2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]
  1. 戦闘メカザブングルに登場するウォーカーマシン(WM)。
  2. 2021年に解散したワタナベエンターテインメント所属の日本のお笑いコンビ及び解散後のピン芸人。→ザブングル加藤

本ページでは1について記述。

「成せば成る!ザブングルは男の子!」

戦闘メカ ザブングル

ザブングルは本作の前半主人公機。
ザブングルタイプは、惑星ゾラの支配階級であるイノセントが提供するウォーカーマシンの中でもかなり希少なタイプで、変形合体機能を持つ。
上半身となるスポーツカータイプのメカをブングル・スキッパー、下半身となるトレーラータイプのメカをブングル・ローバーに分離可能。
パイロットはジロン・アモスチルラグ・ウラロ
ジロンが乗るザブングルは、第2話でホーラの乗るプロメウススタイプの攻撃で左ウイングが欠けてしまい、第3話にでは背後からの奇襲によって腕のタイヤと背中のウイングを完全に破壊され。序盤にして変形合体できなくなってしまう。

もともと作業用重機である従来のウォーカーマシンとは異なり、純粋に戦闘用として開発された機体。
その外観からも分かる通り、より人間に近い動きを再現出来るようになっているのが最大の特徴であり、そこから発揮される機動性と格闘性能は従来のウォーカーマシンの比ではない。
また、精巧なマニピュレーターによって様々な手持ち武器を扱うことが可能となっている。
一方で無理に人間に近いデザインにした影響と先述の合体機構から、内部構造がかなり複雑になっており、ウォーカーマシンにあるまじき整備の難しさと居住性の悪さを持つ。

カーゴ一家に2機が供与された。その内、ジロンが搭乗する機体は、合体中に被弾した影響で先述の様に破損し変形機構が故障、分離不可能となってしまった。しかし性能自体に支障は無い。その後、ジロン機はグレタ・ガリー戦で大破し再起不能になり、ウォーカー・ギャリアを奪取して乗り換えている。

余談

作中に登場するウォーカーマシンの中でもかなり浮いたデザインだが、これは作品の世界観が確立する前の企画段階のデザインが使われている為だとされている。
そのため、後期主役機のウォーカー・ギャリアは作品の世界観に沿ったデザインとなっている。

ちなみに上記の台詞は、ジロンがザブングルにやたらめったら武装を載せて動かす際、流石に「積みすぎたか?」と機体の積載量超過を気にしながらも結局「根性でどうにかしろ」的に言い放った印象的な台詞。

スパロボでは「α外伝」「Z」「第2次Z」に登場。
翼のないザブングルは「α外伝」にしか登場せず、しかも一人乗りで性能が落ちる上にフル装備にもならない(原作ではこちらがフル装備になった)。イベントでのみジロンが乗るが、原作に反して翼のある分離できるザブングルがフル装備可能でジロンのデフォルトの機体になっている(翼なしの「ザブングル2」のデフォルトはラグだが、ザブングル系なら誰でも乗り換え可能)。いずれもギャリア登場後も残留する。

一方「Z」では原作終了後のためか隠し機体を手に入れなければ1機だけしか入手できない。一応2人乗れたが、「第2次Z 破界篇」では一人乗りでエルチ専用に大幅弱体化。流石にやりすぎたのか、「再世篇」ではファットマンがサブパイロットに追加されている。「Z」のときには両方翼があったのだが、なぜか演出で登場する2機目は翼が取れている。

関連イラスト

戦闘メカ ザブングル
命をかけて生きてます。



関連タグ

戦闘メカザブングル ウォーカー・ギャリア ブラッカリィ

関連記事

親記事

ウォーカーマシン うぉーかーましん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ザブングル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1389182

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました