ピクシブ百科事典

青山剛昌

あおやまごうしょう

青山剛昌は日本の漫画家。代表作に『名探偵コナン』・『まじっく快斗』・『YAIBA』。
目次[非表示]

人物

1963年6月21日生まれ、鳥取県出身の漫画家日本大学芸術学部美術科卒。本名は青山剛昌(よしまさ)。

1986年、『ちょっとまってて』で小学館新人コミック大賞を受賞し、漫画家を志した。

学生時代は剣道をやっており、後の代表作『YAIBA』を描き始めるきっかけにもなった。
また、自他共に認める読売ジャイアンツの大ファンとしても知られる。

自身の代表作である国民的長寿作品『名探偵コナン』に内容が生かされているほか、同作のカバーの折り返しの名探偵紹介コーナーで遺憾なく蘊蓄を披露している。
自動車にもかなり凝っていることが伺えるが、名探偵コナン2巻の巻末おまけのアシスタントが描いた4コマによれば、愛車であったアンフィニを仕事の忙しさにかまけて放置した結果バッテリーがあがりきってしまったという。

元々アニメーター志望で、学生時代は機動戦士ガンダムキャラクターコスプレをしていたり、ルパン三世峰不二子が初恋の相手だったりと、オタク気質がある。劇場版の絵コンテに加わる、ガンダムの主要キャラクターをもじったキャラクターを作中に出す、ルパン三世とコラボするなど、若い頃の夢も着々と叶えている。近年では、氷菓響け!ユーフォニアムなど、京アニ作品にハマっている模様。

某艦隊育成ブラウザゲームのガチのプレイヤーと判明したり、刑事ドラマ「相棒」の元旦スペシャルに特別出演したりと話題の提供も多い。

作風

メリハリのついた線ではっきりとした描画で描かれる。

特に主人公や女性キャラクターは、目や瞳のハイライトを大きめに描き込んでおり、また丸顔になりやすい。特に、イケメンや美人は、どちらも顔の線が曲線的でシャープになり、瞳が大きくなる傾向がある。

ストーリー面は多様だが、主人公とヒロインが「幼馴染」で「両片思い」という黄金パターンが多く、青山本人曰く「幼馴染への憧れ」が強いからとのこと。


代表作

連載


短編

いずれも「青山剛昌短編集」に収録済み


短期集中連載


関連項目

漫画家
青山剛昌作品コンビ・CP一覧……一般向けのコンビ・トリオ・グループタグ
青山作品男女CP……NLCP
まじコナ腐向け……BLCP
青山作品百合……GLCP

pixivに投稿された作品 pixivで「青山剛昌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1055360

コメント