)、父親譲りのマジックの腕前を持っている。
ちなみにコナン(新一)は協力者が多いが、彼には協力者が老人1人しかいない。

人物

スラリとした細身の男子高校生。17歳。怪盗キッドの時はキザでクールだが、普段は元気なムードメーカーであり、クラスの中では人気者的な存在。いたずらっ子で口が悪く女好きだが、常に周りに対して優しく明るく面白い上に、基本的にいつも笑っているため話しかけやすい雰囲気がある。

その人気者である証拠にスキー回に出てきた藤江くんなどの目立たない男子含め、男子からは快斗、女子からは快斗又は快斗くん呼びで、クラスメイトの男女問わず下の名前で呼ばれており、二次創作でよくある「黒羽呼び」は一度もされたことがない。中森警部にも可愛がられており、中森警部も快斗くんと下の名前で呼んでいる。

ちなみに「黒羽くん」と上の名前で呼ぶのは白馬と紅子のみである。


キッドの正体を知らなければ、典型的陽キャのただのDK(男子高校生)にしか見えない。
軽薄で馬鹿なだけのように見えて実は非常に頭脳明晰。

エンターテイナー気質の天才マジシャン。その腕前はラスベガスですぐにステージにあがれるほどである。
手先が非常に器用で、変装をするにおいての模倣能力も相当なものである。
鑑定眼を持っており、腹話術もできる。

運動神経においても「とても人間業とは思えない身体能力」と評価されている。
ただし、アイススケートには難あり。

幼馴染みの中森青子とはお互い気になる関係だが、素直になれないでいる。
また、小泉紅子からも当初は敵視されていたが、現在は気に掛けられる形で好かれており、予言に基づく形で警告される事もある。

警視総監の息子である白馬探とはライバルでありながら同じ学校のクラスメイトで、白馬から天才だと認められている。またDNA鑑定で正体に気付かれてしまっているが、あくまでも正々堂々と捕まえるという方針から公表されず、時としてアドバイスを送られる事もある。

コナンシリーズ登場時ではクールな部分が強調されており、怪盗は「創造的な芸術家」であるのに対しそれを追う探偵の事は「難癖をつけるただの批評家」にすぎないという挑発的な発言も見られた。(この台詞の元ネタはG・K・チェスタトンの「ブラウン神父の童心」に出てくるヴァランタン警部の台詞)

若さゆえの未熟さや精神的なムラもあり、自惚れや動揺・不用心さにより、江戸川コナンや白馬探、工藤新一といった名探偵に痛い逆襲を受けることも多いため、未完成の天才という感じである。

更には、盗みにおいてマジシャンとしての技術に頼り過ぎたやり方が目立つ為に、不意打ちや小細工が通じず、なおかつ純粋に高い戦闘力を持っている相手は不利に追い込まれ易く、毛利蘭世良真純京極真相手には、苦戦している。
しかし、それは怪盗キッドとして父親の顔に泥を塗らない為に相手を決して傷つけないようにしているだけで本気を出せば強い。実際に原作のまじっく快斗ではヤイバと良い勝負になるほど格闘していた。

『ミステリートレイン』では、黒の組織バーボン安室透)にも追い込まれ死にかけており、後に沖矢昴赤井秀一)の変装に気付いてしまった際も、証拠隠滅の為に狙われ、追い込まれている。

ここ数年のコナンシリーズにおける登場回では、調子に乗り易い性格が災いしてか、度々痛い目に遭ったり(特に『怪盗キッドの驚異空中歩行』・『怪盗キッドと四名画』・『キッドvs.四神探偵団』ではコナンから手厳しい反撃を喰らっている。
『怪盗キッドと赤面の人魚』内である人物に扮してコナンたちに紛れたが、最後には復活したその人物により、顔面に飛び蹴りを喰らわされる形で、文字通り痛い目にあった。)、コミカルな表情になる等、まじっく快斗シリーズでのコメディチックな部分も出ている。

頭脳

非常に優れた推理力や洞察力の持ち主で、白馬探曰く「僕の頭脳を狂わせた唯一の存在」。
また、いかなる事態にも臨機応変に対応する頭脳を持っており、IQ400の天才という驚異的な頭脳の持ち主。
警察官の変装時に顔と免許証を見て名前を覚えるついでに免許証ナンバーまで暗記してしまったというシーン、瞬時に重力と落下速度計算ができたシーンから記憶力や計算力もかなり高い。
基本的にマジシャンであるため、謎をつくりだすことを得意としているが、ゴールデン・アイ、ダーク・ナイト、真夜中の烏などでもわかるように優れた推理力も持っている。

容姿

工藤新一とは公式で顔が瓜二つで、髪型は新一とは違って癖毛で、工藤新一に変装する際には髪型を変えているだけで周囲を騙せる。

新一がモデル並のイケメンで整った顔立ちという設定があるので、新一と瓜二つの快斗も三枚目の性格ではあるが、公式でモデル並のイケメンで整った顔立ちである。その証拠にバレンタインではチョコをたくさんもらっていたり、早退時に女性教師の手の甲にキスしたらあっという間にその教師をメロメロにさせていた。黙っていればもっとモテるだろうが…。普段ヘラヘラしているため、周りからはあまり気づかれにくいが公式の小説の文中で"黙っていれば整った顔"と明記されている。

なお、もこのせいで快斗を新一と間違えることも多かったが、最終的には『天空の難破船』にて、キッドが「新一が絶対にやらないようなこと(お尻を触る)」を行ったことから別人であることを確信するに至っている。また、や身長も同じである。
原作者によると、新一と容姿が似ているのは偶然では無いとの事。

ちなみに中森青子毛利蘭と読者視点からは似ているが、作中では少しだけ似ている程度で、瓜二つではない。

アニメでは青又は紺の瞳であるが、二次設定で紫の瞳で描かれることもある。

2015年、青山氏がファンに宛てた年賀状で、公式設定では青紫の瞳(紺の瞳ともいえる)であることがわかった。

なお、それぞれ二人の幼少期の声は、新一は高山みなみ氏(元々コナンは新一が幼児化した姿であるため)、快斗はそのまま山口勝平氏が担当している。
アニメ『まじっく快斗1412』では普段の髪色は茶髪だが、怪盗時は紺色がかった黒髪に移行している演出が取られている。

行動原理

怪盗キッドの目的としては、父親を殺害した組織への仇討ちとその組織が狙うビックジュエル「パンドラ」の破壊である。
金銭的・経済的な目的や美術品のコレクションと言ったものに興味はないので、盗品を返す事がほとんど。
たまに義賊として活動し、正当な所有者の元へ届くように手配する。
当初は「怪盗キッドの復活」を喧伝し、父の仇との接触を目論んでの活動であり、実際に組織と接触した事でその目的も知る事となった。

社会的評価

警察からは敵視されながらも、世間やマスコミからアイドルやヒーローの様に持てはやされており、快斗自身が怪盗キッドが報道された記事を見て自画自賛する形で有頂天になることもしばしばある。
しかしキッド選任の中森警部の娘である幼なじみの青子から「盗むのを楽しんでいるだけ。
必死に追っているお父さんを馬鹿にしてるんだわ」と非難されたり(快斗自身もその言葉で内心反省し、危うく愉快犯に陥っていた事と改めて父の死の真相解明と言う目的を自覚した)、劇場版『業火の向日葵』では、ニューヨーク市警の警部で、厳格な正義漢といえるチャーリー警部から、「目的のためなら手段を選ばないテロリスト」と断じられてしまっていたりと批判的な意見を持たれることもある。
(後に怪盗キッドを問いつめて目的を知った警部は一度は銃で追いつめながらも見逃すことを決め、キッドの「あんたのこと(非情な刑事と)勘違いしてたぜ」という言葉に対し、「お互い様だ」と応えていることから評価は変わったと思われる。)


関連イラスト

かいと。
かい誕!!


まだ見ぬあなた
はぴばー!!


快斗と快斗
✿❀かいたん❀✿



関連タグ

まじっく快斗 怪盗キッド キッド マジシャン
中森青子 中森銀三 白馬探 小泉紅子 
名探偵コナン 江戸川コナン 工藤新一 黒羽千影 黒羽盗一

関連記事

親記事

黒羽家 くろばけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「黒羽快斗」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42704020

コメント